Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

高速スループットとリアル1200dpiの高画質を実現したA3判レーザープリンター2機種
1)毎分25枚の連続出力が可能な「IPSiO NX710」
(2)毎分20枚の連続出力が可能な「IPSiO NX610」

1999年8月2日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、A3判レーザープリンターの新製品として、高速スループットとリアル1200dpiの高画質出力を実現した毎分25枚機「IPSiO(イプシオ) NX710」と毎分20枚機の「IPSiO(イプシオ) NX610」の2機種を開発し、新発売いたします。
 新製品2機種はともにクラス※最低価格を実現しており、コストパフォーマンスに優れています。
※NX710は25枚/分以上の、NX610は20枚/分以上のA3対応レーザープリンターとして
製品名 IPSiO NX710 IPSiO NX610
標準価格 168,000円 138,000円
発売日 1999年8月25日 1999年8月2日
月販台数 8,000台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <新製品 IPSiO NX710、IPSiO NX610の主な特徴>
  • 1.高速スループットを実現しました。
    • (1) 連続印刷を毎分25枚/20枚の高速エンジンを採用
      • 連続プリント速度は「IPSiO NX710」が毎分25枚、「IPSiO NX610」は毎分20枚と高速出力を実現。※A4判横印刷時。
      • ファーストプリントもデスクトッププリンターで最速の6.5秒。1ページのみの印刷から大量印刷まで、快適な出力が可能。
    • (2)新開発コントローラーにより、高速データ処理を実現
      • 最新の高速化技術を搭載した「Ultra TURBOコントローラーEX」を搭載。64bit RISC CPU(133MHz)の性能をフル活用した高速データ処理が可能。
      • I/Oコントロールと画像処理を行う「R2(アールツー)アクセラレーターチップ」を搭載。従来機と比べ約2倍の画像処理速度を実現。
      • さらに、コントローラーBUSのクロック数を従来機比で2倍に向上した上、BUSとシンクロ動作する高速SDRAMの採用により、高速メモリーアクセスを実現。
      • 標準メモリーには、NX710は16MB、NX610は8MBを搭載。

  • 2. リアル1200dpiの高画質出力を実現しました。
      • リアル1200dpiの高画質出力が可能。新ディザパターンの採用により、写真やハーフトーンもシャープにプリントアウト。NX710は標準メモリーでA3サイズまで1200dpi出力が可能。 ※NX610は標準でA4サイズまで。A3サイズの1200dpi出力にはメモリーの増設が必要。
      • 600dpi出力時もスーパースムージングテクノロジーにより2,400dpi相当×600dpiの高画質出力が可能。

  • 3. クラス最小・最軽量のコンパクトボディです。
      • 「IPSiO NX710」は、毎分25枚のA3判対応レーザープリンターとして最小の本体サイズ 450(W)×410(D)×290(H)mmを実現。重量も15kgと軽量。
      • 「NX610」も450(W)×410(D)×270(H)mmとコンパクト。

  • 4. クラス最低価格を実現しました。
      • 本体標準価格は、毎分25枚機の「IPSiO NX710」が168,000円、毎分20枚機の「IPSiO NX610」が138,000円と、クラス最低価格を実現。

  • 5.電子ソート・回転ソートが可能です。(NX710)
      • オプションのハードディスクを装着することで電子ソートプリントが可能。
      • 複数部数の出力する場合、プリンター側で1部だけデータ処理を行って出力データをハードディスクにスプール(蓄積)し、2部目以降はエンジン速度でプリントすることが可能。プリント時間を大幅に短縮できるうえ、ネットワークの負荷を軽減。
      • 例えば10ページの資料を5部出力する場合、従来のように10ページ×5部=50ページ分のデータを転送をするのではなく、10ページ分のデータ転送で処理が可能。
      • さらにオプションの給紙トレイを装着し、A4サイズをタテ、ヨコでセットしておくことで、1部ずつタテ、ヨコ交互に出力する「回転ソート」を実現。

  • 6. ネットワークでのアプライアンスを追求する「PortNavi」を標準で同梱しています。
      • TCP/IP環境のWindows95/98、NT4.0クライアントからのダイレクト出力が可能。
      • クライアントへの印刷中のエラー通知や印刷完了通知が可能。
      • 印刷指示を掛けたプリンターが使用中の時や用紙切れなどの場合に、自動的にネットワーク上の別のプリンターで印刷を代行する「リカバリー印刷機能」を実現。
      • 複数ページの原稿を多部数印刷する際に、ネットワーク上の複数のプリンターで分散して印刷することが可能。大量印刷を効率化。
  • 「アプライアンス」は株式会社リコーの商標です。
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • IPSiO NX710
    IPSiO NX710