Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

車載機器向け高耐圧、軽負荷高効率、SSCG内蔵の降圧DC/DCコントローラIC「R1272Sシリーズ」を開発

2015年6月25日
リコー電子デバイス株式会社

   リコー電子デバイス株式会社(社長:田路悟)は、大電流出力を可能とする車載機器向け高耐圧、軽負荷高効率、SSCGを内蔵した降圧DC/DCコントローラIC「R1272Sシリーズ」を開発しました。6月26日からサンプル出荷を開始いたします。

 

   近年、車載情報機器の高機能化に伴いマイコンなどのSoCの低電圧化と大電流化が進み、車載向け大電流出力電源ICが強く求められています。「R1272Sシリーズ」は、弊社製品では従来3Aが最高だった出力電流を20A*1まで引き上げました。動作最大電圧は34Vと高いため、車載バッテリ(+12V)からでも直接入力することができます。

 

   また、無負荷時の待機時消費電力は15μAです。変換効率は、出力電流が1mA時では80%以上、10mA以上では90%以上(入力電圧12V、出力電圧3.3V、動作周波数450kHz時)と、軽負荷時でも非常に高い効率を実現しました。

 

   発振周波数は外付け部品により調整可能で、更に外部クロックと同期させることも可能なため、DC/DCコントローラを搭載する電源回路で問題となりやすいノイズ対策が容易に行えます。SSCG機能によって、発振周波数および高調波の放射ノイズのピークを低減し、ノイズ対策を簡素化することが可能となります。

 

   リコー電子デバイスは今後も、お客様のニーズに対応した商品の提供を通して、お客様の競争力強化をサポートしてまいります。

 

製品名 R1272Sシリーズ
サンプル価格 200円
サンプル受注開始日 2015年6月26日
パッケージ HSOP-18
月産規模 200万個

*1 出力電流は、条件や外付け部品に依存しますので、目安とお考え下さい。

 

画像:R1272Sシリーズ
R1272Sシリーズ


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。