Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

多彩な印刷手段でお客様のニーズにお応えするクラウドプリンティングサービス
FlexRelease CX」の提供を開始

2012年5月8日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、当社のクラウドサービス共通基盤に、企業向けクラウドプリンティングサービス「FlexRelease(フレックスリリース) CX」を構築し、5月10日から提供を開始します。海外市場においても順次サービスを展開します。


サービス名 FlexRelease CX Standard
標準価格(消費税別) 月額:2,500円(出力機器1台あたり)
提供開始日 2012年5月10日
販売目標 3,500本/年間

*本サービスを利用するには、デジタル複合機に「imagio VMカード(20,000円)」の装着が必要です。 また、リコーのクラウドサーバーに接続するためのアプリケーション「FlexRelease CX Embedded」(無償)を デジタル複合機に導入する必要があります。


 本サービスは、ユーザーID/パスワードによる利用者認証を行い、クラウド上にアップロードしたデータを「FlexRelease CX」に対応したデジタル複合機(MFP)やプリンター*1からインターネット経由で印刷することができるクラウドプリンティングサービスです。WebブラウザやEmail、iPhone/iPad向けの専用アプリケーション(無償) *2から、印刷したいファイルをアップロードすることで、モバイルPCやスマートフォン、タブレット端末*3から、ドライバーレスで印刷を行うことができます。また、本サービス向けにPC専用のプリンタードライバー*4を提供し、これまで通りの操作方法で、各種アプリケーションから印刷指示を出すこともできるなど、多彩な印刷手段をご提供します。


 これにより、出先の拠点などでネットワーク環境に依存せず*5、ロケーションフリー印刷を行うことができます。例えば、出張先のオフィスや、関連会社の社員など複数の企業が集まる場所などで、デバイス(クライアント側/出力機器側)を問わず容易に印刷を行うことができます。また、お客様はロケーションフリー印刷環境を構築するためのサーバーを設置・運用する必要がありません。リコーは、本サービスを通じて、セキュアで利便性の高い印刷環境の構築と、業務の効率化に貢献してまいります。


 今後、本サービスは、お客様の企業内認証サーバー(LDAP/ADなど)とも連携させ、より効率的かつセキュアな印刷環境を実現するといった、幅広い運用のニーズにも対応させてまいります。


  • *1プリンターは2012年中に対応予定です。
  • *2専用アプリは、iTunes Store内の「App Store」、またはiPhone / iPadの「App Store」から無料でダウンロードすることができます。
  • *3Android端末ではメール送信による印刷に対応しています。
  • *42012年7月末に提供開始予定です。
  • *5出先で印刷を行いたい場合、出力指示をするクライアント側は、出先のネットワーク(イントラネット)に接続せずに、インターネット経由でも印刷することが可能になります。ポートの設定や個々のプリンタードライバーのインストールは不要です。

<クラウドプリンティングサービス「FlexRelease CX」の概要図>
クラウドプリンティングサービス「FlexRelease CX」の概要図

※iPhone、iPad、iTunes Store、App StoreはApple Inc.の商標です。
※IOSの商標または登録商標は、Ciscoの米国およびその他の国のライセンスに基づき使用されています。
※Androidは、米国およびその他の国におけるGoogle Inc.の登録商標または商標です。