Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

「GR DIGITAL」機能拡張ファームウェアの第3弾をリリース
~お客様からのご要望を反映し、各種機能を追加~

2006年11月20日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、発売以来1年以上にわたってご好評をいただいている高画質コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL」向けに、機能拡張ファームウェアの第3弾を11月22日にリリースいたします。
  • GR DIGITALは、プロフェッショナルやハイアマチュア、写真好きの方にご満足いただける画質をコンパクトなボディで実現したデジタルカメラです。(2005年10月21日発売、オープン価格)
  •  機能拡張ファームウェアは、リコーウェブサイト上から無償でダウンロードしていただけます。ご導入いただくことにより「GR DIGITAL」に以下の3機能を追加できます。
  • これらの機能の使用説明書も、リコーウェブサイトからダウンロードしていただくことができます。
  • (1) RAW(3264×2448)撮影時、同時記録のJPEG画像サイズとして「N3264」(NORMAL 3264×2448)と「N640」(NORMAL 640×480)が設定可能に。
    ※従来は「F3264」(FINE 3264×2448)のみ
    これにより、記録可能枚数が増加。(例:512MBのSDカードの場合、RAW+F3264で33枚、RAW+N640で42枚)
    (2) アスペクト比(画像の縦横比率)「3:2」の場合、「N3:2」(NORMAL 3264×2176)が選択可能に。
    ※従来は「RAW3:2」(RAW 3264×2176)または「F3:2」(FINE 3264×2176)のみ
    これにより、記録可能枚数が増加。(例:512MBのSDカードの場合、 F3:2で177枚、N3:2で308枚)
    (3) オートブラケット撮影(露出の設定値を変えて複数のカットを撮影する機能)時、露出の変更幅が「±0.3EV」も選択可能に。
    ※従来は「±0.5EV」のみ
    これにより、よりきめ細かいオートブラケット撮影が可能に。
    ※RAWモードではオートブラケットは使用不可(従来通り)
     また、上記機能の追加に加え、マクロ撮影時のAF性能の向上も実現しております。

     機能拡張ファームウェアは、「GR BLOG」やお客様登録時のアンケート情報などを通じて数多くのお客様からいただいたご意見・ご要望にお応えするものです。第1弾を今年3月24日に、第2弾を7月28日にリリースし、「GR DIGITAL」をご利用の多くの皆様にダウンロードしていただき、ご好評をいただいております。