Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

業績予想と決算値との差異および東日本大震災の影響に関するお知らせ

2011年4月27日
株式会社リコー

 平成23年2月2日に公表しました、平成23年3月期(平成22年4月1日~平成23年3月31日)の連結業績予想と決算値との差異につきまして下記のとおりお知らせいたします。

1.平成23年3月期通期連結業績予想と決算値との差異
  (平成22年4月1日~平成23年3月31日)

売上高 営業利益 税引前当期純利益 当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
2,020,000
百万円
85,000
百万円
75,000
百万円
35,000
当期実績(B) 1,942,013 60,196 45,400 19,650
増減額(B-A) △77,987 △24,804 △29,600 △15,350
増減率(%) △3.9% △29.2% △39.5% △43.9%
(ご参考)前期実績 2,016,337 65,997 57,524 27,873


2.差異が生じた理由
  東日本大震災による被害損失および震災による第4四半期の国内売上高の減少によるものです。


3.東日本大震災の影響について
 当社グループへの東日本大震災の影響は、当該地域に所在する生産拠点、販売およびサービス拠点、研究開発拠点において、設備の損壊等の被害が発生いたしました。加えて、輸送インフラの寸断、ガソリンなどの供給不足などにより、日本国内を中心に広範にわたって製品の販売・出荷に影響を受けました。
 震災による当期の被害損失は約94億円となりましたが、震災発生直後から災害対策本部を立ち上げ、復旧活動に努めた結果、生産拠点においては4月中旬までにほぼ通常生産ができる状態に復旧することができました。今後につきましては、在庫部材による生産継続とともに、代替品による部材供給不足の解消を進めることで、製品供給への影響を最小限にどどめてまいります。

以上