Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

プロダクション市場のニーズに対応する多彩な周辺機器を用意したモノクロデジタル複合機
RICOH Pro 1357EX / 1107EX / 907EX」を新発売

2009年1月8日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、プロダクション市場向けのモノクロデジタル複合機の新製品として、(1)クラス*1最高速となる毎分135枚機(A4ヨコ)「RICOH Pro 1357EX」、(2)毎分110枚機(A4ヨコ)の「RICOH Pro 1107EX」、(3)毎分90枚機(A4ヨコ)の「RICOH Pro 907EX」の3機種を新発売いたします。
 新製品は、大企業の集中コピー室、複写加工業や軽印刷業などで求められる高速・高生産性や高耐久性、高画質に加え、印刷後の紙折りやステープル、製本に対応する多彩な周辺機器を用意しています。
 カラープロダクションプリンター「RICOH Pro C900s」(2009年2月発売)とあわせた充実したラインアップにより、プロダクション市場におけるさまざまなニーズに柔軟に対応いたします。
  • *11,000万円以下のデジタル複合機において(2009年1月7日現在)
  • 製品名 RICOH Pro 1357EX RICOH Pro 1107EX RICOH Pro 907EX
    標準価格(消費税別) 750万円 580万円 380万円
    発売日 2009年2月
    販売台数 500台/年
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <新製品 RICOH Pro 1357EX / 1107EX / 907EX の主な特徴>
    1. 印刷後の紙折りやステープルなど、多彩な周辺機器オプションを用意しています。
    「リコー 2500枚フィニッシャー SR5020」を装着することで、印刷後の丁合から4ポジションのステープルや中綴じステープルが可能。さらに「リコー トリマー TR5020」により、中綴じステープル後の小口裁断が可能。
    印刷後に自動で二つ折り、三つ折り、四つ折り、Z折りなど多彩な紙折りに対応する「リコー 紙折りユニット FD5000」を用意。 (2009年春発売予定)
    印刷した用紙を5,000枚収容できる「リコー 5000枚スタッカー SK5010」を用意。2台を連結できるため、最大10,000枚を収容することが可能。
    「RICOH くるみ製本機 GB5000」を装着することで、印刷後の用紙揃えから糊付け、くるみ製本、断裁までの一連の加工を自動化。また「RICOH リング製本機 RB5000」により、パンチ穴あけやリング綴じまでを自動化。
    給紙オプションも充実。「リコー A3LCT RT5040」は3段、最大4,000枚(A3)、「リコー A4LCT RT5030」(A4ヨコ)は3段、最大5,000枚の大容量給紙が可能。

    2. 用紙対応力を強化しました。
    オプションの大量給紙トレイ「リコー A3LCT RT5040」にエアアシスト機構を採用。片面印刷時は40g/m2~300g/m2、両面印刷時は40g/m2~256g/m2までの紙厚に対応。優れた用紙搬送力を発揮。
    「imagio 手差しトレイ BY5000」を装着することで、最大330.2×487.7mm(13×19.2インチ)の用紙を最大550枚まで給紙することが可能。
    用紙の反りを矯正する「リコー デカーラユニット DU5000」を用意。
    厚紙やコート紙、ラベル紙、ノンカーボン紙、圧着紙など、さまざまな用紙に対応。

    3. 高い生産性、信頼性を発揮します。
    RICOH Pro 1357EXは、クラス最高速となる毎分135枚*2の高速コピー ・プリントを実現。A3出力速度を毎分72枚に向上(従来機は毎分68枚)。
    高い生産性を発揮し、大企業の集中コピー室、複写加工業や軽印刷業におけるオンデマンド印刷に対応。
    新たに超音波による重送検知機構を採用。高い信頼性を発揮し、印刷後の検品作業の負荷を軽減。
    *2 A4ヨコ、RICOH Pro 1107EXは毎分110枚、RICOH Pro 907EXは毎分90枚。

    4. フルカラースキャナー機能に対応することで、カラー原稿の電子化サービスが可能です。
    オプションの装着により、フルカラー/モノクロ同速の毎分80ページ*3を実現したフルカラースキャナー機能に対応。
    *3 A4ヨコ200dpi、片面読み取り時。
    カラー原稿の文字領域と写真領域を別々に処理する「クリアライトPDF」機能を搭載。従来のスキャン画像よりも大幅に軽いPDFデータに変換することが可能。
    紙文書をスキャンする際、暗号化されたPDFを作成する「暗号化PDF」機能を搭載。セキュリティ設定の手間を省き、紙文書の効率的な電子化を促進。
    RICOH Pro本体の操作だけで、ネットワーク上のWindows® OS搭載パソコンの共有フォルダーに、読み取った文書を直接保存する「スキャン to フォルダー」機能や、電子メールの添付文書*4として送信する「スキャン to E-Mail」機能を搭載。
    *4 画像ファイルは、TIFF、JPEG、PDF形式から選択できます。

    5. ワークフローを効率化する「Ridoc Publishing System」に対応しています。
    入稿された原稿を編集加工したり、印刷管理を行う「Ridoc Publishing System」に対応。プリントオンデマンド環境におけるワークフローを効率化。
    RICOH Pro 1357EX(オプションを装着したもの)
    RICOH Pro 1357EX
    (オプションを装着したもの)
  • Javaは、米国およびその他の国における米国Sun Microsystems Inc.の商標または登録商標です。
  • Microsoft、Windows、Windows NTは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe, PostScriptは米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
  • Bluetoothは、Bluetooth SIGの登録商標です。
  • Ether Talkは、米国Apple Computer,Inc.の米国ならびに他の国における登録商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)