Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、使いやすさと省エネを両立した「imagio MP 7501/6001シリーズ」など、
高速モノクロデジタル複合機3シリーズを新発売

2009年1月19日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、省エネモード(オフ/スリープモード)から10秒復帰*1を実現することで使いやすさと省エネを両立した「imagio MP 7501/6001シリーズ」など、高速モノクロデジタル複合機3シリーズを開発し、2月18日に新発売いたします。月販台数は3シリーズあわせて700台を予定しています。
製品名 imagio
MP 7501
imagio
MP 7501SP
imagio
MP 6001
imagio
MP 6001SP
標準価格(消費税別) 278万円 298万円 220万円 240万円
スキャナー・プリンター機能 オプション 標準 オプション 標準
連続複写速度(A4ヨコ) 毎分75枚 毎分60枚
製品名 imagio MP 9001 imagio MP 9001T
標準価格(消費税別) 330万円 340万円
スキャナー・プリンター機能 オプション オプション
標準給紙量 4段 (2,750枚) 3段 (4,300枚)
連続複写速度(A4ヨコ) 毎分90枚
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「imagio MP 7501/6001シリーズ」は、「imagio MP 7500/6000シリーズ」の後継機としてそれぞれ発売するもので、リコー独自の省エネ技術「HYBRID QSU」により、省エネモード(オフ/スリープモード)から10秒復帰*1を達成しました。省エネモード設定を有効にしているときでも原稿のセットやコピーの設定を行っている間にウォームアップが完了する「使いやすさと省エネの両立」を実現しており、優れた環境性能を発揮します。
      一方「imagio MP 9001シリーズ」は、「imagio MP 8000シリーズ」(2008年2月発売)の後継機で、連続複写/プリント速度を毎分90枚(A4ヨコ送り)に向上*2した一般オフィス向けモノクロデジタル複合機の最上位機種です。毎分90枚機ながら本体電源として100V(2電源)を採用し、標準消費電力量(TEC値)17.34kWhを実現しています。
  • *1従来機「imagio MP 7500 / 6000シリーズ」は30秒以下
  • *2imagio MP 8000シリーズは、毎分80枚(A4ヨコ送り)
  • <新製品の主な特徴>
    1. 使いやすさと省エネを両立し、優れた環境性能を実現しています。
    「imagio MP 7501シリーズ」「imagio MP 6001シリーズ」は、印刷待機時に使用していた電力の一部を大容量蓄電デバイス「キャパシタ」に蓄えて効率的に活用するリコー独自の省エネ技術「HYBRID QSU」を採用。キャパシタを大容量化し、より一層効率的な活用を実現することで、省エネモード(オフ/スリープモード)からの10秒復帰を達成。使いやすさと省エネを両立し、優れた環境性能を発揮。
    「imagio MP 9001シリーズ」は、毎分90枚機ながらTEC値17.34kWhを実現。

    2. カラースキャナー対応*3により、高速スキャンが可能なセンターマシンとして活用できます。
    1パス両面同時読み取りが可能な高速カラースキャナーに対応。モノクロは片面80ページ/両面130ページ*4、カラーは片面55ページ/両面90ページ*4の高速スキャンを実現。
    スキャンしたデータはネットワーク上の共有フォルダーやFTPサーバー、Eメール宛先に直接保存・送信し、利用目的や業務フローなどに合わせて最適に活用することが可能。
    *3 imagio MP 7501 SP / 同6001 SPは標準。他モデルはオプション *4 A4ヨコ、200dpi時

    3. 毎分90枚(A4ヨコ)の高速性や多彩な後処理オプションにより、高生産性を発揮します。
    「imagio MP 9001シリーズ」の連続複写/プリント速度は毎分90枚(A4ヨコ)を実現。「imagio MP 7501シリーズ」は毎分75枚(A4ヨコ)、「imagio MP 6001シリーズ」は毎分60枚(A4ヨコ)と高速。
    印刷後の丁合いやステープルに加え、中とじ製本やZ折りが行える豊富な後処理オプションを用意。これまで外注していたマニュアルやカタログなどの印刷を社内で手軽に、しかも効率的に低コストで行うことが可能。

    4. セキュリティに対応したファクス機能*5など、多彩な通信機能の拡張が可能です。
    オプションの装着により、スーパーG3やG4によるA3判ファクス送受信が可能。また、電話回線ではなくEメールの仕組みを利用したW-NET FAX機能*6やイントラネット網を活用しIPアドレスを指定して直接通信するIP-ファクス機能*7にも対応。従来のファクス送信に比べ大幅な通信コストの削減が可能。
    ファクス番号の入力をあらかじめ設定した回数を繰り返さないと送信しない「宛先繰り返し入力」機能を搭載。送信前に強制的に設定確認画面を表示することも可能。さらに操作を誤って複数の宛先を指定し送信してしまうのを抑止するために同報送信を禁止することも可能。操作ミスによる誤送信を抑止するセキュリティ機能により、個人情報などの漏洩を抑止。
    *5 オプション *6 国際標準ITU-T T.37勧告に準拠 *7 国際標準ITU-T T.38勧告に準拠

    5. カラーユニバーサルデザインに対応するなど、アクセシビリティに配慮しています。
    本体操作部に8.5インチのカラー大型高精彩液晶タッチパネルを採用。液晶タッチパネルやLEDランプは、色弱の方にも見やすく操作しやすいように配慮した色使いや配置にすることで、「カラーユニバーサルデザイン認証マーク」を取得。
    給紙トレイは、順手にも逆手にも対応した取っ手を採用し、用紙補給時の負担を軽減。
    imagio MP 7501(オプションを装着したもの)
    imagio MP 7501
    (オプションを装着したもの)
  • Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。