Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、地球環境にやさしい高速複写機7機種を新発売
「リコーリサイクルラベル制度」もスタート

1998年11月9日
株式会社リコー

新製品は、次の7機種です。
◆回収した機械の再生処理により、質量比で最大約60%のリサイクルパーツを採用し新品として再製造した高速PPC3機種
 •連続コピースピードが毎分82枚(A4判ヨコ)の 「スピリオ8210 RM」
 •同72枚で4ウェイ給紙の 「スピリオ7210F RM」
 •同72枚で3ウェイ給紙の 「スピリオ7210T RM」
◆環境対応と信頼性を向上した高速PPC4機種
 •連続コピースピードが毎分70枚で3ウェイ給紙の 「スピリオ7010T」
 •同70枚で4ウェイ給紙の 「スピリオ7010F」
 •同60枚の 「スピリオ6010」
 •同50枚の 「スピリオ5010」
 リコーはこれまで、環境にやさしい製品を積極的に提供してまいりました。  企業、お客様、地方自治体などで組織する非営利団体「グリーン購入ネットワーク」が、環境に負荷の少ない商品を購入するためのガイドとして作成している「商品選択のための環境データブック(1998年10月版)」に、再使用部品使用製品としてリストされているリコー複写機は49機種を数えます。
◆リコーリサイクルラベル制度をスタート
 リコーは、独自の高度なリサイクル基準を設け、その基準を満たした製品にラベルを貼付する新制度「リコーリサイクルラベル制度」をスタートさせました。新製品のスピリオRMシリーズ3機種は、この基準に適合しています。既存製品で同基準を満たすものには、連続コピースピード毎分105枚(A4判ヨコ)の「スピリオ105BB(1997年2月17日発売)」と、同毎分50枚の「スピリオ5000RM(1997年10月13日発売)」があり、現時点でリコーリサイクルラベル貼付製品は全5機種となります。