Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、山梨電子工業の全株式を取得
~プリンタ事業の拡大に向け、感光体ドラムの生産を強化~

2006年11月1日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光、以下リコー)は、新電元工業株式会社(社長:小田孝次郎氏、以下新電元)の100%子会社である山梨電子工業株式会社(以下山梨電子)の全株式を取得することについて、新電元と2005年11月1日に基本合意をしておりましたが、本日株式譲渡手続きを完了いたしました。
1. 株式取得の理由
 リコーは、成長戦略の重要な柱であるプリンター事業を一層強化拡大していきたいと考えております。そのために、キーパーツである感光体ドラムの技術資源、人員の強化、および生産能力の強化が必須であると認識しておりました。
 山梨電子とは、以前より感光体ドラムの生産委託を通じて、リコーの画像機器事業強化にご協力をいただき、ビジネスパートナーとして非常に良好な関係を築かせていただいておりました。リコーの成長戦略実現に向けて、さらなる関係強化の話し合いを実施させていただいた結果、現状の取引(ビジネスパートナー)という関係からリコーグループに参画いただくことにより、非常に有効な経営資源の強化ができると判断し、本日株式取得に至りました。
2. 契約の要旨
(1) リコーは、新電元から山梨電子の株式を100%取得する。
(2) 山梨電子の株式取得に伴い、山梨電子のタイ子会社Yamanashi Electronics (Thailand) Co., Ltd.(以下YET)も合わせてリコーグループに編入する。
(3) 株式譲渡以後の、山梨電子およびYETの代表者は、鈴木 義孝(リコー 画像生産事業本部RS事業部)とする。
3. 山梨電子の概要
社名 山梨電子工業株式会社
代表者 鈴木 義孝(すずき よしたか)
所在地 山梨県甲府市宮原町1014
設立年月 1968年3月
事業内容 感光体ドラムの製造販売
決算期 3月31日
従業員数 130名(平成18年4月1日現在)
資本金 410百万円
業績 売上高 4,735百万円(18年3月期)
4. 取得前後の株式所有比率の状況
取得前の所有株式比率 0%
取得後の所有株式比率 100%
5. 経緯
(1) 基本合意締結 平成17年11月1日
(2) 株式譲渡契約締結 平成18年9月29日
(3) 株式譲渡完了 平成18年11月1日
6. 今後の見通し
本件に伴う連結・単独業績への影響は軽微であります。

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)