Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、使い勝手の向上や小型化を実現したCD-R/RWドライブ「リコー MP6200Zシリーズ」4機種を新発売

1998年4月2日
株式会社リコー

製品名 MP6212SZW MP6212SZM MP6200AZ MP6200SZ
タイプ 外付け型 外付け型 内蔵型 内蔵型
対応 PC Windows Macintosh Windows Windows
インターフェイス SCSI-2 SCSI-2 ATAPI SCSI-2
標準価格 79,800円 79,800円 68,800円 69,800円
発売日 1998年4月24日
月産台数 50,000台(OEM含む)
  • 標準価格には、書き込み用ソフトウエアおよびメディア(MP6212SZW/SZM:CD-R 2枚+CD- RW 1枚、 MP6200AZ:CD-R 1枚+CD-RW 1枚、MP6200SZ:CD-R 4枚+CD-RW 1枚)を含んでいます。
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <リコー MP6200Zシリーズの主な特徴>
  • 1.書き込み用ソフトの使い勝手をより向上しました。(Windowsモデルのみ)
      • Windows95/NT対応の書き込み用ソフトには、フロッピー感覚で書き換えができる好評の「DirectCD」に加え、プロ仕様のソフトとして新たに「EASY-CD CREATOR」を添付(従来は「DirectCD」と「Easy-CD Pro 95/NT」)。
      • 「EASY-CD CREATOR」は、幅広いCDフォーマットをサポートし、オリジナルのCD-ROMや音楽CDの作成が容易に可能。特に、従来ソフトに比べCD-ROMをDisc At Onceで書き込むことが可能となり、プレマスタリングに最適。CD-RWディスク上のデータを全面消去して、再度書き込むことも可能。
      • 「DirectCD」は、標準規格であるUDF(Universal Disk Format)1.5に基づくランダムアクセスライトに対応。フロッピーやハードディスクと同じように、Windowsのマイコンピュータやエクスプローラ上で、ファイル単位でのデータの書き込み、書き換え、消去が可能(書き換え、消去はCD-RWメディア使用時のみ)。
      • Macintosh対応ソフトとしては、定評のあるマスタリングソフト「Adaptec Toast」を添付。もちろん、CD-RWディスク上のデータの全面消去、再度書き込みも可能。
        • 「DirectCD」「EASY-CD CREATOR」「Easy-CD Pro」「Adaptec Toast」は、アダプテック社の登録商標です。

  • 2.パッケージを小型化しました。(外付け型モデルのみ)
      • 外付け型モデルの筐体を約20%小型化し、設置スペースを削減。

  • 3.CD-Rに加え、CD-RWの書き込み、読み出しが可能です。
      • CD-ROMの読み出し、CD-Rの書き込み、読み出しに加え、CD-RWの書き込み、読み出しが可能。コストや用途に合わせてCD-RとCD-RWを使い分けることが可能。
      • 書き込みスピードは2倍速、読み出しスピードは6倍速。

  • 4.優れた防塵性能とランニングOPC機能により、高い信頼性を備えています。
      • ドライブ機構部やオプティカルユニットの密封度を高めた独自のシェル構造を採用することにより、比較的塵埃が多い環境下でも正確かつ安定した記録・再生が可能。
      • 書き込みをしながらディスク面の指紋などの汚れを監視し、常に最適なライトパワーに調整するランニングOPC(Optimum Power Control)を採用することにより、書き込みエラーを減らし、記録の確実性を向上。

  • <ご参考>
     CD-RとCD-RWは、追記もしくは書き換えができるコンパクトディスクとして、CD-ROMをはじめとしたCDファミリーとの互換性の高さから、急速に普及が進んでいます。
     リコーは、CD-R/CD-RWのディスクとドライブをマルチメディア時代の電子ペーパーとプリンターと位置づけており、CD-R/CD-RWのディスクおよびドライブを世界で唯一、一貫して製造・販売しています。特にCD-RW分野においては、ディスク・ドライブともに世界で初めて量産(ディスクは1996年11月から、ドライブは1997年4月から)するなど、常に市場をリードしてまいりました。一方、CD-RWメディアに対応したCD-ROMドライブ(MultiRead対応ドライブ)の普及が急速に進んでおり、この分野は、今後より一層の成長が期待されます。
    ■ CD-RとCD-ROMの市場規模
    1996年 1997年 1998年(予測)
    CD-Rディスク 7,600万枚 1億8,200万枚 3億2,000万枚
    CD-RWディスク 200万枚 3,000万枚
    CD-Rドライブ
    CD-R/CD-RWドライブ
    100万台 200万台 400~1,000万台
  • 出典は、ディスク:日本記録メディア工業会、ドライブ;リコー推定
  • リコー MP6212SZW
    リコー MP6212SZW
    (リコー MP6212SZMも外観は同じです)
  • このニュースリリースに掲載されている商品名、会社名は各社の商標および登録商標です。