Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、VCPS対応DVD+Rのサンプル出荷をハードウェアメーカー向けに開始
~業界で初めて、DVD+R/+RW向け著作権保護技術規格の認定を取得~

2006年6月21日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、DVD+R/+RWおよびDVD+R DL向け著作権保護技術の規格であるVCPS(Video Content Protection System)に対応したDVD+Rディスクを開発し、ハードウェアメーカー向けにサンプル出荷を6月26日から開始します。
 VCPSは、フィリップス社、ヒューレットパッカード社によって策定されたもので、ハードウェア側の鍵とディスク側の鍵を組み合わせて鍵を作成し、暗号化されたコンテンツの記録、再生を行う仕組みです。米国においては連邦通信委員会(FCC)、日本においては社団法人電波産業会(ARIB)に認可されています。
 VCPSに対応したレコーダーやドライブとディスクを使用することにより、コンテンツ保護フラグ付きの映像をDVD+R/+RWで保存することが可能となります。
 今回サンプル出荷を開始するのは、16倍速対応のDVD+Rディスクです。
 リコーは、DVD+R/+RWのライセンサーの一社として、この分野の技術をリードしてまいりました。今回、VCPSキーをスタンパに反映させるためのスタンパフォーマット装置を新たに開発したことにより、いち早くVCPSに対応したディスクを実現、業界で初めて同規格の認定をライセンサーであるフィリップス社から取得したものです。
 リコーではVCPS対応ディスクを、ハードウェアの発売を待って、エンドユーザー向けに商品化してまいります。
 なお本製品は、6月22日(木)13時から東京・大手町のKDDIホールで開催する第7回DVD+RWアライアンス アジアパシフィックセミナーにて参考展示いたします。
新開発のVCPS対応DVD+Rディスク
新開発のVCPS対応DVD+Rディスク