Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

世界初*の新開発バイオマストナーを採用
デジタル複合機「imagio MP 6001GP」を新発売

2009年11月11日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、デジタルモノクロ複合機の新製品として、「imagio(イマジオ) MP 6001GP」を新発売いたします。
 リコーでは、持続可能な社会の実現に向け、製品を構成する素材の見直しも企業の社会的責任であると捉えています。素材見直しにおける重要なポイントとして、新たに自然界から取り出す資源の使用量の大幅抑制と、枯渇リスクの高い資源の代替に焦点を当てています。製品の再生と並び、枯渇が予測される石油資源から再生可能なバイオマス素材への転換もこの活動の一つで、これまでにもバイオマスプラスチックを製品の一部に使用してきました。
 こうした取り組みを拡大し、この度、世界で初めて*、メーカー純正のバイオマス由来材料を使用したトナーを新開発し、新製品「imagio MP 6001GP」で採用いたします。一般的にトナー成分の約80%は樹脂で、その樹脂の材料は石油に依存しています。新開発トナー「for E(フォー・イー)トナー」は、樹脂を含めたトナー成分全体の25%(質量比)をバイオマス由来としており、これにより次の2つの点において環境負荷軽減に寄与します。
1) 使用済み用紙に印字されていたトナーの焼却によるCO2排出量抑制
※使用済み用紙の再生処理により、用紙から剥離したトナー成分を含みます。
2) 枯渇が予測される石油資源の使用量低減
バイオマストナーをいち速く製品化したことで、技術やノウハウを蓄積し、さらなる環境保全に貢献していきます。


*2009年11月11日現在、メーカー純正としては世界初
製品名 imagio MP 6001GP
標準価格(消費税別) 2,200,000円
連続コピー速度 60ページ/分(A4ヨコ)
発売日 2009年11月18日
 リコーでは、官庁や自治体、教育機関をはじめ、また民間の企業に対して、お客様が機器を使用される状況においても環境負荷の低減に寄与できるよう、imagio MP 6001GPの導入をご提案してまいります。
<for E トナーを採用するメリット>
1. カーボンニュートラルによるCO2排出量の抑制
 使用済みのコピー用紙は、再生紙にされる過程で付着しているトナーを取り除き、その上で再生されます。取り除かれたトナーは焼却処分される際にCO2が排出されますが、for E トナーの場合、トナー内のバイオマス成分が焼却される時に発生するCO2は、原材料となる植物が育つ時に、大気より吸収した量と同等であるため、地球のCO2を増加させないと言われています。現在はまだトナー中の樹脂成分の一部がバイオマス由来という構成ですが、今後は石油由来成分を100%バイオマス由来成分へ置き換えることを目指して、技術開発を進めます。
(1)植物が育つ際にCO2を吸収。 大気中のCO2を増加させないしくみ
(2)植物を原材料としてfor E トナーに加工し、使用。
(3)使用済みの用紙からトナーを取り除き、焼却処分する際は(1)で吸収した同じ量のCO2を排出。
2. 再生可能資源の採用
私たちが生活している中で、燃料やプラスチックなど多くの物の原材料として石油が使われており、石油を有効的に活用し、枯渇するペースを緩やかにすることが、未来に向けた現代社会の課題となっています。そこで植物を始めとしたバイオマス由来材料が枯渇しない再生可能資源として期待されており、それを利用して製品を作ることで、さらなる自然環境保全と快適な社会の両立を目指します。
再生可能資源の採用
<新製品 imagio MP 6001GPの主な特徴>
1. 優れた環境性能を実現
世界で初めて*1、メーカー純正のバイオマス由来材料を使用した新開発トナーを採用。これにより、CO2排出量抑制と石油資源の使用量低減に寄与します。
バイオマス由来のプラスチックを本体エンブレムのクリアカバーに使用。ライフサイクルの中で排出されるCO2の削減に貢献します。
印刷待機時に使用していた電力の一部を大容量蓄電デバイス「キャパシタ」に蓄えて効率的に活用するリコー独自の省エネ技術「HYBRID QSU」を採用。これにより、省エネモード(オフ/スリープモード)からの10秒復帰を達成しました。
*12009年11月11日現在、メーカー純正としては世界初

2. 多彩なオプションとの組み合わせで、高い生産能力を発揮
コピー速度は、毎分60ページ(A4ヨコ)と高速を実現しました。
印刷後の丁合いやステープルに加え、中とじ製本やZ折りが行える豊富な後処理オプションを用意。これまで外注していたマニュアルやカタログなどの印刷を社内で手軽に、しかも効率的に低コストで行うことが可能です。

3. 優れた操作性で、アクセシビリティにも配慮
操作部に8.5インチの大型フルカラータッチパネルを搭載。視認性が良く、優れた操作性を実現します。
NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構からカラーユニバーサルデザイン認証を取得しました。色覚の個人差を問わず、できるだけ多くの人に使いやすいよう配慮されていると認定されました。

4. カラースキャナー対応*2により、センターマシンとしての活用が可能
1パス両面同時読み取りが可能な高速カラースキャナーに対応。モノクロは片面80ページ/両面130ページ*3、カラーは片面55ページ/両面90ページ*3の高速スキャンが可能です。
スキャンしたデータはネットワーク上の共有フォルダーやFTPサーバー、Eメール宛先に直接保存・送信することが可能です。これにより、高速スキャン対応のセンターマシンとしての活用が可能です。
*2スキャナー機能はオプション
*3A4ヨコ、200dpi時

5. セキュリティに対応したファクス機能*4を搭載
ファクスのセキュリティに関するガイドラインである、FASEC1に対応しています。
ファクス番号の入力をあらかじめ設定した回数を繰り返さないと送信しない「宛先繰り返し入力」機能や、送信前に強制的に設定確認画面を表示するなど、誤送信を抑止する機能を搭載しています。さらに操作を誤って複数の宛先を指定し送信してしまうのを抑止するために同報送信を禁止することも可能です。これらのセキュリティ機能により、個人情報などの漏洩抑止に貢献します。
*4 ファクス機能はオプション
imagio MP 6001GP
imagio MP 6001GP
(オプションを装着したもの)
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。