Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、低価格ながら高性能を実現したネットワーク対応デジタル複合機
「イマジオMF1530シリーズ」4機種を新発売

1999年4月19日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、プリンター/ファクシミリ/コピーの1台3役への拡張が可能なデジタル複合機の新製品として、低価格ながら上位機なみの高性能・高画質を実現した「イマジオMF1530シリーズ」4機種を開発し、新発売いたします。
製品名 イマジオMF1530 イマジオMF1530
モデル5
イマジオMF1530
モデル6
イマジオMF1530
モデル65
標準価格 56万8千円 65万8千円 67万8千円 76万8千円
プリンター機能 オプション 標準 オプション 標準
ファクス機能 オプション オプション 標準 標準
発売日 1999年4月21日
月販台数 4,000台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には消費税は含まれておりません。
  • 連続コピースピードは、A4ヨコの原稿を連続でコピーした場合のスピードです。
  • 標準価格には、圧板は含まれておりません。また、本体及びオプションには別途設置料金がかかります。
  •  新製品「イマジオMF1530シリーズ」は、幅550mm※というコンパクトさに加え、高さも460 mm※とデスクトップへの設置も可能なデジタル複合機です。高画質600dpiのコピー機能に加え、プリンター機能では、64bitコントローラーの搭載や2400dpi相当×600dpiの高画質出力、高速100Mネットワーク対応、さらにファクシミリ機能では、スーパーG3による高速電送や回転送受信機能を搭載するなど、上位機なみの高性能を実現しております。
    ※ベーシックモデル、モデル5の場合 (高さはコンタクトガラスまで) 。モデル6/65は、幅560mm、高さ617mm
    <イマジオMF1530シリーズの主な特徴>
  • プリンター機能(オプション。モデル5/65は標準搭載)
    • 1.64bit RISC CPU(133MHz)採用による高速データ処理
      • コントローラーは上位機※1と同等の64bit RISC (133MHz)を採用し、高速データ処理を実現。
      • 独自のデータ圧縮方式やスキャンラインコマンドを採用。特にグラフィックやイメージデータでは、従来機※2と比べ、最大で3倍速を実現。
      • ※1イマジオMF2700シリーズ ※2イマジオMF-p150
    • 2.2,400dpi相当×600dpiの高画質出力
      • 600dpiのエンジン解像度に加え、ウルトラスムージング技術により、2,400dpi相当×600dpiの高画質出力を実現。
    • 3.FAX融合機能や集約印刷により用紙コストを削減
      • FAX融合機能※を搭載。Windowsで作成したデータをそのままファクス送信できるため、用紙コストを削減するとともに業務効率を向上。
      • 最大4枚(A4判)の原稿を片面1枚(A4判)に縮小して印刷することが可能。
      • プリント後の丁合い作業を自動化するソートプリントや回転ソートプリントが可能。
        • MF1530モデル65。またはFAXセットとプリンターユニット拡張時
    • 4.高速100Mネットワークに対応
      • 100Base-TXと10Base-Tを自動切換えできるネットワークボードをオプションに用意。
      • Windows95/98、Windows NT4.0からTCP/IPまたはNetBEUIでダイレクトに高速出力できる「Multi Direct Print」を標準添付。
      • 高機能な管理ツール「Ridoc Manager」を同梱。クライアントごとの出力枚数のカウントやクライアントからのプリンターの状況確認、管理者によるプリンター設定が可能。新たにネットワーク上のパソコンから、MF1530本体のファクス通信管理レポートの確認やファクスの宛先登録が可能。
    • 5.Windowsはもちろん、DOSやCADなど多彩な環境に対応
      • 標準でRPDL(リコープリンター用のPDL)やPC-PR201H、ESC/Pを装備。またオプションにより、HP-GL/2、HP-RTL、HP-GLでのCAD出力が可能。

  • FAX機能(オプション。モデル6/65は標準搭載)
    • 1.スーパーG3による高速電送を実現
      • 一般の加入電話回線で3秒台の高速電送※1が可能。オプションのJBIG圧縮方式により、高速の2秒台電送を実現。
      • メモリー入力時は、A4タテ原稿を約1秒※2の高速読み取りが可能。高速電送とあわせ、スピーディな送信作業を実現。
        • 1リコー標準原稿(8×3.85本/?:画像情報のみ)を、スーパーG3FAX(28.8kbps以上) と通信した場合。
        • 2 ふつう字、小さな字の時
    • 2.回転送受信、集約受信など、多彩な機能を搭載
      • 「回転送信」機能を装備。A4サイズの原稿をヨコ向きにセットしても、読み込んだ後、メモリー上で90度回転し、A4タテとして送信するため、読み取り時間を短縮。
      • 送信されてきた原稿サイズに合わせて適切なサイズで受信する「回転受信」が可能。
      • 用紙の無駄をなくす「集約受信」機能を装備。A4ヨコ2枚をA3タテ1枚、B5ヨコ2枚をB4タテ1枚のように、2枚分をまとめて1枚に出力するため、用紙を節約

  • コピー機能
    • 1.600dpi、256階調の高画質コピーが可能
      • 高解像度600dpi読み取り、600dpi書き込みにより、細かい文字も鮮明にコピー。写真原稿などのハーフトーン部も256階調処理によりリアルに再現。
    • 2.快適コピーを実現
      • ファーストコピー6.5秒、連続コピー15枚/分。※A4ヨコ
        (当社従来機「イマジオ130」は、ファーストコピー8.5秒、連続コピー13枚/分)
      • 回転コピー/回転縮小コピー機能を標準搭載。原稿のセット方向にかかわらず、用紙の方向に合わせ、画像をメモリー上で回転させて出力。A3判からA4判への縮小時もA4ヨコでコピーできるため高生産性を発揮。

  • 環境対応
      • 一定時間操作しない場合に電源を切るオートオフ機能や低電力モード機能を装備するなど、国際エネルギースタープログラムに適合。
      • リサイクル設計への対応や感光体トナーキットのリサイクルなど、環境に配慮。
  • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • イマジオMF1530 モデル65
    イマジオMF1530 モデル65
    (オプションを装着したもの)