Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、MFPのネットワーク監視システムを展示
~ IBMのTivoliとのシームレスな連携で、省エネ・低TCOを実現するソリューション ~

2009年2月9日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、IBMコーポレーション(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、会長:サミュエル・J・パルミサーノ 以下、IBM)と進めている戦略的提携の一例として、IBMのTivoli Monitoring、Tivoli Asset Management for IT、及びTivoli Service Request Managerと連携するソリューションを米国ネバダ州ラスベガスで2009年2月8日~12日(米国時間)に開催されている「IBM PULSE 2009」で参考展示します。

 今回展示しているプロトタイプは、リコーのMFPとIBMの統合システム管理ソフトウエア「Tivoli」を連携させたものであり、両社が共同で展開する「ドキュメントセキュリティアンドマネジメントサービス(DSMS)」の一例として検討しているものです。企業のIT管理者が、MFPの電力消費状況をTivoli経由でリアルタイムにモニターし、管理する事例を紹介します。訴求ポイントは、お客様が目標とするTCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)削減や、オフィスのIT環境負荷低減目標値に合わせ、Tivoliが管理するネットワークのMFPについて、その使用条件などを設定することで、最も効率的に目標達成が可能になるという点です。

 リコーは、この展示を通じ当該ソリューションの市場性を確認し、早期に製品化したいと考えています。
  • ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。