Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

~ 学生による創造力と技術力への挑戦 ~
RICOH & Java™ Developer Challenge Plus 2012」参加募集を開始

2012年4月24日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、大学の学生を対象に、リコー製品を組み合わせたJava™ビジネスアプリケーションのアイデアを考え、その実装までを含んだ開発技術を競うコンテストを今年度もスタートさせ、参加募集を開始します。2008年度の開始以来5回目となる今回は、「RICOH & Java™ Developer Challenge Plus (デベロッパーチャレンジ・プラス)」として、従来からのデジタル複合機に加えて、レーザープリンターとプロジェクターも開発対象とし、チャレンジの場を広げました。


RICOH & Java™ Developer Challenge Plus 2012

 参加チームには一次選考の課題として、エミュレータ等を使って開発したプログラムとレポート、システムを紹介する動画を提出していただきます。一次選考を通過した8チームには、リコーから実機を貸出し、2013年1月の最終選考に向けた実機でのプログラミングを行っていただきます。審査は「技術」と「マーケティング」の両面で行われ、システムデザイン、プログラミングスキル、プログラムの完成度、技術文書の品質などに加えて、コンセプトや独創性、操作性も重要な要素となります。最終選考会では、これらに加えて実機でのデモンストレーション、プレゼンテーションスキルなども評価の対象となります。


 これまで累計で45校(延べ78校108チーム)がチャレンジをしています。回を重ねる毎に年々レベルが上がり、先進的な開発手法による開発のみならず、市場調査やビジネスモデルの提案、ユーザーの実証実験まで実施しているチームも珍しくなく、今年もハイレベルな戦いが期待されます。


 本コンテストの開発期間中には、無償で開発キットの提供や参加学生を対象とした技術講習会を実施するほか、専用技術サポート窓口を開設するなど、技術指導にも力を入れています。システムの企画・提案から、実機でのプログラミングによるアプリケーション開発まで、実社会でのシステム開発のプロセスを体験できる機会として、指導教員の皆様、参加された学生の皆様から高い評価をいただいています。


 昨年は中国から招待した1チームが参加しましたが、今回は海外からの一般参加の申し込みも受け付けます。


<「RICOH & Java™ Developer Challenge Plus 2012」の開催概要>

1. 主催 株式会社リコー
2. 協賛 日本オラクル株式会社
3. 参加資格 大学の学生と指導教員の方
(個人でも複数名でのチームでも参加可)
4. 参加費 無 料
5. スケジュール 募集期間: 2012年4月24日(火)~5月31日(木)
一次選考: 2012年9月下旬
最終選考: 2013年 1月中旬予定
6. 詳細情報 大会概要・募集要項やこれまでの入賞システムなど
「RICOH & Java™ Developer Challenge Plus 2012」サイト
www.ricoh.co.jp/javachallenge/
7. お問い合わせ先 株式会社リコー
「RICOH & Java™ Developer Challenge Plus 2012」事務局
TEL:03-3777-8231(代表) E-mail:javachallenge@nts.ricoh.co.jp


※ OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

このニュースリリースの関連リンク

「このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます