Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、Japan-CLPに参加

2009年7月30日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、2009年7月30日に発足した企業グループJapan-CLP(日本気候リーダース・パートナーシップ)への参加を表明いたします。
 Japan-CLPは、温室効果ガスの増大による気候変動が、地球環境に大きな危機をもたらしている今、持続可能な経済発展を実現するために、産業界が健全な危機感をもって、積極的な行動を開始すべきという認識に立って結成された企業グループです。
 リコーは、社会全体が低環境負荷社会へ変革していく必要があるという考えに基づいて、「気候変動問題への問題意識を提示し、意見を発信していく」というJapan-CLPの活動への参加を決定いたしました。
 リコーは、Japan-CLPの活動に参加することにより、リコーグループ、お取引先様、お客様とで取り組んでいる環境負荷削減活動を高い目標に向けてさらに加速し、また、社会全体で、地球環境と社会、経済がともに繁栄する社会の実現を目指したいと考えています。
【社長メッセージ】
地球環境問題は人間社会に大きな危機をもたらしており、それは企業経営にとっても大きなリスクであります。取り組みが遅れれば、社会は経済的にも大きな損失を被ることになります。人間社会を安定的に持続させ、大きな経済的損失を回避するためにも、企業や社会全体が気候変動に対して早急に取り組むことが必要であり、その行動を加速するためには社会の変革が不可欠です。
 1社の活動だけでは社会の変化を促すことは不可能ですが、志を同じくする企業が「共通のビジョン」のもとで、自ら行動し、社会に積極的なメッセージを発信することは意義があります。Japan-CLPの「共通のビジョン」の中には、弊社も今以上に努力が必要な部分もありますが、目的達成に向けて、弊社も環境技術開発など、全力を尽くし活動していきます。
【リコーのコミットメント】
 リコーグループは,環境問題を重要な経営課題のひとつと位置づけ、温暖化防止に関して、「ライフサイクルでのCO2排出総量(5ガスのCO2換算値を含む)を、2000年度比で2050年までに87.5%、2020年までに30%削減する」ことを中長期目標として活動しています。
目標達成に向けた主な活動には次のものがあります。
    リコーグループが提供する製品の環境性能を向上させ、さらに、その性能をお客様に簡単に使っていただくための技術開発。
    リコーグループ製品の環境性能をお客様にフルに活用していただくための提案活動展開。
    生産プロセスの革新による低炭素もの作りの展開。
    製品の小型化や長寿命化、リサイクル活動の展開により調達領域でのCO2排出を削減。また、リコーグループの削減事例を仕入先様に水平展開することにより、仕入れ先様の環境負荷削減を支援。
    物流のCO2把握システムのレベルアップ。物流の効率化、モーダルシフトの展開。
  •  これらの活動に関して積極的に情報開示に努めると共に、グローバルな議論の場に参加し、 これまで以上に積極的にメッセージを発信していきます。
    * リコーの中長期環境負荷削減目標についての詳細は下記サイトをご参照ください。
    URL: http://ricoh.co.jp/ecology/report/pdf2009/15_16.pdf
    * Japan-CLPに関しては、Japan-CLPが発行されたニュースリリースをご参照ください。
    URL: http://japan-clp.jp/assets/files/release/090730.pdf
    <Japan-CLPお問い合わせ先>
    Japan-CLP(日本気候リーダース・パートナーシップ)事務局
    所在地 : 〒105-0003
    東京都港区西新橋3-23-12 第2山内ビル3F (株式会社イースクエア内)
    TEL : 03-5777-6730
    URL : http://japan-clp.jp/

    このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)