Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

当社子会社の事業の一部譲渡に関するお知らせ

2006年4月3日
株式会社リコー

 当社の子会社である株式会社三愛は、平成18年4月3日開催の同社取締役会において、同社の社内カンパニーであるギガネットワークスカンパニーが所管するコンテンツ配信サービス事業を、株式会社フェイスの子会社である株式会社モバイルアライアンスに事業譲渡することを決定いたしましたので、お知らせいたします。


 1. 子会社の名称等
  商   号 株式会社三愛
  本店所在地 東京都中央区銀座五丁目7番2号
  代表者氏名 代表取締役社長 馬場 末男
  事業内容 「婦人服小売事業」および「コンテンツ配信サービス事業」
 
 2. 譲渡の相手会社の名称等
  商   号 株式会社モバイルアライアンス
(社名をギガネットワークス株式会社に変更する予定。)
  本店所在地 京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566-1
  主な事業所 東京都港区芝1-9-3 芝マツラビル(予定)
  代表者氏名 代表取締役社長 踊 契三
  大株主 株式会社フェイス 100%
  事業内容 コンテンツ配信サービス事業
(本件のために用意された会社であり現在事業は行なっていない。)
 
 3. 譲渡の相手会社の親会社
  商   号 株式会社フェイス
  本店所在地 京都府京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566-1
  代表者氏名 代表取締役社長 平澤 創
  事業内容 「ネットワークを利用したコンテンツ配信事業」
および「電子決済ソリューション事業」
 
 4. 譲渡の背景
   リコーグループは、顧客ニーズの多様化やデジタルネットワーク技術の進歩など非常に激しい事業環境の変化の中、株式会社三愛のコンテンツ配信サービス事業が保有する経営資源を、グループ内の他の経営資源と融合することによって、コンテンツ配信サービス事業およびリコーグループ全体の成長と発展を図ってまいりました。
 このような中、ネットワークを利用したコンテンツ配信事業を主たる事業とする株式会社フェイスから、株式会社三愛のコンテンツ配信サービス事業を譲り受けたいとの申し入れがあり、関係者間で当該コンテンツ配信サービス事業の成長と発展について協議してまいりました。
 その結果、リコーグループとして、「株式会社三愛のコンテンツ配信サービス事業が、株式会社フェイスのグループの一員となり、提供するサービスの一層の充実を図ることによってお客様とお取引様の期待に応えつつ、成長し発展すること」が、当該事業、株式会社三愛およびリコーグループ全体にとって最善であるとの判断に至りました。
 
 5. 譲渡対象事業の内容
  譲渡対象事業:携帯電話向けコンテンツ(着信メロディなど)配信サービス事業
譲渡対象事業の売上高:65億円(2005年8月期)
譲渡対象事業の経常利益:38億円(2005年8月期)
 
 6. 譲渡日の予定
  2006年5月31日(予定)
 
 7. 当社連結業績への影響
  2006年3月期については、影響ありません。
2007年3月期については、影響は軽微と認識しております。
なお、当社2006年3月期の連結決算発表時に、本件の影響を含めた2007年3月期見通しを公表する予定です。