Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、新入社員が南三陸町で復興支援

~今年で4年目、 浜辺で漁業の支援活動~

2015年4月15日
株式会社リコー
認定特定非営利活動法人ジェン

  株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司、以下リコー)と、認定特定非営利活動法人ジェン(代表理事:吉岡健治、以下ジェン)は、宮城県本吉郡南三陸町で、リコーの新入社員研修の一環として、町の基幹産業である漁業の復興支援活動を行います。本活動は、東日本大震災発生の翌年から行っているもので、今年で4年目になります。

 

  リコーは2012年度から新入社員研修に被災地支援を取り入れ、ジェンが行っている生業回復支援と連動し、漁業再開と収入回復への支援活動を行ってきました。復興事業が進む南三陸町では、基幹産業である漁業の復興において担い手が不足しています。過去3年間、短期間ながらも、毎年リコーが継続して新入社員研修を行うことで、漁業再開に加えて、地元の人々の勇気や希望を抱く一助としていただいてきました。4年目となる今年は、新たに漁業協同組合や、観光協会に研修運営へのご協力を得ることになりました。ジェンが現在復興支援として行っている「交流人口創出」や「地域の受け入れ体制構築」に、新入社員研修が連動することで、南三陸町の復興への足がかりになることを目指しています。今年は197名の新入社員がグループに分かれて、南三陸町の各浜で地元の漁師の方々とともに、ワカメの出荷や養殖関連の作業を行います。

 

  漁師の方々から、例年「一番忙しい時期に、連続して4日間同じ研修生が来てくれるので効率がよく助かっている」「研修生と話すと心の底から笑えて楽しく会話できた」という感想を多くいただいてきました。最近では、「リコーから毎年継続して来てくれるので、自分たちの養殖業が一歩一歩前進している姿をみてもらうことができ、年に一度、浜の漁師が団結するきっかけにもなっている」との声も届いています。研修を終えた新入社員からは、「TVでは感じられない何かを自ら感じ、学ぶことができた」「普通の生活では経験できないことが経験できた」「必ずまた南三陸に足を運ぼうと思った」などの感想が寄せられ、復興支援活動が社員自身の気づきや学びの場となることを確認してきました。今年もリコーは、この活動を通じて、多くの困難に日々向き合っている被災地の方々のお役に少しでも立ち、その体験を通して、さまざまな学び・気づきを得て、今後の社会人生活に活かして欲しいと思っています。また、ジェンは、リコーの新入社員が毎年復興支援活動に参画するという貴重な機会を通して、東北の復興に貢献し、研修を終えた後も被災地の未来に思いを馳せる若者が増えることを願っています。

 

  震災以降、リコーは、グループ各社のリソースや強みを活かし、地域経済の復興をめざしてさまざまな支援活動を実施してきました。被災地で見つかった写真を、複合機でデジタル化して検索しやすくご提供するセーブ・ザ・メモリープロジェクトでは、9万枚を超える(2015年3月現在)写真を被災者の皆様にお返しすることができました。また、東松島市の「環境未来都市構想」や、陸前高田市の「子どもまちづくりクラブ」などに対する支援を継続しています。甚大な被害をもたらした震災から4年が経過しましたが、 被災地の復興までは長い道のりです。リコーは今後も、社会に対する使命として、被災地の復興に向けた継続的支援活動を実践していきます。

 

活動の概要

日      程   :   4月20日(月)~24日(金)および 4月27日(月)~5月1日(金)(各4泊5日)
人      数   :   197名   前半:88名
  後半:109名(リコーインダストリー株式会社:6名、リコーテクノロジーズ株式会社:3名を含む)
活動内容   :   ワカメ、メカブの出荷作業や養殖関連作業

 

| 認定特定非営利活動法人ジェンについて |

1994 年1月に旧ユーゴスラビア地域における緊急支援のために設立。以来、「生きる力、を支えていく。」をモットーに、一貫して、現地の人びとの力を活かした「自立支援」を実施。世界各地で紛争や自然災害などにより厳しい状況にある人びとへ、緊急から復興の各段階できめ細やかな支援活動を行っている。
2000 年には、NPO 法人格を取得。2005 年には「認定特定非営利活動法人(認定NPO)」として認定される。2015 年4 月現在、アフガニスタン、イラク、スリランカ、パキスタン、ハイチ、ヨルダン(シリア難民緊急支援)で支援活動を継続中。
東日本大震災では発災後、 3 月25 日に石巻事務所を開設。石巻出身者を中心に12名の職員が支援活動に従事。緊急期には、炊き出し、物資配布、泥だしボランティア派遣などを実施。仮設住宅へも全世帯への生活用品を配布した。
また、市民・企業・団体・専門家との連携を通して、緊急期よりさまざまなプログラムを実施した。現在、コミュニティ支援、生計回復、交流事業の活動を実施中。平成23年度外務大臣表彰受賞。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jen-npo.org/

関連コンテンツ

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円・国際会計基準)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。