Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

高速、高耐久を実現したA4モノクロレーザープリンター
「IPSiO NX85S」を新発売

2003年6月16日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、A3機同等のハイスペックと耐久性を備えたA4モノクロレーザープリンターの新製品「IPSiO NX85S」を開発し、新発売いたします。
 新製品は、「IPSiO NX71」(2000年6月発売、標準価格99,800円)の後継機として発売するものです。より一層の低価格化を実現しながら、(1)連続プリント毎分20枚、ファーストプリント7.5秒に出力速度を向上、(2)オプションの装着により毎分20ページの両面印刷が可能、(3)標準で2ウェイ600枚給紙、最大で4ウェイ1,600枚の大量給紙の実現、(4)耐久性を従来機と比べ2倍となる最大60万枚に向上、(5)待機時消費電力を4W以下に低減したうえ、省エネモードからの復帰時間を12秒以下に短縮し、使いやすさと環境負荷低減の両立を実現、(6)オプションで無線LANやBluetoothなど、ワイヤレス環境への対応も実現するなど、さらなる機能アップを実現しています。 ※A4タテ印刷時
 病院の窓口業務をはじめ、医療現場で使用される特殊用紙への対応を強化するなど、さまざまな業種・業務向けプリンターとして威力を発揮します。
製品名 IPSiO NX85S
標準価格 89,800円
発売日 2003年6月18日
月販台数 1,500台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <新製品 IPSiO NX85S の主な特徴>
    1. 出力速度を向上し、連続プリント毎分20枚、ファーストプリント7.5秒を実現しました。
    連続プリントを毎分20枚(A4タテ)に向上したうえ、ファーストプリントも7.5秒に向上。1ページのみの印刷から大量出力まで快適な出力が可能。
    ※従来機「IPSiO NX71」は毎分16枚、ファーストプリント8.5秒。
    オプションで両面印刷に対応。毎分20ページ(A4タテ)の高速両面印刷が可能。
    コントローラーの64bit RISC CPUのクロック数を310MHzに向上し、データ処理速度も向上。 ※従来機のCPUクロック数は133MHz

    2. 標準2ウェイ600枚、最大4ウェイ1,600枚の多段・大量給紙が可能です。
    標準の給紙トレイの用紙容量を500枚に向上したことで、マルチトレイ(100枚)とあわせた2ウェイ600枚給紙が可能。
    さらにオプションにより最大4ウェイ1,600枚の多段・大量給紙を実現。

    3. コンパクト設計と操作性の向上を実現しました。
    本体サイズは388(W)×450(D)×345(H)mmのコンパクト設計。パネル操作や用紙、トナー交換など、日常のほとんどの操作を前面から行える使いやすさを実現。
    用紙の取りやすさを配慮し排紙部に「くぼみ機構」を採用。

    4. 耐久性を従来機比2倍に向上し、最大60万枚の印刷に対応します。
    最大60万枚の出力が可能な高耐久・長寿命設計の実現により、基幹業務の大量プリントにも対応。 ※従来機の最大出力枚数は30万枚

    5. 用紙対応力の強化により、医療をはじめ、さまざまな業種・業務での活用が可能です。
    用紙の搬送性能を大幅に向上させたほか、全トレイで不定形サイズに対応するなど、用紙対応力を強化。
    病院の窓口業務をはじめ、医療現場で使用される特殊用紙への対応も強化するなど、さまざまな業種・業務向けプリンターとして威力を発揮。

    6. 使いやすさと省エネを両立するなど、優れた環境性能を発揮します。
    リコー独自の省エネ技術により、省エネモード時の消費電力はわずか4W。従来機比で約1/5に低減。省エネモードからの復帰時間は12秒以下とスピーディなため、使いやすさと省エネを両立。
    地球環境へ配慮した製品設計により、エコマークの基準や、グリーン購入法、国際エネルギースタープログラムなどの各種環境基準に適合。

    7. 無線LANやBluetoothなど、多彩なインターフェースに対応しています。
    最大480Mbpsの高速データ転送に対応するUSB2.0ポートを標準搭載。
    オプションの装着により、100BASE-TXはもちろん、IEEE802.11bに準拠した無線LANやBluetoothにも対応。ケーブルなしで接続できるため、レイアウトフリーで快適なワイヤレスプリンティング環境の構築が可能。
    さらにIEEE1394/IP over 1394(オプション)など、多彩なインターフェースに対応。

    8. リアル1200dpi×1200dpiの高解像度出力が可能です。
    リアル1200dpi×1200dpiの高解像度出力が可能。600dpi出力時もスーパースムージングテクノロジーにより2,400dpi相当×600dpiの高画質出力が可能。

    9. Windowsはもちろん、さまざまな環境に対応しています。
    プリンター言語には「RPCS」を採用。Windowsに最適化した描画処理性能とリコー独自の画像処理技術により、グラフィックス処理やイメージ処理でも高速性を発揮。
    オプションで、Adobe PostScript3やIBM5577エミュレーションの拡張も可能なため、Windows環境はもちろん、UNIX、Macintosh、IBMオンライン環境まで幅広く対応
    オプションの「BMLinkSモジュール タイプA」の装着により、社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)が策定した「BMLinkS統合プリンタドライバ」からの出力が可能。

    10. 簡単・快適操作を実現します。
    (1) 導入時の負荷を軽減する簡単インストーラーを用意
    プリンタードライバーのインストールから各種設定までをダブルクリックだけの簡単操作で行なえるインストーラー「Ridoc Ez Installer」を用意。
    (2) 多彩な機能を簡単に使えるWindowsドライバー(Windows95/98/Me/NT4.02000/XP対応)
    両面と集約印刷をするなど、よく使う設定をアイコン化して登録できるため、アイコンの一発選択で設定変更が可能。
    (3) ネットワークアプライアンスを高める各種ユーティリティーを同梱
    「Ridoc IO Navi」により、専用サーバーなしでLAN上のプリンターにダイレクト出力が可能。プリンターの状態表示や印刷完了通知のほか、代行印刷機能や並行印刷機能にも対応。 ※TCP/IP、NetBEUI、IPP転送
    「Ridoc IO Admin」により、印刷枚数管理や機能の利用制限などを実現。
    「Ridoc Desk 2000Lt」を使えば、デスクトップ上に表示されたRidoc Functionパレットにファイルを入れてドラッグ&ドロップするだけで一括印刷が可能。
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • IPSiO NX850
    IPSiO NX85S

    このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)