Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

大型タッチパネルを搭載し充実した機能性と操作性を両立したレーザー普通紙ファクシミリ「RIFAX ML4700シリーズ」を新発売

2007年10月2日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、A3判対応のレーザー普通紙ファクシミリの新製品として、ネットワーク環境との高い融合性や高度なセキュリティ機能など、ファクス専用機に求められる充実した機能を持ちながら、大型タッチパネル上での快適な操作を実現する「RIFAX(リファクス) ML4700シリーズ」を開発し、新発売いたします。
商品名 RIFAX ML4700 RIFAX ML4700 IP-LINK*
標準価格(消費税別) 628,000円 778,000円
発売日 2007年10月4日
月販台数 1,000台
  • *「RIFAX ML4700」にリファクス LANボードユニット タイプiP3、リファクス メモリーカード タイプ40M-2を標準装備したモデル。
  •  新製品「RIFAX ML4700シリーズ」は、「RIFAX ML4600S」(2006年2月発売、標準価格598,000円)と「RIFAX HL5500シリーズ」(1999年9月発売、標準価格778,000円~)の後継機として発売するもので、RIFAX ML4600Sの持つネットワーク機能やセキュリティ機能など充実した機能性と、RIFAX HL5500シリーズの持つ高い操作性の両立を実現しています。
     ファクスの使用頻度が高く専用機をお求めになるお客様をはじめ、ネットワークを活用した多彩な通信機能をお求めになるお客様、誤送信や不正利用の抑止などセキュリティ機能をお求めになるお客様などの幅広いニーズにお応えします。
    <新製品 RIFAX ML4700シリーズの主な特徴>
    1. 大型タッチパネルを搭載し、操作性を向上しました。
        大型のタッチパネルを搭載し、快適なオペレーション環境を提供。事前に登録したファクスの宛先を一画面に32件表示が可能で、宛先の検索や選択が簡単。
    大型タッチパネルとは別に4行LCDを搭載し、宛先や設定内容の確認が可能。
    受信トレイには明るいブルー色を採用。色をつけることにより受信紙の視認性が高まり、離れた場所からも容易に確認が可能。

    2. ネットワークを活用した多彩な通信機能に対応しています*1
         (1) ITU -T*2T.38勧告に準拠した「IP-ファクス機能」に対応*3
    T.38対応機同士の場合、イントラネットを活用することで、IPアドレスを指定して直接通信することが可能。高画質かつ高速通信が可能な上、通信コストを大幅に削減することが可能。
    IP電話やVoIPシステムと組み合わせ、データ・音声・ファクスの通信をIPネットワークに統合することで、通信システム全体の構築・運用コストを削減することが可能。
    (2) ITU-T*2T.37勧告に準拠した「W-NET FAX」に対応。
    従来電話回線を利用していたファクス通信と同様の手順で、インターネット網を利用してファクス送信が可能。このため、海外など遠隔地との通信コストの大幅な削減が可能。
    (3) パソコンから直接相手先のファクスに送信できる「PC FAX機能」に対応。
    ファクス送信のために、パソコンから一旦出力する必要がないため、紙やトナーの消費を抑える上、ファクシミリ本体まで原稿を持って行く手間も省け、経費の削減と作業効率の向上を実現。
    (4) カラー原稿もカラーのまま電子メールで送信することが可能。
    本体からの操作だけで、カラー原稿をカラーのまま電子メールの添付文書*4にして送信することが可能。これにより、効果的な情報伝達を実現。

    3. 誤送信や不正利用を抑止するセキュリティ機能を搭載しています。
        ファクス番号の入力を二度繰り返さないと送信しないように設定することが可能。これにより、番号の入力間違いによるファクス誤送信を抑止。
    あらかじめ登録された宛先以外に送信できないように設定することが可能。直接番号入力を禁止することにより、誤送信抑止に効果を発揮。
    Windowsのドメインコントローラーとの連携によるユーザー認証システムを搭載*1。 個人識別を行うことで、不正利用を抑止。
  • *1RIFAX ML4700には、オプションのリファクス LANボードユニット タイプiP3が必要。
     RIFAX ML4700 IP-LINKは標準装備。
  • *2国際電気通信連合電気通信標準化部門の略称。国際電気通信連合は、国際的な電信電話技術に関する研究と運用を標準化する機関。
  • *3ファイヤーウォールの設定によっては通信できないことがあります。
  • RIFAX ML4700(オプションを装着したもの)
    RIFAX ML4700
    (オプションを装着したもの)
  • Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)