Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、ニューヨーク、ロンドンに続きシドニーに
100%自然エネルギーで点灯する広告塔を設置

2011年7月27日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州ノースシドニー市に、100%自然エネルギーで点灯する広告塔を設置し、昨日26日、現地政府関係者や各方面の皆様にお集まりいただき、完成の記念式典を開催しました。この広告塔は、太陽光によって自家発電する装置から得る電力を蓄電し、点灯します。外部からの供給電力は一切使用しませんので、天候次第では点灯しなくなる可能性もあります。

 本広告塔は、ニューヨーク・タイムズスクエア(※1)、ロンドン(※2)に続く、リコーが海外に設置した自然エネルギーで点灯する3つめの広告塔となります。リコーは、環境保全と利益創出を同時に実現する「環境経営」を目指して活動しています。これらの広告塔の設置はリコーの企業姿勢を伝えるべく、自然エネルギーにこだわって進めているプロジェクトの一環です。「天候によっては、点灯せず、看板としての機能を果たさないとしても、やむを得ない。企業名を訴求することだけが目的ではなく、この広告塔から発信されるメッセージによって、多くの方が環境を意識し、持続可能な社会実現のための大きな流れにつなげたい」という考え方に基づいています。96枚の太陽光パネルを備え、計算上の平均発電量は約123,200wh/日です。

 リコーグループは、2050年までに環境負荷を8分の1に低減するという高い目標のもと、全員参加で環境負荷削減活動に取り組んでいます。広告塔以外にも、自然エネルギー活用による省エネ活動に積極的に取り組み、1999年に厚木事業所で街路灯用に導入したのを始めとして、2006年に沼津事業所で排水処理用、今年2月にはアメリカの関連会社社屋用などで自然エネルギーによる発電システムを導入しています。

(※1)ニューヨーク・タイムズスクエア広告塔:
  2009年4月から試験点灯、2010年6月完成
(※2)ロンドン広告塔:
  2011年6月完成

<広告塔の主な仕様>

1.設置場所
 132 Arthur Street, North Sydney, NSW 2060  (シドニー中心部から北に約4㎞)

2.広告塔の大きさ
 全体:高さ 17.1m × 幅19.5m 

3.自家発電システムのスペック
 太陽光パネル 96枚
 蓄電池     48基
 平均発電量   123,200wh/日 

4.完成時期
2011年7月26日

シドニー広告塔

シドニー広告塔