Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

第4回「RICOH & Java™ Developer Challenge 2011」参加募集を開始
~Java™を駆使して技術力と創造力への挑戦~

2011年4月20日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、日本国内の大学の学生/大学院生を対象に、デジタル複合機(MFP)上で稼動するJavaビジネスアプリケーションのアイデアを出して、それを実装する一連の開発技術を競うコンテスト「RICOH & Java™ Developer Challenge(デベロッパーチャレンジ)2011」の参加募集を本日開始いたします。本コンテストは、2008年に開始して以来、4回目となります。

 コンテストでは、エミュレータを使って開発したプログラムでの一次選考通過チームに対して、リコーからMFPを貸出します。各チームには、2012年1月の最終選考に向けた実機でのプログラミングを行っていただきます。審査は「技術」と「マーケティング」の両面で行われ、システムデザイン、プログラミングスキル、プログラムの完成度、技術文書の品質などに加えて、独創性やコンセプト、操作性も重要な要素となります。さらに最終選考会では、これらに加えてMFP上でのデモンストレーション、プレゼンテーションスキルなども評価の対象となります。

 「RICOH & Java™ Developer Challenge 2011」では、今後のグローバルな大会に向けた第一歩として、アジア地域から1校1チームの招待参加を予定しています。

<「RICOH & Java™ Developer Challenge 2011」の開催概要>

1.主催:株式会社リコー
2.協賛:日本オラクル株式会社
3.参加資格:日本国内大学の学生/大学院生と指導教員の方
(個人でも複数名でのチームでも参加可)
4.参加費:無料
5.スケジュール:募集期間:2011年4月20日(水)~5月31日(火)
一次選考:2011年9月30日(金)
最終選考:2012年 1月中旬予定
6.大会概要・募集要項やこれまでの入賞システムなど、詳細は下記を参照ください。
「RICOH & Java™ Developer Challenge 2011」サイト

RICOH & Java™ Developer Challenge 2011

※ OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。