Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、高速出力を実現したカラー複写機用プリントサーバー「FieryVH」を新発売

1997年10月20日
株式会社リコー

  株式会社リコー(社長:桜井正光)は、デジタルフルカラー複写機「プリテール600シリーズ/同500シリーズ」をネットワークプリンターとして使用するためのカラープリントサーバーの新製品として、従来機と比べ、約1.5倍の高速出力と約35%の低価格化を実現した「FieryVH」を新発売いたします。

製品名 FieryVH
標準価格 260万円(144MBモデル)
380万円(272MBモデル)
発売日 1997年10月20日
月販台数 100台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には消費税は含まれておりません。
  •  新製品は、「FieryV3」(1996年8月発売、128MBモデル:400万円、256MBモデル:590万円)の後継機として発売するもので、米国EFI社(正式名称:Electronics for Imaging,Inc. 本社:カリフォルニア州、社長:ダン・アビダ氏)が製造したものです。
    <FieryVHの主な特徴>
  • 1.従来機と比べ、約1.5倍の高速出力を実現しています。
      • メインCPUは、200MHzのRISC CPUを搭載することにより、従来機「FieryV3」と比べ、約1.5倍の高速データ処理を実現。また従来機同様に、入出力処理やネットワーク処理などを受け持つCPUとして「Fiery XJRipchips」を採用。メインCPUは画像処理に専念できるため、フルカラーの大容量データを高速に出力することが可能。
      • 複数のページバッファを採用しており、複数データの出力指示において1枚目のデータのプリント処理中に2枚目のデータのページ処理をする「RIP-While-Print」機能を搭載。

  • 2.より多彩なネットワーク環境での利用を可能にしました。
    • (1) 100BaseT対応の高速ネットワーク環境への接続を実現。
      • オプションの100BaseT対応のネットワークボードを装着することにより、高速データ転送が可能な100BaseTのネットワーク環境への直結を実現。
    • (2)PC9800シリーズを加えたマルチプロトコル、マルチプラットホームに対応。
      • AppleTalk(EtherTalk)、TCP/IP、SPX/IPX(NetWare)のマルチプロトコルに対応。
      • MacintoshやWindows(3.1/95/NT)、UNIXなどが混在するネットワーク環境で利用することが可能。
      • 新たに、NEC社PC9800シリーズ※1への対応を実現することで、より一層柔軟なネットワーク構築が可能に。
    • (3)いつでも出力操作が行えるスプール機能を搭載。
      • 出力データをハードディスクにスプール(蓄積)可能なため、出力のバッティングを気にすることなく、いつでも印刷の指示が可能。データ転送後、出力を待つことなくクライアントを解放。
        • ※1・・・Windows95/NTのみの対応となります。
  • 3.ネットワークスキャナー機能を搭載しております。
      • ネットワークスキャナー機能を搭載しており、プリテールで読み取った画像を取り込むことが可能。ネットワーク上のクライアント※2からも利用が可能。
      • Photoshopプラグイン機能による画像取り込みに加え、新たにTWAINに対応※3。
        TWAIN対応のアプリケーションから、直接画像を取り込むことが可能。
        • ※2・・・Windows3.1、UNIXからは利用できません。
        • ※3・・・98年1月以降対応予定。

  • 4.常に安定した高画質をご提供します。
      • 同梱のキャリブレーションユーティリティで出力の微妙な色あいを調整し、保管することが可能。各クライアントのプリンタードライバー上で選択し、いつでもその色あいを再現することが可能。
      • プリテール600シリーズの場合、プリンターモードでの自動階調補正機能を搭載しており、プリテール自身の簡易色調整、もしくは効率的なキャリブレーションに活用が可能。

  • 5.Fiery Web Tools機能により、使いやすい環境を提供いたします。
      • インターネットや社内イントラネットからFieryVHのリモート管理が可能。汎用WWWブラウザ(NetscapeNavigator等)から、FieryVHのステータス確認、ジョブの管理、プリンタドライバーやユーザソフトウエアのインストールが可能。

  • 6.ハイエンド仕様のフルカラープリンターとしてご利用いただけます。
      • プロフェッショナルユースでは必須とされている、アドビ社の純正ポストスクリプトレベル2(CPSI)を搭載。
      • 日本語12書体(モリサワ)、欧文39書体のフォントを標準搭載。
      • 内蔵のハードディスク(2.1GB)に市販のフォントをダウンロードすることも可能。
      • A3判、400dpi、CMYK色256階調(フルカラー)の出力が可能。
      • 版ずれを防止するオーバープリント、トラッピングなどの高度な機能に対応。
  • FieryVH(設置例)
    FieryVH(設置例)