Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、複写機28機種で業界初のエコマーク認定を取得

2000年1月17日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、(財)日本環境協会(理事長:大西孝夫、本部:東京都港区西新橋1丁目7番2号 虎の門高木ビル7階)が制定する複写機のエコマーク認定を2000年1月13日、業界で初めて取得いたしました。

 (財)日本環境協会は複写機の省エネや環境負荷の低減を目的に、1999年11月に複写機を対象にしたエコマークを制定しました。これは、環境配慮型商品の国際規格 ISO14024に準じて制定されており、資源採取からリサイクルまでの、製品のライフサイクル全般に亘る環境に対する影響に配慮したものになっています。認定基準には、再使用プラスチック部品や再生プラスチック部品を使用していること、回収製品重量に対する再使用または再資源化部品重量が50%以上であることなど、高度な環境対応が含まれています。
 エコマークと同様の制度には、ドイツのブルーエンジェルマークや北欧のノルディックスワンマークなどがあり、リコーはこれらの環境ラベルも積極的に取得しています。認定された機種には、機械本体にエコマークを貼付することができます。お客様は、その製品が環境配慮の基準を満たした商品であることが一目で分かるようになります。

 リコーは、環境保全を我々地球市民に課せられた使命と認識し、これまでも環境保全活動に努めて参りました。エコマーク制度が環境負荷低減を促進するという観点から、リコーはその制定に積極的に協力して参りました。今後、リコーが発売する複写機はすべてエコマークの認定取得を進めて参ります。

 なお、複写機のエコマークに関する詳細情報(制定の背景、対象、認定基準など)については、(財)日本環境協会のホームページで公開されています。(url: http://www.jeas.or.jp/ecomark/pdf/117_a.pdf)
<今回認定された28機種>
  • imagio MF1530シリーズ(白黒デジタル複写機、毎分15枚出力)
    imagio MF1530、imagio MF1530 model5、imagio MF1530 model6 、imagio MF1530 model65
  • imagio MF2730/2230シリーズ(白黒デジタル複写機、毎分22、27枚出力)
    imagio MF2730、imagio MF2730 model5、imagio MF2730 model6、 imagio MF2730 model65、imagio MF2230、imagio MF2230 model5、 imagio MF2230 model6、imagio MF2230 model65
  • imagio MF4570/3530シリーズ(白黒デジタル複写機、毎分35、45枚出力)
    imagio MF4570、imagio MF4570 model5、imagio MF3570、 imagio MF3530、imagio MF3530 model5、imagio MF3530 model6 imagio MF3530 model65
  • imagio MF7070/5570(白黒デジタル複写機、毎分55、70枚出力)
    imagio MF7070、imagio MF7070 model5、imagio MF5570、imagio MF5570 model5
  • spirio 7010T/F、6010、5010シリーズ(白黒アナログ複写機、毎分50、60、70枚出力)
    spirio 7010T、spirio 7010F、spirio 6010、spirio 5010
  • imagio MF8570 (白黒デジタル複写機、毎分85枚出力)
  • 複写機のエコマーク
    複写機のエコマーク