Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、韓国に半導体製品の販売サポート会社「Ricoh Electronic Devices Korea Co., Ltd.」を設立

2006年4月3日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、韓国における半導体ビジネスの拡大を目指し、同国における顧客サービスと販売サポートの強化を行うために、「Ricoh Electronic Devices Korea Co.,Ltd.」を4月3日よりソウル市江南地区にて開業いたします。
 同社は、韓国市場におけるリコー半導体製品の技術サポート、販売サポート、マーケティングを行うものです。製品の販売は、従来通り現地の代理店を通じて行います。
 リコーは、半導体ビジネスにおいて、日本やワールドワイドでトップクラスのシェアを持つ携帯電話向けの電源ICやPower/Audio Management LSI、リチウムイオン電池保護IC、パソコン向けのカードインターフェースLSIなどを強みとしており、韓国市場においても大手セットメーカー様をはじめ、多くのお客様にご採用いただいております。新会社の設立により、顧客密着型のサポートを強化し、韓国市場におけるさらなる成長を目指します。
<新会社の概要>
・名称 Ricoh Electronic Devices Korea Co.,Ltd. (リコー電子デバイスコリア株式会社)
・所在地 大韓民国ソウル特別市江南区大峙洞942番地 海成ビル 11階
・設立 2006年4月3日
・営業開始 2006年4月3日
・資本金 KRW80,000,000 (株式会社リコー100%出資)
・事業内容 半導体製品と関連商品の技術サポート、販売サポート、マーケティング
・代表理事 小池規行
・従業員 開業時8名