Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、中堅・中小企業のネットワーク構築・運用を支援する3商品を新発売

(1)ネットワークインフラ構築サービス「NETBegin」
(2)ネットワーク監視サービス「IT-Sheriff AD」
(3)ウィルス対策サービス「PCワクチン」

2003年7月4日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長:桜井正光)は、中堅・中小企業のネットワーク構築・運用やセキュリティ対策を支援するITサービス関連の3商品を7月4日に新発売いたします。
今回発売するのは、以下の3製品です。
(1) ネットワークインフラ構築サービス「NETBegin」
〔標準価格:35,000円~330,000円〕
(2) ネットワーク監視サービス「IT-Sheriff AD」
〔標準価格:初期費用110,000円、月額45,000円~(3年契約、分割払いの場合)〕
(3) ウィルス対策サービス「PCワクチン」
〔標準価格:118,400円~(新規導入、1年契約、10クライアントの場合)〕
今回発売する3商品は、ネットワークやシステムの構築・運用に関わる専任担当者の確保が難しい中堅・中小企業のお客様向けに開発したものです。ネットワークやシステムの構築・運用に関わる各種業務をアウトソーシングすることで、業務負担の軽減や、コスト削減を図るとともに、安定したネットワーク環境の運用が可能となります。
これらの商品それぞれには、ネットワークやシステムの構築、保守サービスを担当する「リコーテクノシステムズ 」による導入、運用支援が含まれており、手軽に、安心して各種サービスをご利用いただけます。


※リコーテクノシステムズ株式会社
リコーが100%出資しているITサービスプロバイダー。全国を網羅する約250ヵ所の拠点、3,000名を超えるCE(カスタマーエンジニア)、SE(システムエンジニア)の技術者、24時間・365日のサポート体制と豊富なサービスメニューを用意しており、リコー製品の保守に加え、ネットワークシステムに関する最適なソリューションから、安心してご使用いただくためのサポートにいたるまで、一貫したサービスを全国で提供しています。
<新製品の主な特徴>
ネットワークインフラ構築サービス「NETBegin」
ネットワークインフラ構築の企画から設計・構築、導入、保守までをパッケージ化したもので、LANモデル(2種類)、WANモデル(4種類)のあわせて6つのモデルを用意しています。新規のネットワーク構築や既存のネットワークを再構築の際に、お客様のニーズにあったネットワークインフラを、低コスト、短納期で、手軽に構築できます。
1) NETBegin LANモデルA: ピア・ツー・ピア環境用基本LAN構築(35,000円)
2) NETBegin LANモデルC: サーバー/クライアント環境用基本LAN構築(155,000円)
3) NETBegin WANモデルA: IP-VPN網によるWAN構築(160,000円)
4) NETBegin WANモデルA+: IP-VPN網のイニシャルコスト(回線工事費等)もパッケージ化したWAN構築(230,000円)
5) NETBegin WANモデルX: InternetVPNによるWAN構築(273,000円)
6) NETBegin WANモデルN: VPNクライアント接続を考慮したWAN構築(330,000円)

1. 6つのモデルをご用意し、多彩なニーズにお応えします。
ピア・ツー・ピア環境用の基本LAN構築モデルから、IP-VPN網によるWAN構築モデル、さらにInternetVPN網によるWAN構築モデルなど、6つのモデルを用意。
「回線コストの削減」や「モバイル環境の構築」など、お客様のニーズに合わせてネットワークを手軽に構築。

2. オンサイト保守やネットワーク診断により、導入後も安心です。
1年間のオンサイト保守をパッケージ化しているほか、お引渡しから10ヶ月後にはネットワーク診断も実施 。導入後も安心です。
※NETBegin LANモデルAを除く
ネットワーク監視サービス「IT-Sheriff AD」
ネットワークに接続されたオフィス機器を「監視センター」からインターネットを経由してリモートで常時監視し、ネットワークの安定稼動やセキュリティの確保を実現するサービス。
1. ネットワークに接続されたサーバーおよびオフィス機器を常時監視します。
お客様のネットワーク上に設置した「監視マネージャBox」により、ネットワーク上の各種サーバーに導入されているアプリケーションおよび、パソコン、プリンターなどのオフィス機器の稼動状況を随時確認。
正常に稼動していないサーバー上のアプリケーションや、ネットワークに接続されている機器を発見したら、すぐにメール・電話によりお客様へ通知。これにより、トラブルへの対処が迅速に行えるため、業務への影響を最小限におさえることが可能。
オフィス機器の稼動状況については、毎月レポートとしてまとめて報告。

2. インターネットからの不正アクセスを防ぐなど、セキュリティの確保を実現します。
お客様のネットワーク上に設置した「IT-SheriffBox」の「ファイヤウォール機能」により、社内ネットワークに対する外部からの不正アクセスを防止。
ファイヤーウォールのセキュリティレベルを陳腐化させないように、リモートでバージョンアップを実施し、常にコンピュータシステムの安全性を維持。
オプションで「URLフィルタリング」も用意。有害サイトや指定URLへの内部からのアクセスを防止。

3. 各種サーバーの動作状況や空き容量なども監視します。
ファイルサーバーをはじめ、Webサーバーやメールサーバーなど、各種サーバーに対して、動作状況やハードディスクの空き容量を監視。
ディスクの空き容量が予め設定した値に達した場合にメールと電話でご連絡。不要なファイルを削除するなどにより、サーバーのダウンを未然に防止。
ウィルス対策サービス「PCワクチン」
ウィルス対策ソフト「VirusScan ASaP」(ネットワークアソシエイツ社製)と、インストール代行作業をパッケージ化したサービス。社内で専用サーバーやシステム専任の担当者を設置せずに、低コストでウィルス対策を実現することが可能。
1. 最新のウィルス定義ファイルを自動で更新します。
インターネットを経由して、各クライアントが最新のウィルス定義ファイルとプログラム本体を自動更新。お客様のネットワーク上にウィルス定義ファイル用の専用サーバーをおく必要がなく、低コストで運用が可能。
2. インストール作業や管理運用など、システム管理者の負荷を軽減します。
インストール作業を代行するため、安心、確実なウィルス対策が可能。
システム管理者は、ウィルスの侵入、駆除状況などをWeb上のレポートで確認することが可能。
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。