Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、画質を追求した高級コンパクトカメラ「リコーGR1s」、「リコーGR10」を新発売

1998年2月26日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、小型・高性能レンズ「GRレンズ 28mm F2.8」を搭載した高級コンパクトカメラの新製品として、きめ細かい撮影条件を設定できる絞り優先AEを搭載した「リコーGR1s」と、プログラムオート機「GR10」を開発し、発売いたします。
製品名 リコーGR1s リコーGR10
標準価格(消費税別) デートなし デート付 デート付
95,000円 105,000円 60,000円
ボディカラー ブラック、シルバー シルバー
発売日 1998年4月26日
月販台数 2,000台 2,000台
  • *このニュースリリースに掲載されている価格には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「リコーGR1s」は、逆光撮影時などに不要な光をカットし、より美しい写真撮影が可能になるフードを標準装備し、また暗い所でも操作しやすいイルミネーション表示機能を搭載しました。露出機構にはプログラムAEの他に、撮影する方の意図を反映できる絞り優先AEと露出補正機能を搭載し、多彩な表示機能や優れた携帯性とあいまって、“撮る道具”としての性能を充実させています。新製品「リコーGR10」は、「同GR1s」と同じ、小型・高性能レンズ「GRレンズ28mm F2.8」を搭載し、コンパクト カメラに求められる基本性能を充実したモデルです。これらの製品は、2月27日から3月1日まで池袋サンシャインシティで開催される日本カメラショーのリコーブースで展示されます。
    <GR1sの主な特徴>
  • 1.撮影する方の意図を反映できる「絞り優先AE」と「露出補正機能」を搭載しています。
      • これらの機能と「GRレンズ 28mm F2.8」の組み合わせにより、絞り開放でも、フィルムの隅々までシャープな画質を実現すると同時に、広角レンズでありながらボケ味の美しい写真を撮影することが可能。
  • 2. 暗い所でも撮影状況がわかる、光るLCDパネルを搭載しています。
      • イルミネーション表示機能付き液晶ディスプレイを搭載。フィルム残量や撮影モードの設定状況など、その時の撮影状況を夜間でも一目で確認可能。
  • 3.フードを標準装備しています。
      • 逆光撮影などで写り込む不要な光をカットするフードを標準で同梱。必要に応じ、ワンタッチで装着可能。
  • 4.ボディ外装材に、堅牢かつ軽量のマグネシウム合金を採用しています。
      • ハード感のある仕上がりとフィット感の良い手触りを実現。
      • カラーは、「ブラック」と「シルバー」の2色を用意。
  • 5.絞り羽根は、高精度の7枚タイプを採用しています。
      • 写真の描写力を評価するうえでのポイントとなる美しいボケ味を実現。
  • <GR10の主な特徴>
  • 1.手軽に美しい写真撮影が可能になりました。
      • GR1sと同じ高性能「GRレンズ 28mm F2.8」を採用。コンパクトカメラの操作性の良さと一眼レフなみの高性能レンズの組み合わせにより、手軽に美しい写真撮影が可能。
  • 2.より確実なピント合わせが可能です。
      • GR1sと同じパッシブ方式7ゾーンマルチオートフォーカス採用により、窓越しの被写体などに確実にピント合わせが可能。また、ピントのあったエリアのフォーカスポイントの確認が可能。
  • 3.夜間での撮影時、人物と夜景の両方にピントが合った写真を撮影することが可能です。
      • リコー独自の「スーパーインテリジェント夜景モード」を設定することにより、被写体と夜景とを瞬間多重露光し、両方にピントが合った写真を撮影することが可能。
  • 4.手軽にセルフポートレート撮影が可能です。
      • セルフタイマーだけでなく、リモコン(別売)による撮影も可能。
  • 5.ボディ外装材に、軽量で剛性にすぐれたアルミ合金を採用しています。
  • GR1s
    GR1s

    GR10
    GR10