Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー独自のGELJETテクノロジーを採用した初のA4ビジネスカラー複合機
IPSiO GX 3000SF」「IPSiO GX 3000S」を新発売
~ ハイブリッド複合機として、省コスト・省エネ・省スペースを実現 ~

2007年8月22日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、A4判対応のビジネスカラー複合機として、(1)プリンター/コピー/スキャナー/ファクスの1台4役が可能な「IPSiO GX 3000SF」と、(2)プリンター/コピー/スキャナーの1台3役の「IPSiO GX 3000S」の2機種3モデルを開発し、新発売いたします。
 新製品は、インクジェット方式とレーザー方式の優れた技術を兼ね備えたリコー独自のGELJETテクノロジーを採用しています。これまでお使いのモノクロレーザープリンターでのモノクロプリントよりも低価格でカラープリントが可能な「レベルカラー印刷」機能による「省コスト」※1や、最大消費電力が一般的なカラーレーザー複合機と比べて約1/20以下という「省エネ」設計を実現したうえ、最大1台4役による「省スペース」を実現した『ハイブリッド複合機』として、流通、金融、レンタル業などの小規模多店舗や小規模一般オフィスなどを中心に、さまざまなお客様にご活用いただけます。
  • ※1弊社オリジナルチャートを弊社のA4モノクロレーザープリンターでモノクロプリントした場合との比較。印刷コストは原稿のイラスト・グラフの比率によって変わります。またレベルカラー印刷はプリンター機能のみの対応です。Macintoshではレベルカラー印刷はできません。
  • 製品名 IPSiO GX 3000SF
    安心3年モデル
    IPSiO GX 3000SF IPSiO GX 3000S
    保証期間 1年間無償保証
    +2年間保守付
    1年間無償保証 1年間無償保証
    標準価格(消費税別) 148,000円 108,000円 85,800円
    発売日 2007年8月28日
    年間販売台数 2万台
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  リコーは「IPSiO GX 3000SF」「IPSiO GX 3000S」を発売することで、より一層充実したオフィス向けデジタル複合機のラインアップを実現しました。デスクトップタイプのカラー複合機ながら、ビジネスで活用できる高速・高画質印刷や高耐久性、安心のサポート、さまざまなドキュメントソリューション機能を搭載しており、スペースや使用電力が限られていてこれまでレーザー方式の複合機がご使用できなかったお客様や家庭用のインクジェット複合機をオフィスで使用していたお客様などに対して、幅広くご提案してまいります。
    <新製品 「IPSiO GX 3000SF」「IPSiO GX 3000S」の主な特徴>
    1. ハイブリッド複合機として、省コスト・省エネ・省スペースを実現しました。
      (1) モノクロよりも低価格でカラープリントが可能なレベルカラー印刷による『省コスト』
      リコー独自の「レベルカラー印刷」により、これまでお使いのモノクロレーザープリンターでモノクロプリントした場合より低価格で手軽にカラープリントが可能※1。文字は通常の濃度で、イラストやグラフなどのイメージは濃度を落として、読みやすいカラードキュメントの印刷を低コストで実現。
    • ※1弊社オリジナルチャートを弊社のA4モノクロレーザープリンターでモノクロプリントした場合との比較。印刷コストは原稿のイラスト・グラフの比率によって変わります。またレベルカラー印刷はプリンター機能のみの対応です。Macintoshではレベルカラー印刷はできません。
      (2) 最大消費電力は一般的なカラーレーザー複合機と比べ、約1/20以下の『省エネ』設計
      最大消費電力を大幅に低減し、一般的なカラーレーザー複合機と比べて約1/20以下となる60W以下を達成。電球並みの消費電力のため、電力使用に制限のある場所でも活用いただくことが可能。
      高速自動両面印刷※2や集約印刷機能が可能なため、1ページに複数ページを印刷することで用紙使用量を削減することも可能。
    • ※2自動両面印刷は、自動両面原稿送り装置が標準装備されているIPSiO GX 3000SFのみ対応です。
      (3) プリンター/コピー/スキャナー/ファクスの最大1台4役※3による『省スペース』
      店舗窓口やカウンター、小規模オフィスなどで使用しているプリンター、コピー、スキャナー、ファクスを集約化し、限られたスペースの中で効率良く作業することが可能。
      レンタル業の店舗窓口などで本人確認のためにお客様の免許証などの証明書をコピーしたり、スキャンして電子化する際、お客様の目の前で作業することで安心感を提供。
    • ※3IPSiO GX 3000Sはファクス機能には対応していません。
    2. ビジネスで活用できる高速・高画質印刷を実現しました。
      インクジェット方式とレーザー方式の優れた技術を兼ね備えたリコー独自のGELJETテクノロジーを採用しており、高速・高画質印刷が可能。
      カラー/モノクロともに毎分29枚(A4判縦送り)※4の高生産性を発揮。JEITA標準パターンJ6 をカラー出力※5した場合でも、毎分8.5枚(A4判縦送り)と高速。
      片面印刷後に乾燥するのを待つ必要がなく用紙を反転できるため、高速両面印刷が可能。
      写真原稿はより鮮やかに、文字はさらにくっきりと再現する普通紙高画質を実現。
      高品質で低コストの光沢紙「リコービジネスコート グロス100」に対応することで、オフセット印刷なみの高画質と高い質感を実現。小部数のオンデマンド印刷に対応。
    • ※4リコーオリジナルチャート使用時。プリント印刷品質「高速」、コピー解像度「コウソク」・原稿種類「写真」。
    • ※5プリント印刷品質「はやい」、コピー解像度「フツウ」・原稿種類「文字・写真」。
    • *印刷速度は、原稿/印刷品質等により異なります。
    ハイブリッド複合機を支えるリコー独自のGELJETテクノロジー
    • GELJETビスカスインク
      高い粘度特性と強い浸透力をもち、優れた速乾性や耐水性を実現した高発色顔料インク
    • GELJETワイドヘッド
      最小で2pl(1ピコリットル:1兆分の1リットル)のインク滴を高速・高精度に制御
    • GELJET BTシステム
      レーザープリンターで培った静電吸着ベルト技術を用いた用紙搬送システム
    3. 最大15万ページの高耐久性に加え、3年間の安心サポート※6を実現しました。
      15万ページ(または5年)の高耐久性を実現。しかも「IPSiO GX 3000SF 安心3年モデル」は1年間無償保証に加え、2年間の保守契約をセットにして提供。万一の際は、お客様先にカスタマーエンジニアがお伺いしてマシンを修復するため、ビジネスで安心してご活用いただくことが可能。
    • ※6「IPSiO GX 3000SF 安心3年モデル」の場合。「IPSiO GX 3000SF」「同GX 3000S」は1年間無償保証。
    4. 低価格ながら、ビジネスで求められる充実した機能を装備しています。
      スキャンした文書をE-mailの添付文書として送信できる「スキャン to E-mail※7」やネットワーク経由でFTPサーバーのフォルダーに送信できる「スキャン to FTP※7」など、デジタル複合機「imagioシリーズ」で提供しているドキュメントソリューション機能を搭載。
      セキュリティプリントにも対応。プリンタードライバーの設定により、用紙全体に地紋を埋め込むことで印刷した紙文書のセキュリティを確保する地紋印刷機能や不正コピーガード機能に対応しており、プリントした文書による情報漏洩を抑止。
      内蔵型のネットワークカードをオプションとして用意。ワークグループの共有プリンターとしてご活用いただくことが可能。
      インク切れや紙詰まりなどの情報をEメールでお知らせする「Eメール通知機能」を搭載。また、インク切れが近づくと画面上にポップアップ表示する「インクニアエンド自動通知」では、ポータルサイト「NetRICOH(ネットリコー)」を利用してインクを簡単に発注することも可能。
      「IPSiO GX 3000SF」は自動両面原稿送り装置を標準搭載。30枚※8までの原稿を連続でスキャンすることが可能。
    • ※7E-Mailが可能な環境が必要です。
    • ※8A4用紙69g/m2の場合。
    5. インターネットファクスやPC-ファクスなど、多彩な通信機能を搭載しています。
    (IPSiO GX 3000SFは標準。IPSiO GX 3000Sはオプション)
      電話回線を用いずインターネット経由でファクスを送信するインターネットファクス※9により、通信コストの削減が可能。
      パソコンでデータを作成し、直接相手先のファクスに送信できる「PC FAX送信」が可能。ファクス送信のためのプリントアウトや、ファクシミリまで原稿を持って行く手間とコストを削減。
      スーパーG3通信による3秒電送※10を実現。
    • ※9 E-Mailが可能な環境が必要です。
    • ※10リコー標準原稿(8×3.85本/mm:画像情報のみ)を、スーパーG3FAX(28.8kbps以上) と通信した場合。
    6. マルチ手差しフィーダーの装着により、多彩な用紙に対応します。
      オプションとして「マルチ手差しフィーダー」を用意。厚紙や封筒、ラベル紙など、多彩な用紙に対応できるため、さまざまな業種業務でご活用いただくことが可能。最大100枚の給紙が可能なため、用紙交換の手間も軽減。
      標準の250枚給紙トレイに加え、オプションに「500枚増設トレイ」や「マルチ手差しフィーダー」を用意。最大850枚の大量給紙が可能。
    IPSiO GX 3000SF
    IPSiO GX 3000SF
  • Microsoft、Windows、WindowsNTは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Macintoshは米国およびその他の国で登録されているApple Computer,Inc.の商標です。
  • CitrixとMetaFrameはCitrix System,incの商標および登録商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)