日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

リコー、ラテックスインク搭載の大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」を発売

~サインディスプレイ・インテリア市場で求められる高い生産性と幅広いメディア対応力を強化~

2021年3月3日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、サインディスプレイ市場に向けて、ロールメディアに印刷して壁紙や懸垂幕、タペストリーなどを制作する大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」を2021年3月15日に発売します。

RICOH Pro L5160e/L5130e
(オプションのオペレータコールライト装着時)

近年、商業施設ではブランド構築や、商品のプロモーション、店舗のコンセプトにあわせた空間を演出するために、壁紙の貼り換えや屋外・屋内の広告を季節ごとに短納期で行うニーズが拡大しています。こうしたニーズに対応するために、印刷会社では多品種小ロットの生産が可能なデジタルプリントの役割が増しています。一方、従来からサインディスプレイ市場で広く活用されているソルベントインク(溶剤系インク)は、印刷後の乾燥時間が長く、制作に時間と手間がかかるほか、環境や人体に影響のある成分が含まれ強い刺激臭が発生するため、屋内の壁紙用途としては制限があります。

新製品「RICOH Pro L5160e/L5130e」は、2014年1月に発売したラテックスインクを搭載した「RICOH Pro L4160/L4130」の後継機種で、従来機に比べ、生産性と操作性を向上させました。3つのインクジェットヘッドをスタガ配列*1することで一度に広い面積の印刷を実現し、さらには速乾性のあるラテックスインクを採用することで従来のソルベントインクで必要だった乾燥時間を削減し、標準モードで印刷速度25m²/h*2と前身機と比べ、約2倍の印刷速度を実現しました。水性ベースでVOC*3が極めて少なく特別な換気を必要としないラテックスインクを採用することで、屋外・屋内の広告や壁紙を高速で印刷できるようにしました。紙・布などのノンコートメディアや、塩化ビニールやターポリンといった幅広いメディアへの出力が可能となります。また、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック(CMYK)のインクに加え、オレンジとグリーンのインクを搭載し、CMYK4色では再現しにくい華やかなオレンジや明るいグリーンの表現を実現し、POPなどの表現力を高めています。さらに、ホワイトインクを下地*4として使用することで、PET(PolyEthylene Terephthalate)などの透明素材でも本来の色鮮やかさを再現できるため、ウィンドウグラフィックスなどのアプリケーションへも高画質な印刷が可能です。また、操作画面は新たに4.3インチのフルカラー液晶タッチパネルを搭載し操作性を向上させ、テスト印刷やヘッドの高さ調整などのさまざまな設定も画面にタッチするだけで簡単にできるようになりました。

また、このたび、リコーの国内販売会社であるリコージャパン株式会社(社長執行役員:坂主 智弘)は壁紙ビジネスに必要な設備やノウハウを有するリンテックサインシステム株式会社(代表取締役:小島 一仁、以下、リンテックサインシステム)とパートナーシップを組みます。デジタルプリントのニーズが増加するなか、壁紙の生産・販売に必要な建築基準法に定められた防火認定やF☆☆☆☆(読み:エフ フォースター)といった証明書発行に際して、その製造基準認証を製造業者が取得する必要があります。

リンテックサインシステムは、こうした課題解決を支援するために、申請書の記入ノウハウの支援から認証までを一気通貫で行うことができます。さらには、同社が提供する壁紙とリコーのラテックスインクとの組み合わせで印刷した壁紙の評価がすでに済んでいるため、認証取得に必要な評価プロセスの短縮が可能です。新製品を活用した国内の壁紙ビジネスの展開は、お客様の認証支援を含めてご支援します。

リコーは、屋内外のサインディスプレイや壁紙市場において、多品種少量や短納期へのニーズに柔軟に対応する製品・サービスを提供することで、印刷会社のビジネス拡大を支援するとともに、衣・食・住に関わるさまざまなシーンでプリントの可能性を広げ、新しい価値、新しい体験を提供することで、新たなプリント文化の創造に寄与してまいります。

*1
インクヘッドの位置をずらす配列
*2
4色モードの場合
*3
Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物
*4
ホワイトインクを下地とした場合は、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色
製品名 RICOH Pro L5160e RICOH Pro L5130e
プリント方式 インクジェット方式
最大プリント範囲 1,625mm 1,371mm
標準価格(スタンド込み、消費税別) 280万円 250万円
受注開始日 2021年3月4日

なお、リコージャパン株式会社は、2021年3月9日(火)から12日(金)まで開催される第50回店舗総合見本市「Japan Shop」に出展します。

第50回店舗総合見本市「Japan Shop」

会期
2021年3月9日(火)~12日(金)
場所
東京ビックサイト(東京国際展示場)西展示棟(東京都江東区有明3-11-1)
主催
日本経済新聞社
URL
https://messe.nikkei.co.jp/js/
リコーブース
西1ホール JS1330
PANTONEは、米国Pantone LLCの商標または登録商標です。
その他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。