Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

暗号化通信によるセキュリティ印刷に標準対応したカラーレーザープリンター2機種を新発売
(1)クラス最速のカラー毎分35枚(A4横)を実現した最上位モデル「IPSiO CX9000
(2)カラー毎分24枚(A4横)のハイコストパフォーマンスモデル「IPSiO CX7500

2004年2月5日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、高速カラーレーザープリンターの新製品として、(1)クラス
※1
最速となるカラー毎分35枚(A4横)の高速出力を実現したIPSiO CXシリーズの最上位モデル「IPSiO CX9000」、(2)カラー毎分24枚(A4横)の高速出力や標準2段給紙など優れた基本性能を継承したハイコストパフォーマンスモデル「IPSiO CX7500」の2機種を開発し、新発売いたします。
 新製品2機種は、業界で初めてSSL
※2
による暗号化通信に標準で対応しており、セキュリティを確保した印刷環境をご提供します。
  • ※1 50万円以下のカラーレーザープリンター
  • ※2 SSL(Secure Socket Layer)は、Netscape Communications社が開発した、インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコル。
  • 製品名 IPSiO CX9000 IPSiO CX7500
    標準価格 498,000円 298,000円
    発売日 2004年2月10日
    月販台数 2,500台
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「IPSiO CX9000」および「IPSiO CX7500」は、「IPSiO CX8200」(2002年12月発売、標準価格49万8千円) 、「IPSiO CX7200」(2003年2月発売、標準価格34万8千円)の後継機として発売するものです。
     「IPSiO CX9000」は従来機と比べ、カラー出力速度を大幅に高速化
    ※3
    したほか、2機種ともコントローラーのデータ処理速度を向上しており、チラシ、カタログ、報告書など、カラードキュメントのプリンティング業務で高い生産性を発揮します。またセキュリティプリントニーズへの対応やTCO削減ニーズへの対応など、さまざまなソリューションをご提供してまいります。
    ※3 従来機「IPSiO CX8200」はカラー毎分28枚(A4横)
    <新製品「IPSiO CX9000」「IPSiO CX7500」の主な特徴>
    1. クラス最速の毎分35枚(A4横)の高速出力を実現しました。(CX9000)
      「IPSiO CX9000」は、クラス最速となる毎分35枚(A4横)の高速カラー出力を実現。モノクロも毎分35枚(A4横)と高速。両面印刷(オプション)時も、片面出力時と同速となるカラー/モノクロともに毎分35ページ(A4横)の高速出力が可能。オフィスの生産性アップとレスペーパー化に貢献。 ※従来機はカラー毎分28枚、モノクロ毎分38枚
      「IPSiO CX7500」は、カラー毎分24枚(A4横)/モノクロ毎分32枚(A4横)の高速出力が可能。両面印刷(オプション)時も、片面出力時と同速の高生産性を発揮。
      ファーストプリントは2機種ともカラー12秒(A4横)。1枚目から高速に出力。
      コントローラーの64bit RISC CPUをさらに高速化したほか、SDRAMも従来機比2倍の128MBを搭載。コントローラーのデータ処理速度を向上することで、更なる高生産性を発揮。
    ※「IPSiO CX9000」は600MHz(従来機は500MHz)、「IPSiO CX7500」は533MHz(従来機は400MHz)

    2. 業界で初めてSSLを使った暗号化通信によるセキュリティ印刷に標準対応しました。
      クライアントパソコンとプリンター間の通信経路の暗号化をするSSL(暗号化通信)によるセキュリティ印刷に業界で初めて標準で対応。印刷データへの不正アクセスを防止。 ※SSL印刷は、Ridoc IO Navi、IPP出力時のみ有効
      出力指示した印刷データをプリンターのハードディスクに一旦蓄積し、プリンター本体の操作パネルで暗証番号を入力することで印刷を開始する「機密印刷」が可能。
    ※HDD(オプション)が必要
      「操作パネルロック機能」や「アクセス制御機能」など、各種セキュリティ機能も搭載。

    3. 「PDFダイレクト印刷」機能をはじめ、使いやすさを追求した各種機能を搭載しました。
      オプションの装着により、「PDFダイレクト印刷」が可能。同梱の「Ridoc Desk 2000 Lt」のファンクションパレットにPDFファイルをドラッグ&ドロップするだけの簡単操作で、プリンタードライバーを介さずに、PDFファイルを高速にダイレクト印刷。
      消耗品のニア・エンドやカバーオープンなど、機器の状態をE-Mailでお知らせする「E-Mail通知機能」を搭載。管理負荷を軽減。
      「Ridoc EZ Installer」を活用することで、プリンタードライバーのインストール作業を効率化。インストールパッケージをダブルクリックするだけの簡単操作で、プリンタードライバーの設定や印刷ポートの作成などの面倒な作業が完了。システム管理者の作業負荷を軽減。 ※リコーホームページで無償公開( http://www.ricoh.co.jp/IPSiO/utility/ezinst/

    4. 1200dpi×1200dpiの高画質出力が可能です。
      1200dpi×1200dpiの高解像度出力が可能。階調特性の改善により、色再現性を向上。
      自動画像位置調整機能や除湿ヒーターの採用などにより、安定した高画質を実現。

    5. 無線LANやBluetoothなど、先進のインターフェースに対応しています。
      高速インターフェースの100BASE-TXやUSB2.0を標準装備。
      オプションにより、IEEE802.11bに準拠した内蔵型無線LANカードやBluetooth、IEEE1284、IEEE1394など、多彩なインターフェースに対応。
      オプションの「BMLinkSカード タイプA」の装着により、社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)が策定した「BMLinkS統合プリンタドライバ」からの出力が可能。

    6. ソート、ステープル印刷により、複数部数のカラー資料を効率的に作成できます。
      オプションのフィニッシャーを装着することで、丁合や仕分け、ステープル、パンチ穴あけまでを自動処理。
      標準で550枚×2段給紙と100枚手差しによる合計1,200枚給紙に対応。オプションの給紙テーブルにより最大5ウェイ、3,200枚の大量給紙が可能。

    7. 省エネルギー設計です。
      グリーン購入法や国際エネルギースタープログラムの基準に適合。省エネモード時の消費電力は15W以下。99秒以下のクイックウォームアップにより、省エネモードからの立ち上がりが早いだけでなく、ウォームアップ時にかかる消費電力も低減。

    8. マルチプラットフォーム環境での印刷に対応しました。
      Windowsに最適化したリコーのプリンター言語「RPCS」を採用。
      オプションにより、Adobe純正Post Script 3やカラーRP-GL/2、IBM5577エミュレーションの拡張も可能。Windowsはもちろん、CAD、UNIX、Macintosh、IBMホスト/AS400出力まで幅広く対応。 ※モノクロ出力のみ対応

    9. 低ランニングコストなため、カラー/モノクロ兼用機として経済的な運用が可能です。
      ランニングコストは、フルカラーで1枚約12.0円※1(A4)、モノクロも約3.0円※2(A4)と低コスト。カラー/モノクロ兼用機として、経済的な運用が可能。
    ※1 カラー各色5%、合計20%チャートを連続印刷した場合 ※2 モノクロ5%チャートを連続印刷した場合
      「アカウント拡張モジュール」(オプション)と標準添付のユーティリティソフト「Ridoc IO Admin」により、ユーザーごとにカラー/モノクロの印刷制限が可能。カラー出力が必要な人だけにカラー出力権限を与えることで、無駄なコストを削減。

  • ※このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • IPSiO CX9000
    IPSiO CX9000