Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

理経が取り扱う「FollowMe」とリコーのMFPとの連携ソリューション
組み込み型セキュリティモジュール「FollowMe Embedded」を提供開始

2011年11月21日
株式会社理経
株式会社リコー

 株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青柳勝栄、以下 理経)と株式会社リコー(本社:東京都中央区、社長執行役員:近藤史朗、以下 リコー)は、理経の取り扱うRingdale社(米国テキサス州)のプリント出力管理・認証システム「FollowMe」に、リコーのデジタル複合機(MFP)「imagioシリーズ」を対応させる拡張モジュール「FollowMe Embedded(フォローミー エンベデッド)」の提供を11月21日に開始します。

 本モジュールは、リコーが海外で推進する「RiDP(Ricoh Developer Program)」を利用して、Ringdale社がリコー製MFP専用に開発したものを、国内で推進する「Operius(オペリウス)パートナープログラム」で認定し、商品化したものです。販売は、理経およびリコージャパン株式会社が行います。
 まずは首都圏で提供を開始し、順次全国に対応する予定です。

製品名 FollowMe Embedded
標準価格 39,000円(消費税別)/MFP1台あたり
提供開始日 2011年11月21日
販売目標 150セット/年間

*このニュースリリースに掲載されている価格および料金には消費税は含まれておりません。


≪新製品『FollowMe Embedded』の概要≫

 「FollowMe」は、リコーのMFPを含むマルチベンダー環境でMFPやプリンターの管理・運用が可能なシステムとして、これまで海外で約200社に導入実績があります。新製品「FollowMe Embedded」の提供により、「FollowMe」上で新たに国内のリコーのMFPも管理・運用することが可能となります。非接触ICカードによるユーザー認証を利用したユーザー毎のカラー/モノクロ制御、FAX・スキャン設定、セキュリティ設定、事業所・部課単位での出力ポリシー設定、使用量・コスト管理をすることができるほか、「FollowMe」で管理されたネットワーク上のMFPであればどのMFPからでも印刷を行うことができます。
 なお新製品は、主に海外で「FollowMe」を導入している企業が日本法人においても同システムで管理・運用したいというご要望に対応するほか、マルチベンダー環境のMFPやプリンターを1つのシステムで管理・運用したいというご要望に対応いたします。

システム概要