Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、環境に配慮したジアゾ感光紙を新発売

2000年12月11日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、ジアゾ感光紙の新製品として環境に配慮した「リコピージアゾ感光紙 N-90R」「同 N-90E」「同 N-SDF」「同 N-SDE」を新発売します。
 新製品は、従来製品と異なり、世界で初めて中性紙を原紙として使用しているため、通常のコピー用紙などと同じ再資源化工程で、OA用紙として再資源化することが可能になりました。さらに原紙そのものも100%古紙を使用した環境配慮型の製品です。しかも従来製品と同等の価格を実現しました。今回発表する製品を皮切りに2001年9月末までに当社のジアゾ感光紙全製品を中性紙原紙を使用したものに切り替える計画です。
製品名 リコピージアゾ感光紙 N-90R、
同 N-90E、同 N-SDF、同 N-SDE
標準価格 12,680円/冊(250枚入)
(リコピージアゾ感光紙 N-90R厚口 A1サイズ)
発売日 2001年1月15日
販売量 1,300トン/月(A1用紙で約13万冊)
  • *このニュースリリースに掲載されている価格には、消費税は含まれておりません。
  • *主な製品および価格はこちらに掲載しています。
  •  青焼き用ジアゾ感光紙は、コピー寸法の再現性が高く、官公庁、建築・機械の設計、服飾デザインなどの分野で、特に広幅図面用に根強い需要があります。
     これまで、ジアゾ感光紙はアルカリ性になることで発色する塗布剤を使用しているため、保存性を確保するために、原紙として酸性紙を使用しなければならないとされてきました。ジアゾ感光紙は、中性紙を原紙とする他のOA用紙に比べ流通量が少ないため、使用済み用紙の効率的なリサイクルができません。そのため、新聞用紙、ティッシュペーパー、トイレットペーパーなどにしか再生することができていない点がジアゾ感光紙の環境対応上の課題となっていました。当社では中性紙を用いることを前提として研究開発を実施、新製品を開発いたしました。
    <新製品の価格>
    製品名 形態 サイズ 標準価格
    リコピージアゾ感光紙
    N-90R厚口
    カット紙 A1 12,680円/冊
    A2 6,340円/冊
    A3 3,170円/冊
    A4 1,580円/冊
    ロール紙 800mm×100m 5,570円/本
    594mm×100m 4,550円/本

    リコピージアゾ感光紙
    N-SDF厚口
    カット紙 A1 13,170円/冊
    A2 6,580円/冊
    A3 3,290円/冊
    A4 1,650円/冊
    ロール紙 600mm×50m 3,060円/本
    440mm×50m 1,950円/本
  • 1冊=250枚
  • リコピージアゾ感光紙N-SDF
    リコピージアゾ感光紙N-SDF