Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

中国で再生複合機ビジネスを開始

~複合機メーカーで初めて、使用済み複合機の中国への輸入と再生製造の認可を取得~

2015年7月17日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、環境保全と利益創出の同時実現を目指す環境経営の取り組みの一環として、再生複合機のビジネスを今夏から中国で開始します。
   現在、先進国を中心に再生複合機を年間6万台販売しており、この度のビジネスの開始により、3年後には中国での販売台数1万台を加えて、グローバルで8万台を目指します。

再生複合機ビジネスの背景

   リコーでは、環境保全意識の高いお客様を中心に再生複合機の導入を進めてまいりました。これは、使用済みの複合機を回収し、分解、清掃、部品交換、組立などの処理を行い、再び市場に出荷するという事業であり、日米欧を中心に展開しております。

中国で再生複合機ビジネスを開始

   リコーは、現地に密着し中国の市場特性やニーズを把握するためのマーケティング活動を2010年から本格的に実施しており、その活動の中から、再生複合機の需要を確認し、準備を進めてまいりました。ビジネスの開始に当たっては、複合機メーカーとして初めて、使用済み複合機の中国への輸入と再生製造の認可を国家品質監督検査検疫総局から取得しました。
   再生処理を行う中国の工場(福州)に使用済み複合機を集め、7月から製造を開始し、8月からリコーチャイナ(上海)を通じて販売する予定です。工場に集める使用済み複合機は、静岡県御殿場市に新たに開所する「リコー環境事業開発センター」をはじめ、世界各国から回収します。

   先進国で展開してきた再生複合機ビジネスをこの度、中国に拡大し、さらに他の新興国への拡大も視野に入れ、リコーはグローバルにおける持続可能な社会の実現に向けた取り組みを加速してまいります。

画像:複合機の再生処理を行う工場(中国・福州)
複合機の再生処理を行う工場
(中国・福州)

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。