Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

ワークスタイル変革を支援するコラボレーションツール

リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510」を新発売

2015年1月13日
株式会社リコー

  株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、オフィスをはじめとしたさまざまな場所におけるコラボレーションを促進するインタラクティブホワイトボードの新モデルとして、「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510」(以下、「リコー IWB D5510」)を1月26日から発売します。

  本製品は、2013年2月に発売した「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500」の後継機として、お客様から好評だった特徴はそのままに、さらに使いやすさを追求しました。パソコンやタブレット端末などの資料を表示し、書込みなどの共同作業をすぐに始められる簡単な操作性、電子ペンでの滑らかな書き心地に加え、手書き文字をテキストデータに変換するOCR機能(14言語に対応)やスタンプ機能を新たに搭載しました。さらに、ネットワークを経由した遠隔拠点との画面共有*も接続可能台数を従来の4台から20台へと大幅に拡大しました。これにより、遠隔地間の打ち合わせなどにおいても、効率的で生産性の高いコラボレーションを実現します。このほか、HDMI端子やスピーカー端子が追加され、拡張性が向上しました。
*オプションの「リコー インタラクティブ ホワイトボード リモートライセンス タイプ1」が必要です。

  リコーは、ビジネスや教育現場における、会議やコラボレーションの効率化・組織活性化をさらに加速させ、新しいワークスタイルを提案するとともに、お客様の創造的な活動を支援してまいります。

製品名 リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510
画面サイズ(液晶パネル) 55v型ワイド(フルHD対応、LEDバックライト搭載)
電子ペン検出方式 光遮断方式
標準価格 オープン価格
提供開始日 2015年1月26日
販売目標 1,500台/年

<新製品 「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510」 の活用イメージ>

画像:活用イメージ1

画像:活用イメージ2

画像:リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510
リコー インタラクティブホワイトボード D5510
(オプションの専用スタンドを装着したもの)


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円・国際会計基準)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。