Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

優れた環境性能と使いやすさを実現した高速・高画質フルカラー複合機
imagio MP C7501/C6001シリーズ」を新発売

2010年1月13日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、デジタルフルカラー複合機の新製品として、(1)カラー毎分70枚*1/モノクロ毎分75枚*1の「imagio(イマジオ) MP C7501シリーズ」、(2)カラー毎分60枚*1/モノクロ毎分60枚*1の「imagio MP C6001シリーズ」の2シリーズ4モデルを新発売いたします。
 新製品は、従来機「imagio MP C7500/6000シリーズ」(2007年12月発売)と比較して、さらなる高速化・高画質化を実現し、また、優れた環境性能と使いやすさも実現しています。
 これにより、一般オフィスのセンターマシンとして機器の集約ニーズに対応するほか、大手企業の集中コピー室や複写業者などのライトプロダクションニーズにも対応します。

製品名 imagio
MP C7501
imagio
MP C7501SP
imagio
MP C6001
imagio
MP C6001SP
コピースピード*1 カラー 70枚/分 60枚/分
モノクロ 75枚/分 60枚/分
プリンター・スキャナー
機能
標準 標準
ファクス機能 オプション オプション オプション オプション
標準価格 (消費税別) 378万円 398万円 278万円 298万円
発売日 2010年1月20日
月販台数 500台

<新製品 imagio MP C7501 / C6001シリーズの主な特徴>

1. コピースピードをアップするなど、高い生産性を実現
従来機と比較して、カラーのコピースピードをアップ。imagio MP C7501シリーズは60枚から70枚*1に、imagio MP C6001シリーズは50枚から60枚*1にアップしました。
リコー独自のカラーQSU技術により、ウォームアップタイムは従来機と比較して、imagio MP C7501シリーズは90秒以下から70秒以下に、imagio MP C6001シリーズは100秒以下から90秒以下に短縮しました。
標準装備の原稿読み取り装置は、一度の通紙で原稿の両面を同時に読み取ることが可能。スキャナー機能での両面読み取り時のスピードは、カラー115ページ/分・モノクロ125ページ/分(A4横送り、200dpi)と高速を実現しています。
*1 A4横送り時。
null
2. 消費電力を低減するなど、優れた環境性能を実現
省エネルギー設計により、ウォームアップ時の消費電力などを低減。これにより標準消費電力量(TEC)*2は8.42kWh*3で、従来機との比較で15%減*3を実現しました。
植物由来プラスチックを本体エンブレム部分に採用し、環境負荷低減に寄与します。バイオマスマーク認定(日本有機資源協会)も取得しています。
*2 国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値。
*3 数値はimagio MP C7501SP。imagio MP C6001SPは6.78kWhで、従来機との比較で14.4%減。
null
3. アクセシビリティ・ユーザビリティにも配慮し、使いやすさを追求
操作部に8.5インチの大型フルカラータッチパネルを搭載しています。視認性が良く、優れた操作性を実現します。
NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構からカラーユニバーサルデザイン認証を取得。色覚の個人差を問わず、多くの人に使いやすいよう配慮されていると認定されました。
「カラーユニバーサルデザイン対応印刷機能」を搭載*4。印刷する際に元のデータの色を色覚の異なる人でも見分けやすい色に変換して印刷する機能です。これにより、より多くの人にドキュメントの意図を正確に伝えることが可能になります。
*4 imagio MP C7501SP/C6001SPの時。
null
4. 安心してお使いいただける各種セキュリティ機能を搭載
番号の押し間違いを抑止する「宛先繰り返し入力機能」などファクスセキュリティ機能*5を搭載し、ファクスのセキュリティに関するガイドライン(FASEC 1)に適合しています。
「個人認証システム」(オプション)の利用により、ICカード認証による機器の利用制限などを実現し、印刷物の取り違えや取り忘れによる情報漏えいの抑止に貢献します。
*5 imagio FAXユニット タイプ23装着時に利用可能。
null
5. リコー独自の画像処理技術などにより、高画質を実現
リコー独自の重合法によるオイルレスの新カラーPxPトナーの採用に加え、コピー時は600dpiの読み取り/書き込みにより、高画質を実現します。
プリント出力時*4には、1,200dpiの高解像度高品位印字も可能です*6
印刷業界で標準的に使用されているElectronics For Imaging, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、以下:EFI社)製の高性能Fieryコントローラーを搭載した「imagio プリンターユニット タイプF4010」*7の装着により、先進のカラーマネージメント機能や多彩な編集機能を活用した、高品質印刷を実現します。
*6 プリント速度が遅くなります。
*7 imagio MP C7501/C6001専用オプション。2010年春発売予定。
null
6. ウィジェット型ソリューション「App2Me」に対応(2010年春対応予定)*8
App2Me(アップ・トゥー・ミー)とは、パソコンなどのIT機器端末からの操作で、複合機の様々な機能を使いこなすことを可能とするソリューションです。どこでもいつもの機能・設定を利用したり、Webサービスと連携するなど、簡単操作で複合機を活用できるウィジェットを数多くご用意してまいります。
*8 imagio MP C7501SP/C6001SPにて対応予定。
別途imagio VMカードタイプ23(オプション)が必要です。
2010年1月よりサービス開始予定。

imagio MP C7501SP
imagio MP C7501SP
(オプションを装着したもの)
※EFI、Fieryは、Electronics For Imaging, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。