Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、毎分25枚のウィングレスタイプ・デジタル複写機を投入
「イマジオMF250Mシリーズ」を新発売

1997年5月7日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、デジタル複写機の新製品として、ウィングレスタイプの毎分25枚機(A4判ヨコ)「イマジオMF250Mシリーズ」を開発し、新発売いたします。新製品は、(1)ベーシックモデルの「イマジオMF250M」と、(2)FAX機能を搭載した複合機「イマジオMF250M モデル6」の2機種です。
製品名 イマジオMF250M イマジオMF250M モデル6
標準価格 72万円 102万円
発売日 1997年5月14日
販売台数 5,000台/月
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「イマジオMF250Mシリーズ」は、ご好評の「イマジオMF200シリーズ」の上位機種として発売するもので、本体内部にコピーを出力するウィングレス設計による省設置スペースを継承しながら、毎分25枚(A4判ヨコ)の連続コピースピードを備えたデジタル複写機です。
     特に12MBという大容量のコピー用メモリーを搭載することにより、A4判標準原稿で99枚の蓄積が可能となり、電子ソートや回転ソート、回転コピーなど、デジタルならではのメモリーコピー機能を、より快適にご利用いただくことが可能になりました。
    <イマジオMF250Mシリーズの主な特徴>
  • 1.大容量メモリーにより、電子ソートなどのメモリーコピー機能を快適にお使いいただけます。
      • コピー用メモリーを12MBと「イマジオMF200シリーズ」と比べ約3倍に大容量化。A4判標準原稿で99枚※のメモリー蓄積が可能。原稿を複数部数(枚数)コピーする場合でも、原稿の読み取りは1度で済むため、高い信頼性と静音性を実現。
        • リコー標準原稿(6%チャート)
      • 複数枚数の原稿を読み取ってメモリーに記憶し、メモリー上で丁合いをした上で出力する電子ソートが可能。大容量メモリーの搭載により、標準で最大A3判までの原稿に対応。
      • 用紙方向にあわせて自動的に原稿の画像方向を90
        回転してコピーをする回転コピー※が可能。同じサイズの用紙をタテ・ヨコの両方セットして電子ソートをした場合、1部ずつ交互に向きを変えて出力する回転ソート※が可能。
        • A4判、B5判のみ
  • 2.省設置スペースを実現した毎分25枚機です。
      • 連続コピースピードはA4判の場合、原稿をタテにセットしても、ヨコにセットしても毎分25枚の快適スピード。
      • 「イマジオMF200シリーズ」でご好評をいただいているウィングレスタイプの「3面壁ピタ」設計を継承。機械占有寸法が55×58cmと省スペース。
      • 本体内部のコピー出力部に装着できるオプションのインナー1ビントレイにより、コピー、ファクスそれぞれのプリントアウトを省スペースのまま仕分けることが可能。

  • 3.オプションのフィニッシャーにより、コピー後の効率的な処理が可能です。
      • 毎分25枚の普及機クラスで初めてフィニッシャー対応を実現(オプション)。
        メモリーコピー機能を利用して丁合いをした上で、1部ずつスライドして出力することが可能。A4判の場合、ステープルまで行うことが可能。
      • 最高で99部までの丁合い作業が可能。
      • 1部ずつ完成させるため、設定した部数全部が完成するのを待たずに、1部だけ先に取り出すことが可能。

  • 4.高度なファクシミリ機能を備えています。(モデル6またはベーシックコピーにFAXユニット拡張時)
      • A4判標準原稿で約160枚※の蓄積が可能な2MBのメモリーを搭載。 ※ ITU-T NO.1チャート
      • 0.9秒の高速読み取りが可能。連続読取は、毎分30枚。(A4判ヨコ)
      • 受信時に画像データを用紙方向に合わせて回転させる「回転レシーブ」が可能。また、画像方向を90°回転して送信する「回転送信」機能を搭載。
      • G3の6秒送信に加え、オプションのG4拡張により高速3秒送信が可能。
  • 編集コピー機能を搭載できます。(オプションの編集コピーユニット拡張時)
      • 白黒反転や中抜きなど画像編集機能に加え、網かけや、画像・背景グラデーション、斜体、影つけなど多彩で創造的なコピーワークを実現。

  • 6.省エネ設計・静音設計を採用しました。
      • 待機(予熱)中に消費する電力を大幅に抑えることにより、省エネモード時の消費電力は約4Wを実現。(イマジオMF250M モデル6の場合)
      • 省エネモード時や自動電源受信(夜間)モード時では、排風ファンが完全に停止。20dB(A)とデスクサイドに設置しても気にならない静音設計。

  • 7.リコー独自のオンラインによる保守サービスのCSS*に対応しています。
      • *CSS(Customer Support System)...お客様がご使用の複写機と、全国7つの拠点に設置したリコーCSSセンターを、公衆回線によってオンラインで結び、複写機の稼動状況の把握と遠隔診断を可能にした保守システム。
        ※ご購入時にパフォーマンス契約をご契約いただいた場合に限ります。

  • <イマジオMF250Mシリーズの主な仕様>
    共通機能
    型式 デスクトップ式
    感光体種類 OPC
    複写方式 レーザー静電転写方式
    現像方式 乾式2成分現像方式
    定着方式 オイルレスヒートロール方式
    原稿台方式 固定式
    ウォームアップタイム 約40秒以内(温度20
    給紙方式 250枚フロントローディング×2+手差し(100枚)
    使用電源 AC100V (90~110V) 12A 50/60Hz
    消費電力 最大1.2KW以下(フルオプション時)、コピー時570Wh
    通常待機時130Wh、オートシャットオフ時:(ベーシックコピー)1.5W、(モデル6)4W
    大きさ 本体 550(幅)×580(奥行き)×652(コンタクトガラスまでの高さ)mm
    ADFを付けたとき
    550(幅)×580(奥行き)×814(ADF上部までの高さ)mm
    機械占有寸法 550(幅)×580(奥行き)mm
    質量 本体 約58kg以下、ADFを付けたとき 約68.5kg
    コピー機能



    ファーストコピータイム 8.3秒(外部トレイ排出時)
    9.2秒(トレイ排出時)/(A4ヨコ、第1給紙)
    連続複写速度(等倍時) 13枚/分(A3タテ)
    15枚/分(B4タテ)
    25枚/分(A4ヨコ)
    複写原稿 シート、ブック、立体物
    最大原稿サイズ A3タテ(297×420mm)、11"×17"(DLT)
    複写サイズ A3タテ~はがき(100×148mm)、DLTタテ~HLTヨコ、タテ
    給紙トレイ
    手差しトレイ
    A3タテ~A5ヨコ、DLTタテ~LTヨコ、タテ
    A3タテ~はがき(100×148mm)
    セット可能枚数 100枚
    両面(オプション) A3タテ~A5ヨコ、DLTタテ~LTヨコ、タテ
    用紙紙厚
    給紙トレイ
    手差し
    60~90g/m2(52~70kg)
    60~157g/m2(52~135kg)
    画像欠け幅 先端3
    2mm 左側2
    1.5mm
    後端4mm以下 右側3mm以下
    複写倍率 等 倍 100%
    1%
    拡 大 115%、122%、141%、200%、400%
    縮 小 25%、50%、61%、71%、82%、87%、93%
    ズーム 25~400%(1%単位の任意選択)
    画素密度 400dpi
    用紙サイズ A3、A4、A5、A6、B4、B5、B6、LT、LG、HLT、DLT
    連続複写枚数 1~99枚
    メモリー容量 12MB




    自動濃度調整
    自動用紙選択
    用紙指定変倍
    原稿忘れ検知
    オートスタート



    回転コピー
    電子ソート ○(A3サイズまで可能)
    集約



    ハイファイコピー
    プログラム登録
    割り込みコピー
    分割
    ダブルコピー
    独立寸法変倍
    独立変倍
    両面 オプション
    センター/枠消去
    ファクス機能
    (モデル6またはベーシックコピーにFAXユニット装着時)
    型式 送受信兼用機
    接続回線 アナログ:加入電話回線、Fネット(G3サービス)、NCC回線
    トールダイヤル網、Fポート、ルートKDD、2線式専用線
    デジタル☆:INSネット64、Fネット(G4サービス)、国際ISDN、
    デジタル交換内線(基本インターフェース)、
    VENUS-P/LP(ケースA)
    接続方式 ダイレクトカプル
    符号化方式 MH、MR、MMR、EFC、SSC
    変調方式 TCM、QAM、SSC
    消費電力 送信時:135W/h 受信時:135W/h (平均 570W/h(印刷時平均))
    待機時135W/h:夜間モード時:4W 最大消費電力:1200W

    送信原稿 シート、ブック
    原稿
    サイズ
    ADF使用時
    210~297mm
    長さ 148~420mm(不定形サイズ:最大304x1200mm)
    紙厚 52~105g/m2
    有効読取幅 A3・・・296mm以上、B4・・・250mm以上、A4・・・210mm
    送信時間 G3:約6秒*1 G4☆:約3秒*2
    走査線密度 G3 :8×3.85/7.7本/mm、16×15.4本/mm*3
    G4
    :200×100/200dpi、400×400dpi*3

    記録方式 レーザー普通紙記録
    記録紙サイズ A3、B4、B5、A4、A5、レター、リーガル
    有効記録幅 291mm(A3)、250mm(B4/B5)、204mm(A4/A5)
    メモリー容量 標準2MB、オプション:+2MB/4MBカード、80MBハードディスク



    メモリー機能
    (本体標準メモリー)
    トリプルアクセス、代行受信、順次同報、マルチ時刻指定送信、列信、
    メモリーポーリング、ページ再送、メモリー送信、ドキュメントバンク
    メモリーバックアップ、不達ファイル再送、記録紙順序合わせ
    中継同報
    メモリー機能
    (メモリー増設時)*4
    相手先別メモリー転送、親展受信、封筒受信、受信紙マルチソート
    コピー
    送・受信 時刻指定送信、中継依頼、IDパーソナル親展送信、迷惑FAX
    防止、ポーリング送信、ポーリング受信、エコノミー送信、
    納期指定送信、RTI(CSI)印字、受信時刻印字、回転レシーブ、
    不定形サイズ送信、回転送信、受信側縮小、相手先別給紙選択
    見開き原稿送信、両面原稿出力(OP)、集約印刷(into1)
    操作性向上 G4/G3自動切換☆、ワンタッチ/短縮ダイヤル、グループ登録、
    TEL/FAXリモート切換、AIリダイヤル、自動リダイヤル、
    電子電話帳、送信待機中メモリー切換、ワンタッチプログラム
    通信、大型漢字ディスプレイ、自動/手動受信切換、TEL/FAX自動切換
    TEL/FAXタイマー切換、ユーザーファンクションキー
    確実性 ADF、チェーンダイヤル、ECM、相手先確認表示、宛名差し込み、
    スタンプ、原稿枚数セット、自動音声メッセージ
    発信元記録(TTI、CIL☆)
    画質向上 濃度調整(7段階)、写真モード(文字/写真、写真)、MTF補正、
    多値スムージング
    管理 部門コード入力、利用者制限、管理レポート等各種レポート/リスト
    電話 電話機(OP)、オンフックダイヤル
    その他 AIファースト制御、トーン送出、自動電源受信、ラインモニター
    センターマーク印字、しおり印字、内外線切換(OP)
    ☆印 オプションの「imagio G4 FAXユニット タイプC」装着時の仕様です。
    *1 A4判700文字程度の原稿を標準的画質(8×3.85本/mm)で高速モード(14.4Kbps)で送った時の速さです。これは画像情報のみの電送速度で、通信の制御時間は含まれていません。実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状態により異なります。
    *2 A4判700文字程度の原稿を標準的画質(200×200dpi)で高速モード(64Kbps)で送ったときの速さです。
    *3 オプションの「imagio 増設メモリーカード タイプF1」装着時は、G3、G4交信とも16×15.4本/mm、8×15.4本/mmの電送が可能になります。
    *4 オプションの「リファクス メモリーカード タイプ2M-2または4M-1」、「imagio FAX増設ハードディスク HD80 タイプ1」が必要です。
    編集コピー機能(オプションの編集コピーユニット拡張時)
    領域指定 全面、ペンエリア
    白黒反転 ○領域指定可
    斜体 ○領域指定可(左右各45°)
    網かけ/網のせ ○領域指定可(17パターン:登録可:サイズ2種)
    中抜き ○領域指定可、線幅可変(6段階)
    中埋め ○領域指定可
    外輪郭 ○領域指定可
    外消去/内消去 ○領域指定可
    影つけ ○領域指定可(影:4種、影幅可変:10段階)
    ミラー ○領域指定可
    グラデーション ○領域指定可(背景、画像 濃度パターン:5種)
    センタリング/コーナリング ○領域指定可
    合成 ○領域指定可(重ね、重なりのみ、抜き)
    リピート ○領域指定可(倍率指定方式)
    <内部ユニット価格一覧表>
    imagio 編集コピーユニットタイプD 150,000円
    imagio FAXユニットタイプF 150,000円
    imagio G4FAXユニットタイプC 150,000円
    <オプション価格一覧表>
    内部オプション
    imagio FAX増設ハードディスクキットHD-80タイプ1 170,000円
    RICOH 内外線切換ユニットタイプ7  50,000円
    外部オプション
    imagio ドキュメントフィーダーRF1 210,000円
    imagio ドキュメントフィーダーDF1 170,000円
    リコーPPC用圧板 タイプ2   8,000円
    imagio 自動両面ユニットAD1 130,000円
    imagio インナー1ビントレイタイプ1  20,000円
    imagioフィニッシャー SR11 180,000円
    imagio 給紙テーブルPT20 160,000円
    imagio テーブルタイプA  25,000円
    imagio テーブルタイプB  40,000円
    imagio ハンドセットタイプ3  10,000円
    リコーPPC ポジライトタイプ1  99,800円
    カード
    imagio 増設メモリーカードタイプF1  70,000円
    リファクス メモリーカードタイプ2M-2  70,000円
    リファクス メモリーカードタイプ4M-1 120,000円
    リファクス 機能増設カードタイプ1  70,000円
    *この一覧表に掲載されている価格には、消費税は含まれておりません。
    *オプションには、別途設置料が必要となるものがあります。
    <保守体系>
    機械保守サービス料金には、「パフォーマンスチャージ方式」と「スポット料金方式」があります。
    (1)パフォーマンスチャージ
    ・イマジオMF250Mの場合
    請求単位(1ヵ月あたり) 料金(消費税別)
    基本料金(500カウント分を含む) 4,000円+拡張料金
    501~2,000カウントまでの使用1カウントにつき 6.5円
    2,001カウント以上の使用1カウントにつき 6.0円

    ・イマジオMF250M モデル6の場合
    請求単位(1ヵ月あたり) 料金(消費税別)
    基本料金(500カウント分を含む) 4,600円+拡張料金
    501~2,000カウントまでの使用1カウントにつき 6.5円
    2,001カウント以上の使用1カウントにつき 6.0円

    ・拡張料金(全機種共通、消費税別)
    FAXユニットタイプF(G3FAX機能) : 600円/1ヵ月
    G4FAXユニットタイプC(G4FAX機能) :1,500円/1ヵ月
    編集コピーユニットタイプD(編集コピー機能) : 100円/1ヵ月

    ※1 カウンターは、出力1面毎に1カウント進みます。
    (両面出力は、両面毎に2カウント進みます。)
    ※2 拡張機能装着のつど、拡張料金が加算されます。
    • 1. 契約時の感光体マガジンの価格:100,000円/本(消費税別)
    • 2. お客様の要請に応じて機械の修理または感光体マガジン、部品などを交換し、その都度料金を申し受けます。
        • 基本料金:一訪問あたり 9,000円(消費税別)
        • 技術料金:30分単位   4,500円(消費税別)
        • 部 品:実費
  • イマジオMF250M モデル6
    イマジオMF250M モデル6
    (オプションの給紙テーブルとインナー1ビントレイを装着したもの)