Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、インド工科大学ガンジナガール校に寄附講座を設置
~新興国におけるオープンイノベーションの推進~

2013年1月22日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、インド工科大学ガンジナガール校(インド・グジャラート州)がデザインとイノベーションの研究センター(Design and Innovation Centre: 以下DIC)を新たに設置する計画に対し、産業界からのパートナーとして2013年度から3年間にわたり資金面での支援を行います。また、DICにおける研究プロジェクトの一部をリコーが提案し、共同研究を行っていきます。これにより、リコーは、オープンイノベーションをさらに推進し、グローバルなリソースを活用した研究開発を加速すると共に、インドならびに類似新興国における市場ニーズの探索を進めていきます。


写真

インド工科大学ガンジナガール校ディレクターSudhir K. Jain(スディール・ジャイン)教授とリコー常務執行役員・研究開発本部長 野中照元(左)


インド工科大学は、インド国内に16ある国立高等教育・研究機関の総称で、その研究水準の高さは国際的にも認められています。その中で、ガンジナガール校は2008年に開校した新しい大学で、インド西部グジャラート州の州都に位置しており、伝統的文化と最先端のITインフラ、学問と産業の交差する場所という地の利があります。


一方リコーは、「新興国市場に最適な製品・サービスやビジネスのことは新興国に身をおいて考え、形にしていく」という考え方の下に、2012年2月にインド南部のバンガロールにITの研究所としてRicoh Innovations Private Limited (以下RIPL)を設立しています。そこでは、長年培ってきた最先端のITコア技術を、インドのニーズに適用し、現地発のITソリューションを創造する活動を始めています。同大学ガンジナガール校とは、すでにRIPL設立準備段階から教育分野におけるIT技術の応用研究や実証実験で連携を深めています。本寄附講座はこの考え方をさらに推し進めるもので、これまでの実績に基づき、同大学ガンジナガール校が新たな研究センターを設置するに当たって、このほど両者が合意したものです。


新設されるDICは教育と研究両面の機能を持ち、専任・兼任の教官、専任の技術スタッフ、そして学生がそれぞれ自由な立場で研究活動を行います。リコーからも下記のようないくつかのプロジェクトを提案し、共同研究を進めていきます。
- 提案プロジェクトの例
・インドにおけるIT活用とワークフローの研究
・ユーザインタフェースの研究
・インドや類似新興国におけるデザインの嗜好性の研究
・リコー製品群の新興国における新たな活用の研究


なお、各方面の有識者で構成されるDICのアドバイザリー委員会にはリコーから研究部門、事業部門の責任者3名が参加し、研究の進捗のレビューや方向性について意見を述べることができるようになっています。


インド市場で受け入れられる製品やサービスは、合計で25億人とも言われるアフリカ、中東、東南アジアなど類似環境の新興国への展開も可能と考えます。また、一方で、新興市場に受け入れられるソリューションは、先進国で新たなイノベーションを生む(リバースイノベーション)の可能性も秘めています。リコーはこれら中長期的視点に立ち、今後も積極的にインドでのオープンイノベーションを進めていきます。


このニュースリリースの関連リンク

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円・国際会計基準)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。