Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーと日本将棋連盟が、女流将棋最高峰タイトル戦
「リコー杯女流王座戦」を設立

2011年3月10日
社団法人日本将棋連盟
株式会社リコー

 株式会社リコー(東京都中央区 社長執行役員 近藤史朗、以下リコー)と社団法人日本将棋連盟(東京都渋谷区 会長 米長邦雄、以下将棋連盟)は、「リコー杯女流王座戦」を設立し、日本経済新聞社の特別協力の下、今年4月から開催します。

 女流将棋界には現在「マイナビ女子オープン」、「ユニバーサル杯女流名人位戦」、「女流王位戦」、「霧島酒造杯女流王将戦」、「大山名人杯倉敷藤花戦」の5つのタイトル戦があります。今回、女流将棋界のさらなる発展に寄与するため、新たに「リコー杯女流王座戦」を設立致しました。

 リコー杯女流王座戦(本棋戦)には、3つの特徴があります。

1.女流棋界最高峰のタイトル戦
 優勝賞金は女流棋戦最高額の500万円で、優勝者にはリコー杯女流王座の称号が授与されます。予選、本戦を勝ち抜いた2名の選手が戦うタイトル戦は五番勝負で行われます。初年度の第1期については第一局を東京、第二局は愛知、第三局を大阪の各都市で実施。タイトル戦とあわせて、各都市で将棋イベントを開催します。
 *優勝賞金は、マイナビ女子オープンと同額です。

2.すべての女性に門戸を開くオープン大会
 出場する選手の対象をすべての女流棋士に加え、女性奨励会員、アマチュアの女性にまで拡大。本棋戦の出場については女流棋士・女性奨励会員を含めて、将棋界初となるエントリー制による完全なオープン大会とします。
 *アマチュア選手は別途、予選会を実施して選抜します (8名程度) 。

3.将棋のグローバル化への貢献
 将棋界としてははじめて、出場選手に海外枠を設けました。第1期については海外推薦枠による招待を実施します。第2期以降は、タイトル戦を海外で開催することを計画。将棋のグローバル化に貢献します。