日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

オンプレミスでデータを保管、クラウド経由でデータ活用できるハイブリッドストレージサービス「RICOH e-Sharing Service」の提供を開始

~社内のアプライアンスBOXにどこからでもアクセスしてファイルの閲覧・共有が可能~

2023年1月16日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、株式会社アイ・オー・データ機器(代表取締役社長:濵田 尚則、以下、アイ・オー・データ機器)と協業し、アイ・オー・データ機器製アプライアンスBOX「APX2-ESS/RO5A」と連携したオンプレミス型クラウドサービスである「RICOH e-Sharing Service」を開発、2023年1月16日より提供を開始します。

これまでリコーは、機微な社内データをクラウドストレージへ移行することに不安を抱えているお客様に向け、社内のアプライアンスBOXに保管した文書ファイルにクラウド経由でアクセスするソリューション「RICOH e-SharingBox」を提供してきました。その後継サービスである「RICOH e-Sharing Service」は、アイ・オー・データ機器製アプライアンスBOX「APX2-ESS/RO5A」に標準搭載され、標準5年保証やデータ復旧サービス対応をご利用いただけるなど、お客様がより安心してお使いいただけるサービスになりました。

作成した文書ファイルを社内に設置した「APX2-ESS/RO5A」へ保存し、モバイルパソコンやスマートフォンからRICOH クラウドサービス*1を経由しアクセスすることで、社外でも文書ファイルの閲覧が可能です。また、リコー複合機との連携により、オフィスにいなくとも複合機で受信したファクス文書を確認したり、リモートでファクスを送信したりすることができます。オンプレミスでデータを管理しながら、場所にしばられず手軽にデータを確認することができ、お客様の業務を効率化します。

リコーは、エッジデバイスやデジタルサービスの活用によるワークプレイスの変革を通じて、お客様のよりよい働き方の実現を支援してまいります。

*1
リコー独自の暗号化通信

「RICOH e-Sharing Service」システム概念図

背景

DX(デジタルトランスフォーメーション)化によるビジネス環境が変化に応じ、ワークスタイルの多様化が加速しています。時間や場所に縛られず、タイムリーに情報へアクセスすることが求められるなか、クラウドサービスの導入に対しセキュリティ面で不安を抱えていたり、データへのアクセス速度が遅くなる・DX化へあまり多くは投資できないなど、クラウド移行について課題を抱えているお客様が少なくない現状です。

「RICOH e-Sharing Service」の主な特徴

1.モバイルパソコンやスマートフォンなどで手軽にアプライアンスBOXへリモートアクセス

お客様社内に設置した「APX2-ESS/RO5A」を、同一ネットワーク上にあるファイルサーバーと連携させ、モバイルパソコンやスマートフォンなどでRICOH e-Sharing Service専用アプリを使い「APX2-ESS/RO5A」内に保存されているファイルを社外(外出先)から手軽に閲覧できます。

2.アプライアンスBOXでデータを保存・管理、クラウド上にデータを保持しない安心設計

「RICOH e-Sharing Service」はクラウド上にデータを保持せず、RICOH クラウドサービスを経由して「APX2-ESS/RO5A」に保存されたファイルへアクセス・閲覧します。保存データはオンプレミスで「APX2-ESS/RO5A」内で管理するため、クラウド移行に不安を抱えているお客様にも安心してご利用いただけます。

3.複合機との連携により外出先からもファクス文書を送受信可能

リコー複合機との連携により、社外(外出先)からファクスの送受信ができます。さらに、受信したファクスをテキスト情報付PDFで保存することができ、ファクス受信文書の一元管理も可能です。

アイ・オー・データ機器アプライアンスBOX「APX2-ESS/RO5A」の主な特徴

Windows® 10 IoT Enterprise LTSC 2021を搭載、標準で5年保証やデータ復旧サービスに対応したアプライアンスBOXです。本製品は、5年間のオンサイト保守サービスがあらかじめ含まれています。商品の不具合発生時には、リコージャパンのサービスエンジニアがお客様先に訪問し、現地にて不具合確認の上、代替品との交換作業を行います。

今後の展開

2023年3月にはリコーの共創プラットフォームである「RICOH Smart Integration」のタイムスタンプ機能と連携を予定しており、電子帳簿保存法への対応強化を進めてまいります。今後も順次リコーのソリューション製品と連携を検討し、お客様の業務改善・DXを後押ししてまいります。

※Adobe PDFは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。
Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、お客様のデジタル変革を支援し、そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2022年3月期グループ連結売上高1兆7,585億円)。
imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。