Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、最大A3判対応のコンパクトな普及型PPC「スピリオ1310」を新発売

1997年5月28日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、普及型PPC(普通紙複写機)の新製品として、A3判への対応や生産性の向上などオフィスユースに対応した機能を備えながら、コンパクトかつ低価格を実現した「スピリオ1310」を開発し、新発売いたします。

製品名 スピリオ1310
標準価格(消費税別) 41万8千円
発売日 1997年6月5日
月販台数 1,000台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には消費税は含まれておりません。
  • 標準価格には、感光体、現像剤は含まれておりません。
  • <新製品スピリオ1310の主な特徴>
  • 1.コンパクト設計により、省スペースを実現します。
      • 本体サイズは、幅579mm×奥行き560mmのコンパクト設計
      • 従来機「スピリオ1300」と比べ、本体の幅を21mm、奥行きを32mm小型化。
  • 2.充実した基本機能を搭載しています。
    • (1)事務用のコピー機として高い生産性を発揮します。
      • ファーストコピータイムは、6.9秒(A4ヨコ)。従来機と比べ2.1秒短縮。
      • 連続コピースピードは、毎分13枚(A4ヨコ)。
      • 拡大・縮小機能は、61%から141%まで可能。
    • (2)ウォームアップタイムを1/2に短縮しました。
      • 電源を入れて約15秒でコピーが可能。従来機と比べて待ち時間を1/2に短縮。
    • (3)2WAY給紙が可能です。
      • 250枚までセット可能なトレイに加え、マルチ手差し(50枚までセット可能)による2WAY給紙が可能。
    • (4)幅広い用紙に対応します。
      • A3判からA6判までのコピーが可能。さらに、名刺幅(45mm)から賞状幅(308mm)までの通紙が可能※。のし紙へのコピーも可能。
        • 用紙の長さは、A6タテ以上必要。
  • 3.上位機「スピリオ1510」で好評の環境を考慮した設計を継承しています。
      • トナーリサイクル機構を採用。コピー後にOPCドラムの表面に残ったトナーを再利用することでトナーの消費量を節約。
      • 外装カバーにプラスチックの材料表示をした上、貼付するシールを本体と同質の素材にすることにより、リサイクルを容易化。
      • 国際エネルギースター計画基準に適合。コピー終了後30分で電源が自動的に切れるオートシャットオフ機能を採用。
  • <スピリオ1310の主な仕様>
    形式 デスクトップ
    原稿台方式 固 定
    感光体 OPCドラム
    複写方式 乾式静電
    現像方式 乾式現像
    定着方式 ヒートロール
    複写原稿 シート、ブック(最大A3)
    複写サイズ A3、A4、A5、A6タテ、B4、B5、B6、レター、リーガル
    • ただし、A5タテ、A6タテ、B6は手差し給紙の場合のみ
      手差し通紙幅45mm~308mm
      (欠け幅)先端2.5
      2mm 左右合計4mm以下
    ウォームアップタイム 15秒以下
    ファーストコピータイム 6.9秒(A4ヨコ)
    連続コピースピード(毎分、等倍時) 13枚/A4ヨコ、7枚/A3、7枚/B4、6枚/B5、7枚/A4タテ、6枚/B5タテ
    連続複写 1~99枚
    複写倍率 固定 1:1
    0.5%、0.93、0.82、0.71、1.22、1.41
    ズーム 61~141%(1%刻み)
    給紙方式 1段トレイ+マルチ手差し
    給紙量 250枚×1+50枚
    電源 100V、15A、50/60Hz、共通
    最大消費電力 1.4Kw
    大きさ(幅×奥×高) 579×560×420mm
    占有寸法(幅×奥) 940(830)×560mm  ( )は手差し支持棒収納時
    質量 42kg
    <オプション>
    リコーPPCテーブルタイプ12  :35,000円
    スピリオ1310
    スピリオ1310