Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

豊富な検索機能を備えた複数ファイルの一括印刷ソフトウエア
「Speedoc SelectPrint」の提供を開始

2012年9月5日
サイオステクノロジー株式会社
株式会社リコー

 サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫 以下、サイオス)と株式会社リコー(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:近藤史朗 以下、リコー)は、複数のフォルダからファイルを検索し、一括で印刷することができるソフトウエア「Speedoc SelectPrint(スピードック セレクトプリント)」の提供を開始いたします。

 本製品は、リコーの推進するオフィスソリューション「Operius(オペリウス)」の開発パートナーであるサイオスがリコーの技術協力のもとに開発したもので、サイオスが販売を行うほか、Operius認定商品としてリコージャパン株式会社からも販売いたします。なお、販売目標として、初年度1,000本の販売を計画しています。

製品名 Speedoc SelectPrint
標準価格 98,000円(消費税別)
提供開始日 2012年9月5日

*本製品の保守および導入設置費用は別途となります。

 本製品では、ファイルの一括印刷には欠かせない豊富な検索機能(検索フォルダの指定、ファイルの種類やファイル名といった条件検索など)を備え、一括で印刷したいファイルをすぐに見つけ出すことが可能です。検索対象は、Windows®フォルダ内の複数のフォルダに保存されたファイルのほか、リコーの文書管理システム「Ridoc Smart Navigator」で登録されたファイルも含みます。また、Office、TIFF、PDFファイルなどさまざまな種類のファイル形式*1にも対応しています。さらには、印刷ツール上で、ファイル名や種類、フォルダ名が一覧で表示されるため、不要なファイルはソフトウエア上から削除も可能。ムダな出力を無くすことができます。

 印刷機能としては、対象ファイルの出力部数や出力順序を自由に変更することが可能なほか、フィニッシャー機能などオプションが搭載されたリコーのデジタル複合機(MFP)を利用することにより、ファイル単位でのステープルやパンチ開けなども可能です。この他、MFPの印刷設定や印刷対象ファイルなどの情報を本ソフトウエアに保存することができるため、定期的に印刷が必要なマニュアル類、カタログ、学校の入学案内や教材、介護施設の入所案内などのドキュメントを少ない手順で容易に印刷することができます。これにより、一括印刷業務における作業負荷を大幅に軽減することができます。*2

*1 対応ファイル形式:TIFF、PDF、XDW、Word®、Excel®、PowerPoint® (.docx、.xlsx、.pptxを含む)
*2 印刷指示をかけてから全てのファイルが出力されるまでの時間は、通常印刷のおよそ1/3~1/4程度に短縮することが可能です(サイオステクノロジー株式会社調べ。なお、使用するパソコンの性能、OS、ネットワーク環境により、短縮時間は異なります)。


<「Speedoc SelectPrint」のシステム概要>

「Speedoc SelectPrint」システム概要図

※Windows、Excel、Word、PowerPointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Adobe PDFは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。
※この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

このニュースリリースの関連リンク

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます