Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

高画質、多機能なフルカラーPPC2機種を新発売
・カラーディスプレイエディターを搭載した「プリテール660」
・高画質を追求したベーシックモデル「プリテール610」

1997年7月10日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、高画質、多機能なデジタルフルカラーPPC(普通紙複写機)の新製品として、(1)カラーディスプレイエディターを本体に搭載した「プリテール660」、(2)高画質を追求したベーシックモデル「プリテール610」の2機種を開発し、新発売いたします。
 また同時に、プリテール600/500シリーズ用の高機能、低価格なカラープリントサーバーとして「Fiery VE」を新発売いたします。
製品名 プリテール660 プリテール610 Fiery VE
標準価格(消費税別) 260万円 220万円 188万円
発売日 1997年7月22日
月販台数 1,000台 100台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には消費税は含まれておりません。
  • 標準価格には、感光体、現像剤は含まれておりません。
  • <プリテール660、プリテール610の主な特徴>
  • 1.リコー独自のカラー画像処理技術(RPIPS-
    )に加え、多彩な原稿モードを搭載することにより、高画質を実現します。
      • インクジェットプリンターで出力した原稿をコピーするのに最適な「インクジェット原稿モード」や、蛍光ペンで色分けした書類のコピーでも色の違いを強調して出力する「蛍光ペン原稿モード」を新たに搭載することにより、合計8種類の原稿モードを用意。
      • それぞれの原稿にあわせて最適な色補正係数※を設定したさまざまな原稿モードを搭載することにより、優れた色の再現性を実現。
        • 色を再現する際のY、C、M、K各色のトナーの割合を決定する値。
      • 従来機で好評のリコー独自のカラー画像処理技術「RPIPS-
        ※」を継承。文字と写真の分離を高度に行う分離アルゴリズムや、高解像度のRGBフィルターの採用などにより、優れた再現性を実現。
        • RICOH Preter Image Processing System-
          の略

  • 2.カラーディスプレイエディターを搭載しており、カラー編集が簡単に行えます。(プリテール660のみ)
      • 読み取った原稿のイメージを、カラーで表示できる液晶ディスプレイエディターを搭載。
      • 編集エリアの指定を、ディスプレイ上でペン入力とカーソル入力を併用することにより、すばやく精密に行うことが可能。グラフなど、さなざま図形を用いた原稿のカラー編集も、簡単な操作で可能。
      • 編集後のコピーイメージがカラーディスプレイ上で確認できるため、迅速かつ効率的に編集作業が可能※。
        • ディスプレイに表示できる編集内容は、ペイント、アンダーカラー、フレームライン、カラーライン、内消去、外消去です。

  • 3.多彩な編集機能を搭載しています。(プリテール660のみ)
      • 白黒原稿の任意の位置に他の画像をはめ込んでコピーする「はめ込み合成」や、画像の輪郭だけをコピーする「中抜き」、原稿全体または指定したエリアをくり返しコピーする「リピート」などのクリエイト加工機能を搭載。
      • 指定した部分を塗りつぶす「ペイント」、コピーの下地に色をつける「アンダーカラー」、原稿の中の特定の色を他の色に変換する「カラー変換」など、多彩なカラー加工機能を搭載。

  • 4.カラーレーザープリンターとして使用できます。
      • パソコンとの接続には、アドビ社の純正ポストスクリプトレベル2(CPSI)を搭載した最上位機「Fiery V3」や今回発売の「Fiery VE」、ポストスクリプト互換のリコースクリプトを搭載した「プリテールコントローラー タイプB」を用意。高速・低価格を実現した「Color Exprinterキット/AT32(E)」を含め、幅広いラインアップでお客様のカラープリントニーズに対応。
  • <Fiery VEの主な特徴>
  • プリテール600/500シリーズ用の低価格プリントサーバーとして、プロフェッショナルから一般オフィスまで幅広くご利用いただけます。
      • プロフェッショナルユースでは必須とされている、アドビ社の純正ポストスクリプトレベル2(CPSI)を搭載した上、80MBのメモリーを搭載しながら188万円の低価格を実現。
      • A3判サイズのフルカラーデータを、CMYK各色256階調の高画質、400dpiの高解像度で出力することが可能。
      • 日本語5書体(モリサワ)、欧文39書体のフォントを標準搭載。
      • 内蔵のハードディスク(2GB)に市販のフォントをダウンロードすることも可能。

  • 2.高速CPUと複数データの並行処理により、高速処理を実現しています。
      • メインCPUはMIPS社製133MHzのRISCプロセッサーを搭載。また、入出力処理やネットワーク処理などを受け持つCPUとして「Fiery XJ Ripchips」を採用。これにより、メインCPUは画像処理に専念できるため、フルカラーの大容量データを高速に出力することが可能。
      • 複数データの出力指示において1枚目のデータのプリント処理中に2枚目のデータのページ処理をする「RIP- While-Print」機能を搭載。※最大A4判まで対応。

  • 3.多彩なネットワーク環境での利用が可能です。
      • AppleTalk(EtherTalk)、TCP/IP、SPX/IPX(NetWare)のマルチプロトコルに対応。MacintoshやUNIX、Windowsパソコンなど、さまざまなコンピューターが混在するオフィスでも柔軟にネットワークの構築が可能。
      • 出力データをハードディスクにスプール(蓄積)可能なため、出力のバッティングを気にすることなく、いつでも印刷の指示が可能。
      • ネットワークスキャナー機能を搭載しており、プリテールで読み取った画像を取り込むことが可能。ネットワーク上のどのクライアントからも利用可能。
        • スキャンには、別途アドビ社 Photoshopが必要。
  • <プリテール660/610の主な仕様>
    preter660 preter610
    型式 コンソール
    感光体 OPC
    複写方式 レーザー静電転写方式
    原稿読みとり方式 CCDによる順次読みとり
    書き込み方式 4色順次書き込み
    解像度/階調性 400dpi 256階調
    現像方式 乾式2成分現像
    定着方式 ヒートロール方式
    原稿台 固定
    ウォームアップタイム 約8分
    ファーストコピータイム フルカラー:15.5秒(A4ヨコ)、白黒:8.8秒(A4ヨコ)
    連続複写速度 フルカラー:6枚/分(A4ヨコ) 3枚/分(B4,A3)
    白黒:31枚/分(A4ヨコ) 17枚/分(B4) 15枚/分(A3)
    複写原稿 シート、ブック、フィルム、立体物
    最大原稿サイズ A3(不定形時297×432mm)
    複写サイズ A3、A4、A5、A6タテ、はがき、B4、B5、B6タテ、レター、リーガル
    用紙紙厚 64.0~157.0g/ m2(55~135kg)
    画像欠け幅 先端5
    2mm 後端2
    2mm、左右2
    2mm 但し左右合計4mm以下
    複写倍率 等倍 1:1 (±1%)
    拡大 1:1.15 1:1.22 1:1.41 1:2.00 1:4.00 (
    1%)
    縮小 1:0.93 1:0.87 1:0.82 1:0.71 1:0.61 1:0.50 1:0.25 (
    1%)
    ズーム 25%~400% 1%単位の任意選択
    給紙方式 3段トレイ(500枚×3)+マルチ手差し(50枚)
    連続複写 1~99枚
    付加機能 自動濃度調整、自動用紙選択
    カラー選択(自動カラー選択、フルカラー、シングルカラー、2色)
    原稿種類(自動文字・写真、文字、写真:印刷、写真:印画紙、特殊原稿:複写原稿、地図、インクジェット原稿、蛍光ペン原稿)
    手差し給紙選択(普通紙、厚紙、OHP、両面裏、不定形)
    変倍(用紙指定変倍、定型変倍、ズーム、寸法変倍、独立変倍、拡大連写)
    移動(移動、とじ代) 消去(センター消去、枠消去、センター・枠消去)
    分割/集約(見開き→片面、両面→片面、片面→見開き)
    カラーバランス(カラーバランス調整、カラーバランスモニター、カラーバランスプログラム)
    カラー調整
    画質調整(シャープ/ソフト、コントラスト、地肌調整、パステル調、UCR調整)
    カラー登録 (指定色、原稿色)
    カラー加工 (カラー変換、指定色消去、アンダーカラーペイント、フレームライン、カラーライン)
    クリエイト (中抜き、反転、影付け、斜体、ミラー、リピート、はめこみ合成)
    エリア指定 (対角2点、直角多角形、多角形閉ループ、ライン)
    カラー登録(指定色)
    オートスタート、オートクリア、メモリーコール、割り込み、モードクリア、予熱
    プログラム、初期設定、自動階調補正、ユーザーツール、暗証コード、偽造防止機能
    使用電源 100V15A 50/60Hz共通
    最大消費電力 1.45kw
    大きさ 690mm(幅)×713mm(奥行き)×1,026mm(高さ)
    機械占有寸法 1,150mm(幅)×713mm(奥行き)
    質量 約200kg
    <オプション価格一覧表>
    商 品 名 標準価格(消費税別)  取付費(消費税別)
    A料金 B料金
    リコーPPC用圧板タイプ1 *1 8,000円
    リコーPPCドキュメントフィーダーDF62 *1 280,000円 7,100円 2,400円
    リコーPPCソーターCS1560 *2 130,000円 7,800円 3,100円
    リコーPPCソーター取付けユニットタイプJ 30,000円 5,700円 1,200円
    リコーPPCフィルムプロジェクタータイプ2 *3 298,000円 11,000円 6,300円
    リコーPPC原稿置台タイプI  15,000円 5,500円 800円
    リコピーキーカードRK4 *4 78,000円 8,600円 3,900円
    リコーキーカウンター *5  7,500円
    リコーピーリセッタブルキーカウンター *5  7,500円
    リコーキーカウンター受  5,400円 2,000円
    リコーピープリセットキーカードRP2  238,000円 8,600円 3,900円
    *1 プリテール本体の使用に際しては、リコーPPC用圧板タイプ1、またはリコーPPCドキュメントフィーダーDF63のいずれかが必要になります。
    *2 装着時にはリコーPPCソーター取付けユニットタイプJが必要です。
    *3 装着時にはリコーPPC原稿置台タイプIが必要です。
    *4 リコピーカード1が別途必要です。
    *5 キーカウンター取付ユニットタイプE(10,000円)が別途必要です。
    取付費について
    A料金: 本体納入後別途に1オプションを取り付ける場合の料金。
    B料金: 本体納入と同時にオプションを取り付ける場合の料金。
    本体納入後別途に複数のオプションを取り付ける場合の2つめ以降の料金。
    <機械保守サービス料金(パフォーマンス方式)>
    請求単位 フルカラー料金 モノカラー料金
    基本料金 7,000円+拡張料金
    1カウントから100カウント迄の
    使用1カウントにつき
    基本料金に含む 8.0円
    101カウントから1,000カウント迄の
    使用1カウントにつき
    70円 8.0円
    1,001カウントから3,000カウント迄の
    使用1カウントにつき
    60円 7.0円
    3,001カウント以上の使用1カウントにつき 50円 6.0円
  • カウンターは、フルカラーモードとモノカラーモードの2カウンター制をとっています。
    カウンターは出力1枚毎に1カウント進みます。両面出力は両面毎に2カウント進みます。
  • 請求は、基本料金+フルカラーカウント算出金額+モノカラーカウント算出金額の合計金額になります。
  • 実際のご請求金額はフルカラーカウント値の一律6%引き、モノカラーカウント値の一律2%引きで算出した金額になります。
  • 請求は、1ヵ月単位です。
  • 契約期間は5年間で、その後は1年単位の自動更新となり、部品打ち切りまで有効です。
    6年目はパフォーマンステャージを8%、7年目以降はパフォーマンスチャージを12%アップします。
  • 保守サービスのために必要な修正用性能部品の最低保有期間は本製品の製造中止後7年後です。
    • このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • プリテール660
    プリテール660
    (オプションのリコーPPC用圧板タイプ1を装着したもの)