Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

毎分105枚、2台連結で210枚の高速出力を実現するオンデマンド・プリンティング・マシン
イマジオ最上位機「イマジオ MF105Pro」を新発売

2000年6月5日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、デジタル複合機の新製品として、汎用デジタル複合機で最高速となる毎分105枚※1の高速連続コピー/プリント※2を実現したイマジオシリーズの最上位機「イマジオ MF105Pro」を開発し、新発売いたします。「MF105 Pro」は、2台を連結することで世界最高速※3となる毎分210枚の高速連続コピーを実現します。
 新製品「イマジオ MF105Pro」は、高速出力に加え、高画質、高耐久、さらに丁合いから中綴じ製本(オプション)までの高度な後処理が可能なため、近年高まっている多品種少量印刷ニーズに対し、スピーディに対応することが可能です。複写サービス業者様やビジネスコンビニ様、軽印刷業者様はもちろん、一般オフィスにおいても、マニュアルや仕様書などお客様向けの大量の印刷物を、高速、高品質に、しかも手軽に作成できるオンデマンド・プリンティング・マシンとして、幅広くご提案してまいります。
製品名 イマジオ MF105Pro
標準価格 750万円
発売日 2000年6月20日
月販台数 500台/年
  •  このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • ※1連続出力スピードは、A4判ヨコ出力時
  • ※2オプションのプリンタユニット装着時
  • ※32000年6月5日現在
  •  新製品「イマジオ MF105Pro」は、また、面付けやノンブル付けなどの編集機能、表紙・合紙の挿入など、印刷業務で必要となる高度で多彩な機能を搭載しながら、デジタル複合機ならではの簡単な操作性を実現しております。しかも毎分100枚を超える高速デジタル機でありながらコンパクトで低価格を実現しています。
    <イマジオ MF105Proの主な特徴>
  • 1.汎用デジタル機で最高速のコピースピードを実現しました。
    • (1)片面毎分105枚、両面毎分105ページの高速連続コピースピードを実現
      • 4ビームレーザー光学ユニットによる4本のレーザー光線での同時書き込みによって、毎分105枚(A4ヨコ)の高速連続コピースピードを実現。ファーストコピータイムも2.9秒と高速。
        • A4判ヨコ、第1トレイ、本体フェースアップ出力時
      • ノンスタック方式の4サイクル両面コピーにより、片面コピーと同速の毎分105ページの高速両面コピーを実現※A4判ヨコ、2部目以降
      • 1to1コピーも毎分72枚(A4ヨコ)と高速。一度のスキャンで複数部数のコピーが行えるため、大事な原稿を傷つけることが無く、確実なコピー作業が可能。
      • 最大10件までの予約コピーが可能。マシンが稼働中でも原稿を読み取り、マシンを止めることなく予約順にコピーするため、高生産性を発揮。
    • (2)2台を連結することで、世界最高速となる毎分210枚の高速連続コピーを実現
      • オプションの連結コピーキットの装着により「MF105Pro」2台を連結することで、世界最高速となる毎分210枚(A4ヨコ)の高速連続コピーを実現。通常は2台のマシンでそれぞれの作業を、必要に応じてワンタッチで連結モードの選択が可能。
  • 2.高速ネットワークプリンターとして、オンデマンド・プリンティングを実現します。
    (オプションの「プリンタユニットタイプV」「拡張ユニットタイプV」の装着が必要)
    • (1)高速エンジンとEXコントローラーにより、電子原稿の高速出力が可能
      • 連続プリントスピードは、コピーと同速の毎分105枚(A4ヨコ)。複数部数の印刷時は、本体のハードディスクにデータを蓄積することで、2部目以降はエンジン速度をフルに活かした高速連続印刷が可能。
      • オプションのプリンターユニットには、64bit RISC CPUを搭載した「EXコントローラー」を採用。I/Oコントロールと画像処理を行う「R2(アールツー)アクセラレータチップ」や高速SDRAMの搭載により、高速データ処理が可能。
    • (2)幅広いシステム環境に対応しており、さまざまな出力業務での活用が可能
      • Windowsからの出力に加え、オプションを装着することにより、UNIXやMacintosh環境、TIFFイメージファイルのダイレクト出力などに対応。
      • 会議資料など、オフィス文書の大量出力から基幹業務の定型印刷、さらに電子化した図面の出力など、さまざまな出力業務に対応。
      • 出力サービス業者様では、FDやMOなど、電子メディアでの原稿持ち込みにも対応。
    • (3)標準添付のユーティリティーソフトの「PortNavi」により、分散印刷を実現
      • 「PortNavi」により、多部数印刷時に複数のMF105Proでの「分散印刷」が可能。
        電子データも倍速プリントできるため、急な大量出力にも余裕で対応。
  • 3.印刷業務で必要となる高度な機能を実現します。
    • (1)面付けやノンブル付けなどの編集機能を搭載
      • 週刊誌綴じなどさまざまな面付けが簡単に行えるうえ、裏表を別々に調整してとじしろを設定することが可能。
      • 複数原稿のコピーに便利なページ印字機能を豊富に搭載。多彩なノンブル付けに対応。
    • (2)丁合いから中綴じ製本まで、多彩な後処理を実現
      • 「100枚ステープルフィニッシャー」(オプション)により、1部につき2~100枚までの丁合い、仕分け、ステープル、パンチ穴あけ※1が可能。1部目をステープル中に2部目をスタックするプレスタック機構により、ステープル時も毎分105枚※2の高生産性を発揮。
      • ※1…オプション ※2…A4ヨコ、1ヶ所ステープル時
      • 中綴じ製本がオンラインで行える「オンライン中綴じ製本機」をオプションに用意。面付けから製本までを効率的に処理。
    • (3)コピーサーバーにより紙文書と電子文書をひとまとめにして蓄積・出力できます。
      • 本体のハードディスクに約4,900枚の原稿を蓄積できるコピーサーバー機能を搭載。両面/片面、ステープル、とじしろなどの設定内容ごと原稿を蓄積できるため、リピートオーダーにも迅速に対応。
        • ITU-T NO.4チャート 黒字率10.51%時
      • 紙原稿や電子原稿をコピーサーバーでひとまとめにして保管できる文書結合機能を搭載。コピーサーバー上で文書の順番を並べ替えることも可能。
      • 専用CD-R/RWドライブを外部記憶装置として利用し、原稿およびコピー設定内容をまとめてバックアップすることが可能。リピートオーダー時の再出力が容易なうえ、CD-RやCD-RWを介して別な場所にある「MF 105Pro」で出力することも可能。
  • 4.大量コピーに対応します。
      • 最大6ウェイ、8,300枚の多段大量給紙を実現。標準で3ウェイ3,300枚、さらにオプションの大量給紙トレイによって3ウェイ5,000枚を給紙。用紙補給の手間を軽減。
      • トナーを2本同時にセットできるため、大量コピーに対応。マシン稼働中にトナーボトルを交換することも可能。
      • 本体1段目のオートタンデムトレイには、A4サイズを1,100枚×2セット収納可能。コピー中でも用紙補給が可能。
      • 一度に100枚の原稿をセットできる自動両面原稿送り装置を標準装備。さらに大量原稿モードにより原稿の追加が可能なため、最大1,000ページまでを1ジョブとして処理することが可能。
      • 最大連続コピー部数は9,999部。大量部数のコピーも一度の操作で実現。
      • 極太本体フレームや水冷式冷却ローラーなどにより、高耐久性を実現。
  • 5.600dpiの高画質コピー/プリントが可能です。
      • スキャナー解像度の向上により、600dpi/256階調の高画質コピーが可能。デジタルならではの美しい仕上がりを実現。
      • プリンター機能拡張時も標準でリアル600dpiの高画質出力。

  • その他の特徴
    • 試しコピー機能を搭載。大量コピー/出力時に、まず1部出力して仕上がりを確認し、イマジオ本体からの指示で、残りの部数の出力が可能。確実で効率的な作業を実現。
    • 優れた用紙対応力を実現。157g/m2(135kg)までの用紙で両面コピーが可能。オプションの大量給紙トレイからは210g/m2(180kg)までの用紙でコピーが可能。
    • 操作性と視認性に優れた角度調整付き10.4インチ大型カラー液晶タッチパネルを採用。
    • リサイクル設計や省エネルギー設計を実現するなど、環境にも配慮。
  • イマジオ MF105Pro
    イマジオ MF105Pro
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。