Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

ペーパーレスファクスや紙文書の電子化を実現するプリンター/ファクス複合機
「IPSiO MF700」を新発売

2000年1月24日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、ネットワーク対応のA3モノクロレーザープリンターに、高性能スーパーG3ファクス機能を搭載したプリンター/ファクス複合機「IPSiO MF700」を開発し、新発売いたします。
 新製品「IPSiO MF700」は、オプションのスキャナーユニットやイメージ配信ユーティリティーソフト「リモートSCAN」により、ファクスの送受信をパソコンで行う"ペーパーレスファクス"を実現いたします。また、ファクス同様の簡単な操作で紙文書を電子化してパソコンに取り込み、一括管理することが可能です。
製品名 IPSiO MF700
標準価格 678,000円
発売日 2000年1月26日
月販台数 1,000台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「IPSiO MF700」は、リコープリンター「IPSiOシリーズ」のラインアップとして発売するもので、高速・高画質・高耐久を実現したネットワーク対応のレーザープリンターに、「リファクスシリーズ」で培ってきた高度なファクス機能を搭載した新しいコンセプトの複合機です。これまでプリンター(もしくはファクス)を置いていたスペースに設置できる身近な複合機として、ワークエリアでのプリント/ファクス/スキャニングを手軽に行えます。紙から電子、電子から紙へと自由に文書形態を変換するゲートウエイとして活用いただくことで、情報の共有化や業務の効率化を実現し、TCOを削減いたします。
    <新製品 IPSiO MF700の主な特徴>
  • 1.高速ネットワークプリンターとして活用いただけます。
    • (1)高速・高画質・高耐久のA3レーザープリンター
      • A3判対応のレーザープリンターとして、毎分15枚の連続プリントが可能。ファーストプリントタイムは、8.9秒。1ページの印刷から大量印刷まで、快適な出力が可能。
        • データ処理が終了してから出力されるまでの時間。A4判横印刷時
      • コントローラーには、64ビットRISC CPU(133MHz)を搭載。高速データ処理を実現。
      • 600dpiのエンジン解像度に加え、ウルトラスムージングテクノロジーにより2,400dpi相当×600dpiの高画質出力。
      • 60万枚の高耐久を実現。ネットワークでの共有に対応。
    • (2)ネットワークでのアプライアンスを追求
      • 100Base-TXと10Base-Tを自動切換えできるマルチプロトコルネットワークボードをオプションに用意。
        • TCP/IP、NetBEUI、IPX/SPXに対応
      • ユーティリティーソフト「PortNavi」を標準で同梱。TCP/IP環境のWindows95/98、NT4.0クライアントからダイレクト出力が可能。クライアントに対してエラー通知や印刷完了通知をするほか、用紙切れなどの場合に自動的にネットワーク上の別のプリンターで印刷を代行する「リカバリー印刷機能」や、多部数印刷時に複数のプリンターでの「分散印刷」を実現。
      • 高機能な管理ツール「Ridoc Manager」により、クライアントごとの出力枚数管理やクライアントからのプリンターの状況確認、管理者によるプリンター設定が可能。
  • 2.高性能のスーパーG3ファクス機能を搭載しています。
    • (1)スーパーG3による高速3秒電送
      • 標準のスーパーG3による3秒電送※1に加え、オプションの装着により、JBIG圧縮方式による高速2秒台電送※2を実現。
        • ※1 リコー標準原稿(8×3.85本/?:画像情報のみ)を、スーパーG3FAX (28.8kbps以上) と通信した場合
        • ※2 28.8kbps以上の通信速度でJBIG通信時

    • (2) マルチポートやロール給紙など、多彩なオプションを用意
      • オプションの「マルチポートユニット タイプ4」の装着により、加入回線2本を接続できるため、スーパーG3の2回線同時通信が可能。「INS G4ユニットタイプ6」を装着した場合は、標準のスーパーG3+G4の2回線同時通信を実現。
      • オプションの「ロール紙給紙ユニット」の装着により、最大A3幅までのロール紙によるファクス受信が可能。図面や版下、伝票など、長尺や短尺の不定形なサイズの受信でも、それぞれの大きさにあわせて受信紙をカットすることが可能。
  • 3.ペーパーレスファクス送受信を実現します。
    • (1)ペーパーレスファクス送信
      • スキャナーユニットに標準添付されている「まいと~くFAX V3」と「Com Redirector」を利用することで、パソコンにモデムや電話回線を接続しなくても、LAN上のパソコンからダイレクトにPC FAX送信が可能。ファクスで読み取るために一旦紙に出力する手間と時間を低減。原本に近い高画質で送信が可能。
    • (2)ペーパーレスファクス受信
      • イメージ配信ユーティリティーソフト「リモートSCAN」 (標準価格78,000円)により、受信したファクスをネットワーク上のパソコンに配信することが可能。受信ファクスのペーパーレス化を実現。
      • 受信したファクスの各クライアントへの振り分け方法は、「Fコード」や「送信先情報」「ISDNダイヤルイン番号」など多彩。
        • 別途、INS G4ユニット タイプ6が必要。また、NTTとのダイヤルイン契約が必要。
      • 受信ファクスはブラウザにより、簡単に閲覧、ダウンロードが可能。インターネットやイントラネットを通じて各個人のメールアドレスに配信することも可能。
  • 4. 簡単操作のシートスキャナーとして、紙文書を容易に電子化できます。
      • オプションの「スキャナーユニット タイプ700」とスキャナーユニットに同梱のイメージ配信ユーティリティーソフト「リモートSCAN-Lt」により、Windows95/98/NT4.0に対応したネットワークスキャナー拡張を実現。
      • ファクス感覚の簡単な操作で、紙文書を読み取り、ネットワーク上の指定したパソコンにスキャンデータを自動配信することが可能。
      • 200dpi、最大A3サイズまでの読み取りが可能。
  • 5.紙文書と電子文書の効率的な活用を実現します。
    • (1) 「Ridoc Desk」による効率的な個人文書管理を実現
      • スキャナーユニットに標準添付のドキュメントハンドリングソフト「Ridoc Desk」により、受信したファクスやスキャニングした紙文書と、さまざまなアプリケーションで作成した電子文書を統合的に一元管理することが可能。
      • エクスプローラ感覚のツリービューと、登録文書のサムネール画像(縮小表紙一覧)表示で操作も簡単。
    • (2)統合文書管理システム「LIFISA」との連携により、共有文書の統合管理が可能
      • イントラネット対応の統合文書管理システム「LIFISA」への拡張も可能。管理から検索、活用までをスムーズに行うシステムの構築が可能。
  • 「アプライアンス」は株式会社リコーの商標です。
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • IPSiO MF700
    IPSiO MF700