Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、業界最大のレーベル印刷領域のデータ用DVD-Rを新発売

2006年7月31日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、記録型DVDディスクのラインナップ強化を図り、業界最大のレーベル印刷領域を確保したデータ用DVD-Rを新発売いたします。
製品名 DM16RD-WW10HK
パッケージ 10枚パック、スリムPケース入り
タイプ DVD-R(追記型)、1~16倍速記録対応、12cm(容量:4.7GB)
レーベル インクジェットプリンタ対応(内径18mm~外径119mmのワイド印刷対応)、
スーパーファイン(ホワイト)
価格 オープン
発売日 2006年8月11日
月販数量 10万枚
<新製品の主な特徴>
リコー独自のノウハウにより、DVD-Rとして業界最大のレーベル印刷領域を確保。従来品に比べ、インクジェットプリンタでの印刷領域を内径22mmから18mmに、外径を118mmから119mmに拡大。内周部分の印刷不可領域を面積比で約33%カット。
独自開発のインク受理層とダブルホワイトコーティングを採用し、鮮やかさを当社従来品比で約2倍に向上した「スーパーファイン」レーベル。
高速16倍速書き込みに対応。DVDメディアとしてのスペックとレーベル印刷層のスペックともにハイレベルの水準を達成。
DM16RD-WW10HK
DM16RD-WW10HK