Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

クラウドサービス共通ポータル"start.ricoh"の提供を開始
~お客様のビジネスプロセスの最適化を支援するサービスをクラウドの活用で強化~

2012年3月15日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、法人向けクラウドサービスを開発・提供するプラットフォームを統合し、多様化するお客様のワークスタイルに新たな価値を提供するクラウドサービス共通ポータル「start.ricoh」を2012年度から国内での提供を皮切りに順次グローバルに展開します。今後リコーは、「start.ricoh」を通じて、以下のサービスを提供し、お客様が1つのIDで複数のサービスを利用できる環境(シングルサインオン)を整え、いつでもどこでも安心して業務処理やコミュニケーションが行える環境を提供することで、多様なニーズにお応えします。
(1) 文書のプリントやスキャン、ストレージなどのドキュメントサービス
(2) 情報共有や遠隔地との映像によるコミュニケーションなどを実現するサービス
(3) 他社ベンダーやパートナー企業のクラウドサービス
  また、これまでサービス毎に管理をしていた利用状況などを一元管理することで、業務管理負荷の低減を同時に実現いたします。

 第一弾のサービスとして、デジタル複合機(MFP)やプリンターと連携し、スマートフォンやタブレット端末からの印刷や、ネットワーク環境に依存しないロケーションフリー印刷をセキュアに実現するクラウドプリンティングサービスを2012年5月上旬に国内市場から提供開始し、順次、海外市場に展開します。

<クラウドサービス共通ポータル「start.ricoh」で提供するサービスの全体概要図>


サービスの全体概要図

 リコーは2001年に米国においてドキュメント管理サービスを提供して以来、MFPやプリンターの稼動状況を監視し、故障時の自動連絡やサプライの自動発注などのサポートサービスを支援する「@Remote」や、昨年提供を開始した「リコー ユニファイド コミュニケーション システム」に至るまでクラウド技術を活用して、さまざまなサービスを提供してまいりました。

 今後はこれらで培ったサービスを順次「start.ricoh」上で提供し、多様化するお客様のニーズに合わせたサービスメニューの拡充を行うことで、データを持ち歩かずに外出先で印刷や他拠点との会議、プレゼンテーションを行える環境を実現するほか、シングルサインオンによる認証で複数の自社・他社のクラウドサービスの利用およびこれらを組み合わせた高付加価値のソリューションを提供いたします。また、リコーがグローバルに展開するITサービスと組み合わせ、お客様にとって最適なIT環境を最適な形で、安心して利用できるサービスをワンストップで提供してまいります。