Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

A3カラーレーザープリンターを高性能CADプロッターとして活用できるオプション
「RP-GL/2 モジュール タイプ5100」を新発売

2000年5月22日
株式会社リコー

株式会社リコーは、A3カラーレーザープリンター「IPSiO Color(イプシオ カラー) 5100」、「同 5100D」のオプションとして、プリンター本体に装着することにより、高性能カラーCADプロッターとしての活用を実現する「RP-GL/2 モジュール タイプ5100」を開発し、新発売いたします。
 新製品は、CADプロッター言語で業界標準となっているヒューレットパッカード社のCADプロッター言語「HP-GL/2+RTL」に、100万円以下のカラーレーザープリンターとして初めて対応いたしました。これにより、一般文書を出力するWindowsカラープリンターとの1台2役としてご活用いただけます。
製品名 RP-GL/2 モジュール タイプ5100
標準価格 6万円
発売日 2000年6月12日
販売数量 3000個/年間
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • 新製品「RP-GL/2 モジュール タイプ5100」は、IPSiO Color 5100/同5100D専用のオプションです。
  • リコーのカラーレーザープリンターは、この「IPSiO Color 5100」(2000年2月発売、標準価格44万8千円)、「同 5100D」(54万8千円)に加え、A4機「IPSiO Color 2100」(1999年11月発売、29万8千円)をラインアップしています。2000年1月から3月までの3ヶ月間のシェアは28.4%と、カラーレーザープリンター市場でNO.1のシェアを獲得しています。 ※BNS社調査
    <新製品 RP-GL/2 モジュール タイプ5100の主な特徴>
  • 1.100万円以下クラスのカラーレーザープリンターで初めてHP-GL/2に対応しました。
      • CADプロッター言語「HP-GL/2+RTL」に、100万円以下のカラーレーザープリンターで初めて対応。線を中心としたCAD図面はもちろん、グラフィックスやイメージが混在したCADデータでも高速にフルカラー出力が可能。

  • 2. HP-GLモードでもカラー出力が可能です。
      • CADプロッター言語「HP-GL」に準拠したRP-GLモードも搭載。カラー出力をサポートしており、256色のペン色を設定することが可能。
      • 従来のモノクロレーザープリンターでのCAD出力のように、線幅を変えてペンを区別するのではなく、色によってペンの区別をすることが可能。

  • 3. RP-GL/2モジュール専用のWindowsドライバを添付しました。
      • RP-GL/2モジュールの機能を最大に活かすことが可能な専用Windowsドライバーを添付。ペン先端の形状の設定、ペン幅の設定、印字領域の拡大、色の調整など多彩な機能を搭載。

  • 4. プログラム登録機能を搭載しています。
      • モノクロレーザープリンター「IPSiO NXシリーズ」でも好評のプログラム登録機能を搭載。ペン設定や変倍率等の設定を最大8つまでプリンタ側に登録可能。これによりDOS対応のCADアプリケーションからも簡単な操作で出力が可能。
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。