Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、A4カラーレーザープリンター2機種を新発売
(1)カラー毎分6枚の高速出力と両面対応を実現した「IPSiO Color 2200」
(2)ネットワークボードを標準搭載した「IPSiO Color 2200N

2000年12月19日
株式会社リコー

製品名 IPSiO Color 2200 IPSiO Color 2200N
標準価格 268,000円 288,000円
発売日 2001年2月
月販台数 1,500台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品2機種は、「IPSiO Color 2100」(1999年11月発売、標準価格268,000円)の後継機として発売するもので、20万円を切る低価格を実現したWindows専用機「IPSiO Color 1500」の上位機としてラインアップするものです。高性能、低価格なA4カラーレーザープリンターのラインアップを充実させることにより、オフィスにおけるモノクロレーザープリンターや、インクジェットプリンターからの買い替えを促進いたします。
    <新製品 IPSiO Color 2200/IPSiO Color 2200Nの主な特徴>
  • 1.連続プリント速度を、フルカラー毎分6枚、モノクロは毎分24枚に向上しました。
      • 連続プリント速度(A4タテ)を、30万円以下のカラーレーザープリンターで最速となるカラー毎分6枚、モノクロ毎分24枚に向上。ファーストプリントも、カラー24秒、モノクロ16.5秒と高速化。
        • 従来機「IPSiO Color 2100」はカラー毎分4枚、モノクロ毎分16枚
      • 画像処理コントローラーには64bit RISC CPU(250MHz)と、PC100対応のSDRAMを32MB搭載。さらに新開発64bitバスのASICにより、高速画像処理を実現。
      • 新イメージ圧縮方式の採用により、プリントデータを大幅に削減し、データ転送を高速化。日本規格協会SCIDデータ「N5」の場合、従来機と比べ約1/4にまでデータ量を圧縮。
      • 従来機と比べ、約2倍の高速スループットを実現。
        • JEIDA j11.ppt (PowerPoint97)
  • 2.両面印刷、大量給紙に対応しました。
      • オプションの搭載により、自動両面印刷が可能。両面の連続印刷速度はカラー毎分6枚、モノクロ24枚と高速。
        • 両面印刷には増設トレイの拡張も必要です
      • 500枚増設トレイの装着により、最大2ウェイ、750枚の大量給紙が可能です。
  • 3.1200×600dpiの写真高画質を実現しています。
      • 1200×600dpiの高解像度出力。なめらかな階調表現による写真高画質を実現。
      • 写真モードには、新たにsRGB方式によるカラーマッチングを採用。
        • Microsoft社が提唱するWindows標準の色空間
  • 4.IPPに対応した高速ネットワークボードを標準搭載しました。(IPSiO Color 2200N)
      • 100Base-TXと10Base-Tを自動切換えできるネットワークボードを標準装備。IPPをはじめとしたマルチプロトコルに対応。
        • TCP/IP、NetBEUI、IPX/SPX、EtherTalkに対応
  • 5.TwinToner倍速モードで、2色カラー時はフルカラーの倍速でプリントできます。
      • 2種類のトナーだけで印刷できる「TwinToner倍速モード」を搭載。フルカラー時の倍 速となる毎分12枚で出力できるうえ、印刷コストも軽減。
      • POPやチラシ、ワンポイントカラーの帳票や見積書などの作成に威力を発揮。
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • IPSiO Color 2200
    IPSiO Color 2200