Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、新世代デジタルネットワーク融合機「imagio Neoシリーズ」のカラーモデル「imagio Neo C240/C320シリーズ」8機種を新発売
~モノクロ機なみの省スペース設計と普及価格を実現~

2002年6月10日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、ネットワークプリンター/スキャナー、ファクス、コピー機能を備えたデジタルカラー融合機「imagio Neo C240シリーズ」(カラー毎分8枚、モノクロ24枚機)、「imagio Neo C320シリーズ」(カラー毎分10枚、モノクロ32枚機)を開発し、2002年6月17日に新発売いたします。月販台数は8機種で6,000台を予定しております。
  • ファクス機能はモノクロのみ
  • 製品名 imagio Neo C240 imagio Neo C240
    モデル5
    imagio Neo C240
    モデル75
    imagio Neo C240
    モデル765
    標準価格 89万円 103万円 121万円 152万円
    プリンター機能 オプション 標準 標準 標準
    スキャナー機能 オプション オプション 標準 標準
    ファクス機能 オプション オプション オプション 標準
    製品名 imagio Neo C320 imagio Neo C320
    モデル5
    imagio Neo C320
    モデル75D
    imagio Neo C320
    モデル765D
    標準価格 99万円 113万円 145万円 176万円
    プリンター機能 オプション 標準 標準 標準
    スキャナー機能 オプション オプション 標準 標準
    両面印刷機能 オプション オプション 標準 標準
    ファクス機能 オプション オプション オプション 標準
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には消費税は含まれておりません。
  •  新製品8機種は、「imagio Neoシリーズ」のカラーモデルとして新たにラインアップするものです。紙文書と電子データを自在に変換するドキュメントゲートウエイとしてご活用いただくことで、ドキュメントの入出力から共有、管理までを効率化いたします。また imagio Neo本体からの操作だけで、読み取った紙原稿を直接電子メール(スキャン to E-Mail)できるため、情報伝達の効率化や通信コストの削減を実現いたします。「imagio Neoシリーズ」の機能や操作性を継承したことに加え、モノクロ機なみの省スペース設計や本体価格を実現することで、一般オフィスにおけるカラー機の本格的な普及を促進いたします。
    ※同じ出力スピードの比較対象機はありませんが、例えば、imagio Neo C320(カラー10枚/モノクロ32枚機)とモノクロ27枚機のimagio Neo 270を標準的な構成である自動原稿送り装置つきの4段給紙モデルで比較した場合、「C320」は「270」より高速出力が可能でありながら価格差は約1.2倍を実現。従来機imagio Color 3100 (カラー6枚/モノクロ31枚機)と「270」を同じ構成で比較した場合の価格差は約1.6倍でした。
    <新製品 imagio Neo C240/C320シリーズの主な特徴>
    1.    カラー機ながら、モノクロ機なみの省スペース設計や操作性を実現しました。
    胴内排紙による省スペース設計を実現。imagio Neo C240の各モデルとC320のベーシックモデルおよびモデル5の本体幅は550mmと、モノクロ複合機の普及モデルと同等。※imagio Neo 220/270
    imagio Neoシリーズでご好評をいただいている大型パノラマサイズ液晶タッチパネルをカラーモデルでも採用。両面コピーやステープル処理など各種設定も、わかりやすいイメージアイコン一覧から選択して行うことが可能。

    ネットワークカラースキャナー機能
    (C240 モデル75/765、C320 モデル75D/765Dは標準搭載)

    1.     カラー原稿を直接電子メールで送信できるため、効率的な情報伝達を実現します。
    imagio Neo C240/C320本体からファクス感覚の簡単操作で、カラー原稿を電子メールに添付し、画像ファイル※1 として直接送信することが可能。専用の配信サーバー※2は不要なため、手軽に活用することが可能。
    赤ペンで修正した原稿やチラシなどをそのままカラーで送信できるため作業効率を向上。カラーならではの視認性・訴求力を発揮。
    遠隔地や複数宛先へのファクス送信業務を、電子メールに置き換えることで、通信費を大幅に削減※3することが可能。
    ※1 画像ファイルは、TIFF、JPEG、PDF形式から選択できます。
    ※2 電子メールできる環境は別途必要になります。
    ※3 ADSL等の通信費固定の常時接続や既存のメール環境を使用した場合

    2.      カラーの紙文書の電子化が手軽に行なえるため、情報共有・活用を促進します。
    コピー感覚の操作で簡単ペーパーレスを実現する「ドキュメントボックス」に対応。
    フルカラー毎分23枚(A4ヨコ/200dpi/非圧縮)、モノクロ毎分42枚(A4ヨコ/200dpi/文字)の高速読み取りを実現。
    スキャンした原稿をネットワーク上のパソコンの任意のフォルダに配信することが可能。簡単・効率的な情報共有を実現。
    ※C240 モデル75/765、C320 モデル75D/765Dおよびスキャナーユニットに同梱の配信ユーティリティ「Ridoc Document Router Lt」を使用
    文書管理ソフト「Ridoc Document Server」「Ridoc Document Server Pro」とシームレスな連携を実現し、高度な文書共有・管理が可能。ナレッジマネジメントを促進。※別売

    ネットワークカラープリンター機能
    (C240 モデル5/75/765、C320 モデル5/75D/765Dは標準搭載)

    1.     高速コントローラーにより、快適なカラー出力を実現します。
    連続出力速度は、「C320」がカラー毎分10枚/モノクロ毎分32枚、「C240」は、カラー毎分8枚/モノクロ毎分24枚。※A4ヨコ
    コントローラーには64bit RISC CPUや高速BUSメモリーを採用。高速データ処理を実現。
    簡単にカラードキュメントを作成できるカラーリーフレット作成ツール「Append Lt?(お試し版)」を標準同梱。報告書や商品台帳のほか、カタログやチラシなどを簡単に作成しカラー出力することが可能。内作化を進めることで業務効率を向上。

    2.    オプションで無線LANに対応するなど、最新のネットワーク環境で使用できます。
    100Base-TXに対応した高速ネットワークボードを標準装備。IPPをはじめとしたマルチプロトコルに対応。 ※TCP/IP、NetBEUI、IPX/SPX、IPP、Ether Talk に対応
    オプションによりIEEE802.11bに準拠した内蔵型無線LANカードに対応。ケーブルなしで接続できるため、レイアウトフリーで快適なプリンティング環境を実現。

    3.     マルチプラットフォーム環境に対応しています。
    最新プリンター言語「RPCS」を採用。Windowsに最適化した描画処理性能とリコー独自の画像処理技術により、グラフィックス処理やイメージ処理でも高速性を発揮。
    オプションにより、純正PostScript3に対応。PDFファイルの高速出力が可能。電子化されたマニュアルや仕様書などの出力に威力を発揮。また、業界標準のCADプロッタ言語HP-GL/2に対応したカラーRP-GL/2の拡張も可能。
    IBM5577エミュレーションなどの拡張も可能なため、Windows環境はもちろん、CAD、UNIX、Macintosh、さらにIBMホストからの出力まで幅広く対応。
    ※オプション。モノクロ出力のみ対応

    4.   ソート、ステープル印刷により、カラー資料を効率的に作成できます。
    オプションのフィニッシャーを装着することで、丁合や仕分け、ステープルまでを自動処理。

    5.     簡単・快適操作を実現します。
    (1)簡単操作のWindowsドライバー
    (Windows95/98/Me、Windows NT4.0/2000、WindowsXP対応)
    複雑な後処理の設定も、イラストで仕上がりイメージを確認しながら直感的に操作が可能。両面に集約印刷するなど、よく使う設定をアイコン化して登録できるため、アイコンの1クリック選択で設定が可能。
    (2)ネットワークアプライアンスを高める各種ユーティリティーを同梱
    「Ridoc IO Navi」により、サーバーなしでLAN上のimagio Neoにダイレクト出力が可能。プリンターの状態表示や印刷完了通知のほか、代行印刷機能や並行印刷機能にも対応。また「Ridoc IO Admin」により印刷枚数管理や機能の利用制限を実現。

        スーパーG3ファクス機能
    (C240 モデル765、C320 モデル765Dは標準搭載)
    33.6Kbpsモデムの搭載により、スーパーG3通信を実現。オプションにより、JBIG 通信やG4通信にも対応。メモリー読み取り速度も約1.11秒(A4タテ)と高速。
    増設G3ユニットとG4ユニットの装着することにより、最大3回線(G3×2+G4×1)による同時通信が可能。生産性を大幅に向上。
    Windows※1で作成したデータをそのままファクス送信できるPC FAX機能※2に対応。
    ※1…Windows95/98/Me、Windows NT4.0/2000 ※2…FAXユニットに加えプリンターユニットが必要

          コピー機能
    ファーストコピーは8機種ともモノクロ7.8秒、カラー18秒以下。連続コピーは「C320」が毎分モノクロ32枚、カラー10枚、「C240」は毎分モノクロ24枚、カラー8枚。 ※A4ヨコ
    片面原稿の1to1両面コピーの高速処理を実現。集約コピーと合わせ、用紙の節約を促進することが可能。
    フルカラーの複数ページ原稿でもメモリーソートや回転ソートが可能。
    カラー原稿を2色の連続階調で再現する「2色コピー機能」、ドキュメントの重要性や機密性を高める「カラースタンプ機能」を搭載。シングルカラーや2色コピーはモノクロ出力と同じ保守料金なため、より低コストでカラー出力を実現。
    ※ドキュメントボックスHDキットが必要
    仕分け、ステープルを自動化する「imagioフィニッシャー SR13」や、簡易タイプの「imagioフィニッシャー SR2」をオプションに用意。用途に合わせて選択が可能。

        塩化ビニル、鉛の大幅な削減を実現するなど、環境に配慮した製品です。
    塩化ビニルを使用しない電線・配線などを採用することで、塩化ビニルの使用率を大幅に削減。GPNデータベース※1の「配線被覆類への塩ビの使用」項目においても業界トップクラスとなる「ランク?」に適合。
    プリント基板の実装のための鉛はんだやクロム含有亜鉛メッキ鋼板の使用も大幅に削減。化学物質による環境影響※2に配慮。
    グリーン購入法や国際エネルギースタープログラムに適合※3
    ※1…GPNデータベースは、グリーン購入ネットワークで定められているガイドラインをもとに各社が登録するデータベースです。今回の新製品に関しては2002年7月以降に掲載予定となっております。
    ※2…塩化ビニル、鉛、クロムともに製品使用時にお客様の人体に影響を及ぼすことは全くありませんが、製品の廃棄段階で適正な処理がなされないと環境影響を及ぼします。
    ※3…imagio Neo C240 モデル5、モデル75、モデル765、imagio Neo C320 全モデルが適合
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • imagio Neo C320
    imagio Neo C320
    (オプションを装着したもの)

    このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)