Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

メキシコで森林保全プロジェクトを開始

2015年9月18日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、一般社団法人バードライフ・インターナショナル東京(代表:鈴江恵子)の協力を得て、メキシコのオアハカ州とチアパス州に広がるマール・ムエルト干潟ならびにエンクルシハダ生物圏保護区で森林保全プロジェクトを開始します。

 

   同地域は渡り鳥が経由するルートであるアメリカフライウェイや太平洋フライウェイの要所となっており、太平洋沿岸やメキシコ湾を渡る多くの絶滅危惧種にとって重要な生息地となっています。しかしながら、マングローブ林の伐採、水路や堤防の建設などによる乾燥化とゴミによる汚染で、その湿地生態系の劣化が強く危惧されています。また、近年では、台風をはじめとする自然災害でも被害を受け、漁業にも被害がでています。マングローブ林の保全活動を進めることで、湿地生態系の回復、自然災害による被害の緩和と現地の人々の生活基盤の改善が期待されます。本プロジェクトは、バードライフ・インターナショナルのメキシコにおけるパートナー団体であるPronatura Sur.A.C.(PSU)が推進し、今後3年間で1)植林面積の増加、2)マングローブ林の生態系調査の仕組みの構築ならびに実施、3)復元されたマングローブ林を持続的に利用する生計向上活動の実施、に取り組みます。この3年間の活動はパイロット活動と位置づけ、活動の成果を反映して将来的には植林地域を拡大する計画です。

 

画像:ワークショップの様子
ワークショップの様子

画像:マングローブの植樹活動
マングローブの植樹活動

 

   リコーは、生態系の中でも特に生物多様性が豊かな「森林生態系」に注目して、1999年から環境NGOや地域のパートナーシップのもとに、社会貢献積立金*を活用して「森林保全プロジェクト」を実施しています。これらの活動は単なる植林とは異なり、土地固有の生物種の生息域や住民生活を守ることを主眼とするもので、持続的な森林管理の枠組みの構築を目的に行われています。森林生態保全は短期では実現できないとの理解から、支援期間が比較的長期に亘ることも特徴のひとつです。現在活動中のプロジェクトはロシア、中国、マレーシアなどで、メキシコでの活動は14番目のプロジェクトになります。

 

   最近では、2007年にスタートした大西洋岸低地熱帯林ボアノバにおける森林復元のプロジェクトが自立フェーズに移行し、8年にわたる支援がこの7月に終了しました。ボアノバでは、ブラジルの全絶滅危惧種の6%に相当する10種もの鳥類を含む動植物が生息しています。しかしながら、その生息地である森林は違法伐採、プランテーション、焼畑、過放牧などにともなう破壊により、最大時の7%程度にまで減少していました。ボアノバのプロジェクトでは、住民が森林と共生できる循環型社会の実現を目指して、薪からガスなどの代替エネルギーへの利用促進、植林、残った森林の保全、バードツーリズムの振興、児童への環境教育などの活動を推進。その結果、2010年には国立公園に指定され、さらに、リコーの長期支援を高く評価したブラジル政府による資金援助が決まり大規模植林の目処が立ちました。また、ボアノバ郡政府が環境を軸にまちづくりを進めると環境宣言するなど、大きな成果を挙げました。

 

*リコーの社会貢献積立金とは
リコーには、安定した継続性のある社会貢献活動の取り組みを支える「社会貢献積立金制度」があります。1998年の株主総会で承認されたこの制度に基づき、取締役会で利益処分案の承認を受け、利益の一部を「市村自然塾関東」「リコー・サイエンスキャラバン」「森林保全プロジェクト」などの社会貢献活動に活用しています。メキシコの「マングローブの林再生プロジェクト」も2015年6月19日に開催された株主総会で承認されたものです。

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。